Copyrighting Affiliate Program 宇崎恵吾(株式会社イーブックジャパン)レビュー

尾島です。


先日、情報商材のアフィリエイト講座として、

その方法と戦略等をお伝えしたのですが

そこで推奨する情報商材としてこちらを紹介したところ、

もう少し詳しいレビューを、というメールを何通か頂きました。

>Copyrighting Affiliate Program


尚、情報商材アフィリエイトの基本的な戦略や方法は

前回の下記の記事の中で公開していますので、

実際はこちらの内容だけでも行動を起こしていく事は可能だと思います。

>情報商材アフィリエイトの方法と戦略


ただあえて推奨する情報商材を購入するメリットなどを含め、

その辺りのポイントなども解説させて頂きます。

Copyrighting Affiliate Program 宇崎恵吾 レビュー


情報商材のアフィリエイトは、

このブログでもそのキャッシュポイントの1つにしているものであり、

実際に私が多くのクライアントに結果を出させている分野でもあります。


この情報業界でも有名なアフィリエイターさんは

個人でも年収で億というお金を悠々と稼ぎ出していますし、

情報商材の最大手ASPである「インフォトップ」で発表されている

アフィリエイターの売上ランキングでは、

ほぼ決まって上位のアフィリエイターは月収で1000万円超え。


月収100万円超えなどはゴロゴロいる事が一目でわかります。


例えばこれは1月度のアフィリエイターランキングですが・・・




1000万円超えが2名。


500万円超えがその2名を併せて5名もいますね。


ただこれはあくまでもインフォトップのみでの話ですので、

情報商材のASPは他にもたくさんあります。


ここ最近はASPを介さず独自で決済をしている

インフォプレナーも多数いますので、

いかにこの情報商材業界で稼いでいるアフィリエイターが多いかは

このランキングを見ても一目瞭然ではないかと思います。


有名どころで言えば与沢翼さんや小玉歩さん、

川島和正さんや、みんてぃあこと新田祐士さんなどでしょうか。


そしてこのような情報商材業界で大きな結果を出している人達が

例外なく活用しているマーケティング手法。


それがDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)というものになります。


簡潔に言えば


リストを集めて、教育し、売り込んでいく


という手法ですね。


そして、このマーケティング手法に必要不可欠なのが

「コピーライティング」という文章によって人を反応させるスキルです。


情報販売や情報商材のアフィリエイトで稼いでいる人は

ほぼ決まって高いコピーライティングスキルを駆使して

このDRMという手法を用いて稼いでいます。


大きな違いがあるとすればそれは「リストの集め方」くらいでしょうか。


ブログでコツコツと集めている人もいれば

ツイッターやフェイスブックなどを利用して集めている人。


高額なオプトイン報酬をばら撒いて、

無料オファー等で集めているような人もいます。


あと、与沢翼さんなどはリストの教育に

ライティングによる教育より「動画」による教育に力を入れてますね。


ただその「動画を見せる」というアクションを引き出すまでには

やはり文章による誘導が必要になりますので

いずれにしてもコピーライティングの力は欠かせないわけです。


そしてそのダイレクトレスポンスマーケティングの手法と

コピーライティングのスキルを「根本」からしっかりと学べる教材。


それが私が情報商材のアフィリエイト教材として推奨している

この「Copyrighting Affiliate Program」です。


Copyrighting Affiliate Program(宇崎恵吾)のポイント


この情報商材業界で実際に情報商材にお金を出す人は

どちらかというと「初心者層」の人達が大半です。


そしてそういう初心者層の人達は、

とにかく「手軽」に稼げるノウハウを好む傾向にあり、

多くの人は「文章力を付ける」という事を避けたがる傾向にあります。


結果としてこの情報商材業界では、

「文章力不要」と謳われるようなトレンドアフィリエイト系の

どちらかと言うとインスタントなノウハウが売れ筋になるわけです。


情報起業家側もそれを知っているので、

いざ情報を作る時、売る時はそういうノウハウを軸にします。


そして実際にそういった「インスタントなノウハウ」が

この情報業界では売れ筋の情報商材になっていくわけですが

そういった情報商材をヒットさせているインフォプレナーや

アフィリエイター達はほぼ例外なくコピーライティングを駆使し、

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で情報を売り込んでいます。


これはほぼ間違いありません。


要するに多くのアフィリエイターは

