情報商材アフィリエイトの方法と戦略

尾島です。


今日のアフィリエイト講座は「情報商材のアフィリエイト」について。


情報商材のアフィリエイトは、

私のクライアントアフィリエイターでも多くの人が最も力を入れ、

そして最も結果を出せているアフィリエイトです。


現にこのブログや私のメールマガジンなどは、

幾つかの意図と目的があってやっているものですが、

そのキャッシュポイントの1つは他でも無く

この「情報商材のアフィリエイトによる収益」となっています。


また「何のアフィリエイトから始めた方がいいですか?」と、

このような質問を漠然と受けたなら、

迷わず私は「情報商材のアフィリエイト」を薦めています。


まずはその辺りの理由からお話ししていきます。

情報商材のアフィリエイトを薦める理由


前回、前々回と、このアフィリエイト講座では、

トレンドアフィリエイトやアダルトアフィリエイトについて、

その方法やお勧め出来るポイントなどをお話ししてきました。


情報業界では比較的「トレンドアフィリエイト」が

初心者向けのアフィリエイトとして推奨されいる傾向にあり、

そこについては私もとくに否定するつもりはありません。


ただ現実的に見た幾つかの視点から、

アダルトという市場に抵抗が無いのであれば、

トレンドアフィリエイトよりも遥かに稼ぎやすいのは

アダルトアフィリエイトの市場であるという話をしました。


その主な理由は下記の4つです。



・ほぼ全ての関連キーワードが常にトレンド状態

・集客していくターゲットに商品やサービスを売り込み易い

・各商品、サービスの報酬単価が高い

・商品やサービスの需要に浮き沈みが無い




これがまさに「アダルトアフィリエイト」の強み。


この辺りを今一度おさらいしたい場合は

これらの記事をもう一度読み直しておいてください。


トレンドアフィリエイトの方法と戦略

アダルトアフィリエイトの方法と戦略


ただ、これらのトレンドアフィリエイトや

アダルトアフィリエイトが初心者に推奨されている理由には、

下記のような共通点があります。



・とにかく検索数の多いキーワードを狙って記事を書く

→キーワードの狙い方次第では技術的なSEO対策を施さなくても

 検索エンジンからそれなりのアクセスを普通に集められる


・ブログ媒体のみで利益を上げていく

→基本的に「リスト(アドレス)を集めていく」と言う概念は無く、

 ブログ媒体のみを介して報酬を積み上げていく


・文章による売り込みをさほど強く行う必要が無い

→トレンドアフィリエイトはクリック報酬型のアドセンス等が主体で、

 アダルトアフィリエイトもさほど売り込みのような事はしない為、

 さほど高いライティング力(文章力)などは要求されない



主にはこのような3つのポイントですね。


要するにトレンドアフィリエイト、

アダルトアフィリエイトは比較的「手軽」なわけです。


ネットビジネスにおいて初心者が「ネック」となる、

「集客」という分野や「文章による売り込み」という部分。


これらを最小限に軽減出来ているところがトレンドアフィリエイト、

アダルトアフィリエイトの大きなメリットだと思います。


ただ私が「どのアフィリエイトがお勧めか」と問われ、

あえて「情報商材のアフィリエイト」を挙げる理由。


そしてトレンドアフィリエイトや

アダルトアフィリエイトを挙げない理由は、

やはり「労力に対して稼ぎ出せる金額の大きさ」にあります。


そもそも私は「どのアフィリエイトがお勧めか」という問いに対し、

初心者なら・・・というような考えは特に持っていません。


確かに初心者であれば集客作業や文章による売り込み等を軽減できる

トレンドアフィリエイトやアダルトアフィリエイトが

比較的取り組みやすく、稼ぎやすいという点に異論はありませんが

その分、労力に対して入ってくる収入が少ないというのも事実です。


それなら「集客のスキル」と「文章」、

すなわちマーケティングとコピーライティングを一からでも学び、

それらのスキルを活かしたアフィリエイトをいち早く始めていった方が、

結果的にはより多くの収入をより速く稼げると思うわけです。


結局のところ、トレンドアフィリエイトや

アダルトアフィリエイトで手軽な作業のみから、

そこそこの収入を稼いでいくという工程自体が、


「より少ない労力から1円でも多くの収入を稼ぐ」


という観点においてはただ無駄なステップに感じるわけですね。


結局のところネットビジネスは

集客力を左右するマーケティングのスキルと

文章によって売る込む力を左右するコピーライティングのスキル、

これら以上に重要なスキルは存在しません。


初心者向けと言われるトレンドアフィリエイトや

アダルトアフィリエイト等の手法は、

これらの重要な2つのスキルを避けているだけなんです。


ただその重要なスキルを身に付けるには

当然、それなりの努力と経験が必要になります。


多くの初心者はその段階で挫折する可能性があり、

そこで挫折してしまうくらいなら、

それらの要素を軽減してでもそこそこは稼げる、

トレンドアフィリエイトやアダルトアフィリエイトなどで、

まずは結果を出しいこうというのが1つの考え方ですね。


この考え方に賛同できるような人は、

トレンドアフィリエイトやアダルトアフィリエイトで、

