小規模企業共済による節税

今日は「小規模企業共済」による節税について書きたいと思います。


かなり昔からある制度なので経営者の中では一般的ですが

アフィリエイトなどのネットビジネスを法人化したレベルの経営者は

顧問の税理士さんにアドバイスを受けるまで知らなかったというケースも多く、

若い経営者は意外に知らないというケースも少なくありません。


小規模企業共済は国が運営している

自営業者や社長、役員向けの積立式の退職金制度です。


単純なお金の流れだけを言えば国にお金を積み立てて

その事業を終わらせる際や退職の際に

それまで積み立ててきたお金を一括で受け取るというものになるのですが

一応年間利率1%ほどはつくようになっていますので

利回りとしても決して悪いものではありません。


ただそれ以上のメリットとして大きいのは

積み立てていく際の掛金は全て「小規模企業共済等掛金控除」として

課税所得から控除されるという点です。


つまり積み立て資金の全額を経費にしていく事が出来るわけです。


金額は月1000円から最高70000円まで自由に選択が可能で

最高で年間84万円の節税と積立を行っていく事が出来ます。


但し加入には個人事業主であるか会社役員である必要がありますので

家族ぐるみで役員を構成している企業を経営していれば

役員に名を連ねている人は全員加入する事が可能です。


そして積立金の受け取りは「退職金」として受け取る事が出来るため

そこでもまた税務面で大きなメリットを生む事になります。


退職金は退職所得控除やそこから50%の税金免除あるため、

従来の給与所得などよりもかなり低い税率で受け取る事が出来ます。


退職所得控除の計算は下記の通りです。


・勤続20年以下・・・40万円×勤続年数(80万円に満たない場合には、80万円)

・勤続20年超・・・800万円+70万円×(勤続年数-20年)



退職金は上記の計算値を受け取り金額から差し引いた、

その金額の50%が課税額になります。


つまり月額7万円の積立を40年行った場合、

利率を抜きにしても3360万の退職金を受け取れる事になりますが

その際は退職所得控除は

800万+70万×(40年-20年)で2200万円。


課税対象額は3360万-2200万=1160×50%で580万円と、

従来の給与所得よりも2780万円も安くなるわけです。


ある程度安定した利益が出ていて長く事業を続けていこうと考えている場合は

加入するデメリットはほぼ無いに等しい制度と言えますので

将来への積立と節税を考慮する場合は加入しておきたいところですね。

小規模企業共済:http://www.smrj.go.jp/skyosai/000876.html

ネットビジネスの税務知識

 ・法人収益1億5000万円に対する納税額

 ・役員報酬は幾らに設定するべきか

 ・福利厚生費・会議費・接待交際費の仕訳

 ・地代家賃の経費計上

 ・車の経費計上

 ・衣類、時計、アクセサリー類は経費に出来るか

 ・保険加入による節税

 ・小規模企業共済による節税


ビジネス講座メニュー

 ・成功するために「何が」最も重要なのかを知る。

 ・さあ、ネットビジネスを始めよう!

 ・まず学ぶべきスキルは何か、その答えはコピーライティング。

 ・情報起業ビジネスにおける2つの壁とその解決方法

 ・あなたの“器”と金銭感覚。

 ・情報商材、高額セミナーに金を出すな。

 ・情報商材の限界。

 ・コンサルタントとして私がまず見直す5つの視点。

 ・商品を“バカ売れ”させる方法。

メルマガ講座

 メルマガ講座の方ではブログとは違う視点で、
 より掘り下げたノウハウや情報を提供しています。

 興味がありましたら購読登録を行ってください。

 >尾島幸仁のメールマガジンはこちらから


タグ

2010年5月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:

最新情報

2017年7月31日ビジネス講座
転売稼業(せどりインサイダー専用ツール)のレビュー
2017年7月10日情報商材
宇崎恵吾×師匠のCopywriting Archive the teaching Programについて。
2017年6月19日税金
研修費、開発費の経費計上について。
2017年5月29日情報商材における「評判」の総括
次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」の評価と総括。
2017年5月7日税金
法人化のメリット、デメリット、税率と節税対策の利点。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

 

 

 

 

このページの先頭へ