自分達が本当に稼いでいる手法とは別のノウハウを推奨し、

自分達が本当に稼いでいるスキルやノウハウは意図して伏せているのです。


まあ、正確に言うと「初心者層」には売り込みにくいので

あえて売り易いインスタントなノウハウを売り込んでいるわけですね。


ただその多くのインフォプレナーやトップアフィリエイター、

彼等が駆使している戦略の全てを体系化し、

異常なほどクオリティの高いコピーライティング教材を付加して、

更にこれ以上無いレベルのサポート体制を敷いた教材。


それがこの「Copyrighting Affiliate Program」なんです。


何とこの教材。


コピーライティングという分野のコンテンツだけで

200ページ近いボリュームが決して大きくないフォントサイズ、

むしろ小さ目のフォントサイズで図解等も一切挟まず

フルボリュームで解説されています。


文字数にして11万文字超え。


文章という1つの分野でこのボリューム。


「それ、私には消化できそうもありません・・・。」


要するにそう思ってしまうような人には不要な教材なんですね。


そもそも論としてコピーライティングというスキルは

「限界」というものが無く高めていく事が出来る一見は抽象的な分野です。


しかしそこには確実に科学的な法則性や規則性があり、

それを突き詰めていくのがコピーライティングというもの。


文章で人を感情を揺さぶり、文章で行動を起こさせる。


何かに興味を引くのも、自分を信用させるのも、モノを売るのも自由自在。


そんな文章を意図して書けるようにしていくスキルがコピーライティング。


誰が何と言おうと、ネットビジネスにおいては非常に重要なスキルですし、

ヒット商材を連発する情報起業家やトップアフィリエイターは

ほぼ例外なくこのスキルを駆使して情報商材を売るべくして売り込んでいます。


ブログの1記事、ツイッターのつぶやき、メールマガジン。


全てが文章によって構成されているからです。


その「人を動かす文章」というものを科学的に紐解き、

体系化しているコピーライティング教材が

このアフィリエイトプログラムのコンテンツの1として付属しています。


この質は異常なほど高い・・・。


ちなみにこのコピーライティング教材は

「The Million Writing」という教材名で別売りされています。

>The Million Writing レビュー


こちらは3980円でメール1通で全額返金という返金保証付。


マーケティング関連の知識は十分にあるという人や、

まずはコピーライティングというものだけを学んでみたいという人は、

こちらから手に取ってみてもいいと思います。


内容が満足いかなければメール1通でお金は全て戻ってきます。


ただこのCopyrighting Affiliate Programには、

このコピーライティング教材である「The Million Writing」に加え、

まさしくDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を主体として

アフィリエイト戦略が示された教材コンテンツも付属し、

これもまた異常なほどクオリティが高いです。


リストの集め方としてはブログを軸として行う手法で、

リストを教育する流れから売り込みまでの流れまでが

しっかりと体系化された形でまとめられています。


それもこれもコピーライティングというスキルが

そのバックホーンにあってのノウハウですが、

まさに王道で成功の最短ルートを駆け抜ける為の

本格路線のアフィリエイトプログラムと言っていいと思います。


Copyrighting Affiliate Program(宇崎恵吾)のサポート体制


正直、そのコピーライティング教材と

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を主体とする

アフィリエイト教材のみでもその価値は十分なのですが

このアフィリエイトプログラムには

それらを「超える」と言ってもおかしく無いレベルの

徹底された3つのバックアップ体制が用意されています。


1つは教材作者の宇崎恵吾氏、

宇崎氏の師匠である某氏が直に対応する

メールサポートとスカイプコンサルティング。


ここでメールやスカイプによる質疑応答形式のサポートが受けられ

更に2つめのサポート体制として、

コピー1つで悠にで億を稼ぎ出すという宇崎氏の師匠が対応する

文章やコピーの添削アドバイス&コンサルティングサービス。


更には彼等の専属エンジニアが対応する技術サポートと、

技術面、ライティング面での徹底したサポート体制も完備。


もはや「死角無し」と言えるサポート体制が敷かれ、

全ての教材コンテンツとこれらのサポート体制を

月額9800円という価格帯で使い倒していく事が出来ます。


この「月額」という料金体制をどう捉えるかですが、

私はここまでのサポート体制であれば、