努力と経験という部分を避けて、

まずはそこそこの収入を手にしていけばいいと思います。


とりあえず本業とは別に副業レベルの取り組み方で、

月に数万、数十万の収入が入ればそれでいい・・・

そんな考えの人はその方向性でも十分ですから。


ただネットビジネスやアフィリエイトビジネスで、

月に数百万、数千万円という収入を本気で稼ぎたいなら、

これはすぐにでも本格的に努力と経験を積んでいく必要があります。


そしてその努力と経験の積み重ねを伴う

マーケティングやコピーライティングのスキルを存分に生かし、

そのスキルから得られる利益を最大化出来るのが、

「情報商材のアフィリエイト」なわけです。


情報商材のアフィリエイトが爆発的に稼げる理由


では何故、情報商材のアフィリエイトが

それらのスキルから得られる利益を最大化出来るものなのか。


その理由は主に下記の4つに集約されます。



・成約時の報酬単価が極めて高い。

→情報商材は商品の原価が実質的にゼロに等しく、

 故にアフィリエイト成約時の報酬単価が非常に高い傾向にあります


・文章による売り込みが主体となる

→情報商材は基本的に高額なものが多い為、

 その分、文章による売り込みというものが基本になります。


・リスト(アドレス)が「資産」となっていく

→情報商材のアフィリエイトはリストを構築したいく事による、

 DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と呼ばれる、

 メールマガジンが主体の販売手法が主となり、

 その構築リストは継続的な利益を生む資産となっていきます。


・自分を主体としたビジネスに切り替えやすい

→DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を主体としていく事で

 その顧客リストを自分自身を主体とした情報商材や

 コンサルティングなどの方向へも簡単に誘導していく事が出来ます。



主にはこんなところですね。


やはり大きいのはリストが資産になっていくというところと、

その資産に対して自分主体のビジネスへの切り替えも

容易に行っていく事が出来るという点だと思います。


例えば私なんかはこうしてこのブログを介し、

メールマガジンの読者(リスト)を集めていく事で

情報商材のアフィリエイトによる成約報酬も得ていますが

そこから私が監修している企画の方へ、

そのまま申し込んでくるような方々もたくさんいます。


その収益はそのままダイレクトに

私達の事業の利益に直結していっているわけです。


ただこうしたリスト(アドレス)集めや、

リストへの売り込みや教育という分野に対しては、

やはりマーケティングのスキルと

コピーライティングのスキルが必要不可欠になります。


裏を返せばこの2つのスキルをしっかりと身に付けてしまえば

そのマーケティングスキルによって集めたリストに対し、

コピーライティングのスキルを使って教育や売り込みを行い、

価値のある情報商材を推奨していく事で、

そこからの成約報酬をどんどん積み上げていく事が可能になります。


そしてアフィリエイターとしての実績を積み重ねていけば、

そこからアフィリエイトのノウハウを教える情報発信や、

そのコンサルティングなどでも稼いでいく事も可能になるわけです。


実際にそのような流れで億単位の収入を得ているアフィリエイターや

アフィリエイターから起業家へと転身した人が、

この情報業界にはたくさんいるというわけですね。


私はアフィリエイターから転身したタイプではありませんが、

現に私はそういう人達をコンサルし、

利益を最大化させていくような仕事も請け負っています。


そういう方々の実績などを見ている限りでも、

やはり情報商材のアフィリエイトは最も手っ取り早く

年収数千万円、強いては数億円というステージを目指せる、

大きな可能性に溢れた市場だと思っているわけです。


情報商材アフィリエイトの方法と戦略。


情報商材のアフィリエイトで行っていくべき事。


細かくは色々なやり方があり、色々な工程が挙げられますが

突き詰めていけばそれはこの一言で言い表せます。


「価値のある情報を発信する。」


基本的に情報商材のアフィリエイトで稼いでいく上で、

これ以上に必要な事は何1つありません。


現に私もこれを行って稼いでいますし、

まさに今、あなたはこのブログを読んで、

私から発信している情報を吸収しているのです。


つまり情報商材のアフィリエイトで行っていく事は

全て「情報の発信」に繋がるものであり。

ブログやメルマガなどはその為の「媒体」に過ぎないものです。


今はそこに加えてユーチューブ、ツイッター、フェイスブックなど、

様々な情報発信媒体が増えていますが、

やはり主体にするべきは「メールマガジン」だと思います。


理由はメールマガジンだけが唯一、

ダイレクトに、且つリアルタイムに情報を発信できる媒体だからです。


ブログ、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ。


これらは結局のところ「待ち」の媒体であり、

読み手がそこに訪問してくれない限り情報は発信出来ません。

(厳密には「発信した情報を読んでもらえません」)


