The Million Writing(ミリオンライティング)/宇崎恵吾

ネットビジネスを始めていく際、

まず手に取って欲しい情報商材は何か。


度々受け取るこのような質問に対し、

私はまずこの教材を勧めています。


The Million Writing(ミリオンライティング)/宇崎恵吾


その名の通り、コピーライティングを学ぶための教材。


この商材を推奨する理由は2つ。


ネットビジネスで成功する為、

まず学んでおくべきと考えるスキルが

その「コピーライティング」であるという事。


そしてそのコピーライティングを学ぶ為の教材として、

最も質の高い内容を提供してくれているのが

この商材、「ミリオンライティング」である事です。


集客の方法、HTML、デザイン、などなど

ネットビジネスを始めていく上で学ぶべき事は幾らでもあります。


ただ情報販売しかり、物販しかり、アフィリエイトしかり、

どのネットビジネスにおいても、

コピーライティングのスキルはまさに必要不可欠。


このスキルがあってこそ、

あらゆるマーケティングスキルや集客スキルを

有効に活用していく事が出来るわけです。


いかに多くの人を集められる集客スキルを駆使しても

人が反応を示さないようなコピーからはモノは売れません。


つまりどんなマーケティングスキルや集客スキルを身に付けても

このコピーライティングのスキルが伴っていなければ、

ネットでモノを売っていく事は出来ないという事です。


多くの人がネットビジネスで挫折してしまうのは

このコピーライティングスキルが欠落しているからに他なりません。


ブログを作り、メールマガジンを発行し、

ツイッターやフェイスブックのアカウント取得していっても、

その文章力をおざなりにしていてば何の意味も無いわけです。


どんなにSEO対策やフォロワー集め、友達集めに没頭しても、

その労力のほとんどが無駄に終わってしまいます。


やがてネットで稼ぐ事は難しいと諦めてしまう。


それは全てコピーライティングのスキルを学ぶ事をせず、

ただやむくもに人集めをしていた事に原因があります。


“人を動かす事が出来る文章”


まずこれを学ぶべきだという私の考えは間違っているでしょうか。


マーケティングや集客はその後でいいのです。


精神的に、そして物理的にも人を動かす事が出来る文章。


そういうものを書けるようになれば、

その能力はネットビジネスだけに限らず、

ありとあらゆるビジネスにも役に立ちます。


そんな文章によって人を動かしていく為のスキルを

科学的に学んでいくのがコピーライティングだという事です。


要するに人が反応してしまう文章というものには

決められたパターンやルールのようなものがあるという事。


そのパターンやルールを学んでいく事が

コピーライティングを学ぶという事であり、

それは先人のコピーライターや心理学者などが

数多くの実践や実験を経て明らかにしてくれています。


これを学ばない手はありません。


そしてこの分野のスキルや知識は

一般の書籍でも数多くの良書が出版されています。


ただその大半は洋書を翻訳したものであり、

その時代背景も古いものが多く、

全てがそのまま今のネットビジネスに適用できるかと言えば

決してそうではありません。


そこにはかなりの応用力がいると思います。


その国民性がどうであれ、どんなに時代が移り変わろうとも

有効なスキルというものも多数ありますが

それだけでは今のインターネット業界で

高い反応を生み出す優れたコピーを書いていく事は出来ません。


そこで推奨したい商材がこのミリオンライティングだという事です。


筆者は宇崎恵吾というコピーライター。


ただそのノウハウの大半は彼の師にあたる方という事で、

その方の名前は明かされていません。


ただ年間20億円規模の売上を叩き出しながら、

5億円ほどの収入を手にしているという点と

あの川島和正氏との親交があるというヒントから、

おそらく某アフィリエイター軍団のトップと囁かれるあの人物。


その人物なら一切名前を明かさず、

それくらいの実績を手にしていても決しておかしくありません。


そして何よりその内容こそが

その実績をも裏付けると言ってもいいくらい質が高い。


ここまでネットビジネスという分野に特化した

コピーライティングの教材は他に無く、

また今後もこのレベルのものは出てこないだろうと思いました。


この教材が出てくるまで、コピーライティングの教材としては

ネットビジネス大百科の木坂健宣氏の音声パートが

今のネットビジネス市場に適した形で

最も学べるものが多いと薦めていたのですが、

このミリオンライティングのマニュアルを読んで、

遂に彼の音声教材を超えるものが出てきたという印象でした。

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


勿論、それぞれ両方を手にしている人の中では、

その評価や印象は分かれる事もあると思います。


ネットビジネス大百科は数時間に及ぶ音声教材であり、

ミリオンライティングは完成された1つのマニュアルです。


比較する上でもその媒体形式による好みもあるでしょう。


1つ1つのスキルを耳で聞いて勉強したいという人は

ネットビジネス大百科の方がいいかもしれません。


ただコピーライティングという分野を学ぶ上では、

間違いなくテキスト形式の文章の方がいいと思います。


そもそもコピーライティングは教育の為のものでもあるわけですから

その教材を音声解説で済ませたネットビジネス大百科は

少なからず教材としての手抜き感は否めません。


言い方を変えれば音声形式にする事で、

解説の上手さからポイントをうまくぼかしている節があります。


音声内容の書き起こしテキストは付いているのですが

やはりその内容をきちんと1つのマニュアルにして欲しかった。


そういった点を踏まえて、

ミリオンライティングはそれと同等かそれ以上のものを

きちんと1つの教材としてテキスト化しているわけです。


それだけこの教材はネットビジネスにおける

コピーライティングというものを

その原理原則からしっかりと学び取っていく事が出来ます。


そのマニュアルそのものが

洗練されたライティング力によって書き出されたものであり、

グイグイと引き込まれる内容になっているわけです。


現にこの教材を紹介しているアフィリエイターの多くが

この一冊でライティング力が飛躍的に向上し、

その反応率が格段に上がったと語っています。


それがただのセールスレトークでは無いと思える

本当に質の高い「学べる一冊」になっているのです。


そこまでの内容に関わらず、その価格はわずか3980円。


一般の書籍とさほど変わらない価格で手に入ります。


そしてメール1通でいつでも返金が受けられるという

365日間の無条件返金保証。


これこそが筆者本人による本作への自信の表れでしょう。


確かにこの価格、この内容で返金を希望する人など

本当にコピーライティングを学びたいという人なら

いるはずもありません。


そこまでの保証とその価格設定。


これこそが私を含め、

多くのアフィリエイターがこの教材を絶賛できる理由でしょう。


少なくとも移り変わりの激しい

インターネット上の集客スキルなどとは全く異なり、

コピーライティングのスキルは

一度吸収したものをほぼ一生涯使い続ける事が出来ます。


ネットビジネスを営んでいく者として

この教材で手に入るノウハウで手に出来る収入は

一生涯で言えば本当に限りなく大きなものになるのではないでしょうか。


是非、今すぐにでもそのライティングスキルを手にして、

今後のビジネス活動に役立てていってください。


推奨度ナンバーワンの優良コピーライティング教材の紹介でした。


The Million Writing(ミリオンライティング)
 


関連記事


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 レビュー

まず学ぶべきスキルは何か、その答えはコピーライティング。

情報商材レビュー一覧

タグ

2013年8月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材

 

 

 

 

 

このページの先頭へ