今年度は「純利益」は2億6000万円ほどでした。

尾島です。


ネットビジネス部門を法人化して

ようやく一期目の決算と申告が終わりました。


法人としての所得金額は1億4665万552円。


法人としての納税額がもろもろ合わせて

約6600万円ほどという結果です。


こちらはその申告書。

↓↓↓

※クリックすると拡大できます。



法人税が4300万円ほどで残り2300万円は事業税という事です。


ひとまず法人事業税だけは今日支払ってきました。

↓↓↓




幾ら税金とは言え一括しての2300万円の支払いは

この会社を始めて以来の最高支出です(苦笑)


まあ、あと4300万円の法人税分も

今月中に一括で支払わなければならないのですが…


ちなみに今年度は私の役員報酬を年間1億2000万円にしていたので

事業全体の「利益」は2億6000万円ほどだった計算になります。


まあ1年目としてはそれなりの実績ではないでしょうか。


法人化したと言っても実質的には私一人が稼働している個人商店ですから

役員報酬は法人利益を分散しているに過ぎません。


たださすがに数億単位の利益が上がってしまうと

役員報酬をどう調整したところでさほど節税にはなりませんね。


個人所得の方は37%の所得税に約10%の区民税がかかるので

それを考えると下手に利益を分散せずに役員報酬を抑えて

全ての利益を法人にストックしてしまった方が賢かったかもしれません。


そう考えると私は今年度だけで個人・法人を合わせて

ざっと1億2000万円くらいは税金を支払うんですね・・・。


総売高が5億4000万円ほどでしたので

役員報酬を利益と考えれば

売上に対して50%近くの利率だった計算になります。


こんな数字はネットビジネスでなければありえませんね。


顧問の税理士もこんな会社は見たことも聞いた事も無いと言っていました。


経費の大半は外注費及び広告宣伝費でこれが2億ほどを占めています。


残りは地代家賃やら接待交際費やら細かな経費を積み重ねた上で

年間で1億2000万円の役員報酬を私個人に支払ったという内訳です


個人で1億2000万の所得申告をしておけば

個人での不動産契約やその他もろもろで色々使える場面がありますね。


それではまた次回。

>収入実績一覧


ネットビジネスの税金知識についてまとめた記事もありますので

よろしければご覧ください。

>ネットビジネスの税金知識

タグ

2010年2月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:収入実績

 

 

 

 

 

このページの先頭へ