ただ逆にメールマガジンを発信していくには

それを読んでくれる読者を集めていく必要があります。


ツイッター、フェイスブック、ブログ、ユーチューブなど、

これらはむしろその「リスト集め」に利用するわけですね。


それぞれの媒体を利用した具体的な方法などについては、

それぞれ別の記事で個別で解説していますが

基本的には「リスト集め」を主体として、

集めたリストを教育し、成約に導いていくという流れが

情報商材アフィリエイトの主な流れだと考えてください。


その為に必要になってくるものは

“リストを集める為”のマーケティングスキルと

“リストを行動させる為”のコピーライティングというスキル。


この2つがポイントになるという事です。


情報商材アフィリエイトお勧め教材


結論として情報商材アフィリエイトには

マーケティングのスキルとコピーライティングのスキル、

この2つが必要不可欠という事になりますので、

この2つの分野を徹底して学べるものが

私の考える「最も優良な情報商材のアフィリエイト教材」と言えます。


ただ残念な事にこの2つを徹底して両立させている

本当に優良と言える情報商材のアフィリエイト教材は、

私の知っている限りでは「2つ」しかありません。


情報商材のアフィリエイトを題材とする教材は数多く出ていますが

そのほとんどが「小手先だけのマーケティングスキル」に終始し、

その土台となるはずのコピーライティングという分野を疎かにしているのです。


それどころかそのセールスレターの段階で


「この方法ならコピーライティングや文章力が無くても稼げます」


とまで言い張っている不始末・・・。


このような教材は情報商材を安易に購入してくれる、

言うなれば「初心者の消費者層」にただ媚びを売り、

彼等が喰いつきそうな謳い文句で、

ただそれらしい情報を提供しているものに過ぎません。


高額な情報商材をアフィリエイトで成約していく上で、

コピーライティングというスキルは絶対的に必要不可欠です。


この分野を疎かにしている時点で、そのような教材は

既にその「最も重要なスキル」をおざなりにしているのです。


仮にそれがどんなに優れたマーケティング手法を紹介しているものでも

コピーライティングのスキルを抜きに情報商材は成約出来ません。


そういう観点で私は下記2つの教材を

情報商材アフィリエイトにおける推奨教材として挙げています。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

Copyrighting Affiliate Program


いずれの教材もそのセールスレターを読んで頂ければわかりますが

極めて「コピーライティングの重要性」を強調しています。


そしてその部分を強調しているだけあり、

いずれの教材もその分野のコンテンツの質が非常に高く、

コピーライティングという分野のみを学ぶとしても

それぞれの教材を購入する価値は十分にあります。


「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」の方は、

とくにアフィリエイトに特化した教材では無いのですが、

教材内で展開されるコピーライティング講座や

リスト集め、リスト教育、そのマーケティング戦略など、

アフィリエイトの教材として扱っても十分に価値のあるものです。


価格は10000円ジャスト。


ただ難点は全てのコンテンツが「音声」になっている点ですね。


一応その音声内容を書き起こしたものも付いてきますが

その1つ1つのノウハウが「体系化されている」とは言い難い教材です。


音声講座を聞いて物事を学びたいという人には良いかもしれませんが

きちんとマニュアル化されたテキストを読み、

自分のペースで要点を押さえながら物事を学びたいという人には

この音声中心の教材形式はストレスを感じてしまうと思います。


対して「Copyrighting Affiliate Program」は

まさにコピーライティングに特化したアフィリエイト教材で、

きちんとその内容がマニュアル化され、体系化されている

この分野の情報商材としては群を抜いて質が高い教材になっています。


教材一式の価格はネットビジネス大百科より若干安い9800円。


ただ「Copyrighting Affiliate Program」の方には

高額塾レベルの手厚いサポート&コンサル体制が付いています。

(「ネットビジネス大百科」にはサポート等は一切付いていません)