月額9800円は「安すぎる」くらいだと思います。


年間プランであれば98000円というプランもありますので

この価格帯を考慮するとスカイプとメールによる1年間のサポートに

文章そのものの添削と技術的なサポートも受けられるのであれば

どう考えてもこの体制で98000円は「格安」です。


巷で公開されているアフィリエイト系の「高額塾」を見てください。


これ以下のサポート体制でゴミ屑のようなコンテンツを提供し、

20万、30万という代金を徴収していますから。


そういった高額塾や高額教材などと比較しても

そのコンテンツ内容、サポート体制共に、

このアフィリエイトプログラムの価格帯は群を抜いています。


何よりこのプログラムが「消費者目線」なのは、

教材コンテンツのみなら単月分9800円のみで、

その全てを手に入れる事が出来るという点です。


勿論、単月分の料金のみでも、

1カ月間は全てのサポート体制をフルに活用できます。


要するにそれだけ教材の内容に自信があるという事。


そこに絶対的自信が無ければこういう体制では提供出来ません。


だからこそ、現に多くの高額塾や高額教材は

半年、1年というサポートプランを付けて、

コミコミで20万円、30万円という価格帯にしているんです。


本当に教材の内容やサポート体制に自信があり、

そのサポート等を受ける事に価値を感じてもらえる自負があるなら、

1年間のサポート付きで20万円、30万円の高額塾を

月額2~3万円で売っていけばいいと思いませんか?


でも、大半の高額塾はそれをしません。


何故なら、内容にさほど自信が無く、

サポート体制にそこまでの価値を感じてもらえる自負も無いから。


要するに安値で教材一式を提供してしまったら、

その時点でもうお金を出してもらえない自信(笑)があるわけです。


そう考えるとこのアフィリエイトプログラムが

いかに「消費者目線」で且つ、自信のある提供体制を取っているか。


こういった情報提供そのものの方針1つで、

販売者側の姿勢や自信がある程度は垣間見えるという話です。

>Copyrighting Affiliate Program


Copyrighting Affiliate Programお勧め購入特典


また「Copyrighting Affiliate Program」については、

井上太一さんというアフィリエイターさんが、

もはや太刀打ちが出来ないレベルの強力な購入特典を付けて、

こちらのようなアフィリエイト企画をやっています。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


もともと濃厚過ぎるほどの教材コンテンツに

手厚すぎるほどのサポート体制がついたこの教材に対し、

更にこの「井上太一さん」がこの教材の購入特典として、

下記のような5つの特典コンテンツを配布提供しています。


・Contents.1:井上式ツイッターマーケティングマニュアル

・Contents.2:読者リストの代理収集とその継続提供サービス

・Contents.3:再配布権利付、井上オリジナルコンテンツ&特典提供

・Contents.4:Copywriting Affiliate 井上太一事例マニュアル

・Contents.5:井上太一メールサポート&コンサルティング



ツイッターマーケティングを学べるマーケティングマニュアル。

(これがまたかなり秀逸な内容。)


メールマガジンにおける読者リスト。

(これだけでも普通に数千円の広告費用がかかるもの。)


再配布権付きのオリジナルコンテンツ。

(使い方次第ではかなり有効。)


そして私が最も価値を感じた、井上太一さん自身が

この「Copywriting Affiliate Program」を活用していく際、

それぞれのノウハウをどう活かしたのかという事例マニュアル。


これは「ここまで明かして大丈夫か?」と思えるレベルの事を

これでもか、これでもかと出し切っている。

まさにこのノウハウの「成功事例マニュアル」と言える内容で、

これだけでもその価値は計り知れないと思いました。


正直、ここまでのコンテンツが揃ってしまえば、

もう情報商材アフィリエイトの分野では他の教材や

サポート等の環境は全くと言っていいほど必要無くなります。


ネットビジネス、もしくはアフィリエイトという市場で、

本気で数百万、数千万、億というお金を手にしたいのであれば、

迷うことなく手にしておくべき教材であり、

それを実現できるだけの「環境」が見事に揃えられていると思います。


まさに「成功への最短ルートを辿れる一式教材」ですね。

>Copywriting Affiliate Program+井上太一さんの特典一式はこちら

タグ

2014年3月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材

 

 

 

 

 

このページの先頭へ