「Copyrighting Affiliate Program」に付いているサポートは。



・メールによるサポート、スカイプによるコンサルティング。

 ※教材作者の宇崎恵吾氏、宇崎氏の師匠である某氏が直に対応


・文章やコピーの添削アドバイス&コンサルティング。

 ※悠にコピーで億を稼ぎ出すという宇崎氏の師匠が対応


・専属エンジニアによる技術サポート。

 ※彼等の専属エンジニアが対応



傍目から見ても、これらがいかに手厚く、

また金銭を支払うだけの価値はある徹底された環境である事は

強いて強調するまでもなくお分かり頂けるかと思います。


各サポートサービスは9800円という教材一式の価格のみでも

1カ月間はフルに活用していく事が出来ます。


更にその後も月額9800円のみで、

全てのサービスを継続可能となっていますので、

その継続利用はその時の自分の状況に応じて検討出来るわけです。


ただこれらのサポート体制を「抜き」にしても、

このアフィリエイト教材一式の「価値」は

9800円という価格に対しては「高過ぎる」と言えるほど、

とにかく、そのクオリティがズバ抜けています。


そのズバ抜けたクオリティの教材に加え、

利用者によってはそれを遥かに超えるほどの

大きな「価値」を生み出せる徹底的なサポート体制。


「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」と

「Copyrighting Affiliate Program」とであれば、

一番の違いは音声で学ぶかテキストで学ぶかの違いですが、

そのサポート体制の手厚さという観点では、

「Copyrighting Affiliate Program」が遥かに上を行っています。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

Copyrighting Affiliate Program


また「Copyrighting Affiliate Program」については、

井上太一さんというアフィリエイターさんが、

もはや太刀打ちが出来ないレベルの強力な購入特典を付けて、

こちらのようなアフィリエイト企画をやっています。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


もともと濃厚過ぎるほどの教材コンテンツに

手厚すぎるほどのサポート体制がついたこの教材に対し、

更にこの「井上太一さん」がこの教材の購入特典として、

下記のような5つの特典コンテンツを配布提供しています。



・Contents.1:井上式ツイッターマーケティングマニュアル

・Contents.2:読者リストの代理収集とその継続提供サービス

・Contents.3:再配布権利付、井上オリジナルコンテンツ&特典提供

・Contents.4:Copywriting Affiliate 井上太一事例マニュアル

・Contents.5:井上太一メールサポート&コンサルティング




ツイッターマーケティングを学べるマーケティングマニュアル。

(これがまたかなり秀逸な内容。)


メールマガジンにおける読者リスト。

(これだけでも普通に数千円の広告費用がかかるもの。)


再配布権付きのオリジナルコンテンツ。

(使い方次第ではかなり有効。)


そして私が最も価値を感じた、井上太一さん自身が

この「Copywriting Affiliate Program」を活用していく際、

それぞれのノウハウをどう活かしたのかという事例マニュアル。


これは「ここまで明かして大丈夫か?」と思えるレベルの事を

これでもか、これでもかと出し切っている。

まさにこのノウハウの「成功事例マニュアル」と言える内容で、

これだけでもその価値は計り知れないと思いました。


正直、ここまでのコンテンツが揃ってしまえば、

もう情報商材アフィリエイトの分野では他の教材や

サポート等の環境は全くと言っていいほど必要無くなります。


ネットビジネス、もしくはアフィリエイトという市場で、

本気で数百万、数千万、億というお金を手にしたいのであれば、

迷うことなく手にしておくべき教材であり、

それを実現できるだけの「環境」が見事に揃えられていると思います。


まさに「成功への最短ルートを辿れる一式教材」ですね。

>Copywriting Affiliate Program+井上太一さんの特典一式はこちら


まずはコピーライティング「だけ」を学んでみるという選択肢。


ちなみに「Copywriting Affiliate Program」内の

コピーライティング教材部分のみが、

「The Million Writing」という教材名で別売りされています。


The Million Writing(ミリオンライティング)


こちらは3980円でメール1通で全額返金という返金保証付。


マーケティング関連の知識は十分にあるという人や、

まずはコピーライティングというものだけを学んでみたいという人は、

こちらから手に取ってみてもいいと思います。


内容が満足いかなければメール1通でお金は全て戻ってきますので。


尚、このThe Million Writing(ミリオンライティング)は、

こちらの足立博さんという方の特典が非常にユニークです。

>The Million Writing+足立博さんの特典


この足立博さんも私の企画の参加者さんで、

非常に魅力的なアフィリエイト活動をされている方ですので、

彼のブログやメールマガジンなどは

情報商材のアフィリエイトを行っていく上では参考になると思います。


以上、情報商材アフィリエイト講座と、

情報商材アフィリエイトの推奨教材のご紹介でした。


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

タグ

2014年3月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト講座

 

 

 

 

 

このページの先頭へ