賛否両論あるSEO「W3C文法チェック」HTMLの最適化は上位表示に効果が見込めるか。

尾島です。


SEO検索エンジン対策おいて、

ソースコードをグーグル好みにすることは、

これまでも重要な要素のひとつとして取り上げてきました。


特に見出しを意味するHTMLタグ「h1〜h6」に関しては、

その認識を間違えれば致命的マイナス要素ともなり、

正しい使い方をすれば大きなプラスとなるということを

前回の記事で解説しています。


今回も、このHTMLに関連することを

さらにもうひとつSEO講座として言及していこうと思います。

ソースコードの標準W3CとSEO検索エンジン対策の関連性


HTMLなどで構成されるソースコードは

「W3C(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)」

と呼ばれるweb技術の標準化団体により、

ひとつの明確な基準が定められています。


解りやすい実例は、改行「br」タグですね。


こちらHTMLタグとしては珍しく、

始まりと終わりのタグに分割されない

単独で使うタグだということもあり、

書き方にはいくつかパターンがあります。


「<BR>」「<br>」「<br/>」「<br />」


一応W3Cの基準で言えば、

半角スペースの後に「/」で閉じる

「<br />」が最も望ましいとされています。


厳密に言えば、すべて間違いではありませんが、

webブラウザの開発者側の都合などからすれば、

すべてをその都度対応させるのも面倒だったりする訳です。


実際にインターネットエクスプローラや

グーグルクロームなどといった、

ある程度メジャーなwebブラウザで見ていく分には、

基本的に上記どのタグ形式を採用しても、

同じように改行は反映されます。


ただ、その他のマイナーブラウザや、

ブラウザのバージョンなどによって、

一部改行が反映されなかったりもします。


マイナーブラウザが技術的に未熟だというよりも

むしろ考え方の違いから生まれるものですね。


いずれにせよ、最低限W3Cの基準には、

従っておこうとする風潮があります。


特にこのW3Cの基準に反するからといって

法律に反したりすることはありません。


なんでもそうですが、

それでもルールはないよりもあった方が、

合理的でやりやすいことが多い訳です。


世界的大手web 関連企業ほど、その模範となるべく

このルールは率先して重要視する傾向があります。


当然、検索エンジン「グーグル」や「ヤフー」なども、

世界的大手企業ですから、この基準は十分に認識している訳です。


ただ、同時に誤解しないで欲しいところもあります。


検索エンジンの場合、検索エンジン側からすれば、

検索ユーザーの支持されることが最も重要なことです。


実際のところ検索ユーザーの99%はW3Cなど知りませんからね。


一番大事な使い手にとって直接的にはどうでもよかったりします。


だからといって検索エンジンが完全にそこを無視してしまうと、

結果的には、文字化けが激しかったり

レイアウトが崩れたサイトを上位表示してしまうことにも繋がるわけです。


W3Cの基準を守る事も数ある判断材料のひとつでしかありません。


W3C文法チェックさえやっておけば、

100%上位表示が期待できるという訳ではないものです。


あくまで検索エンジンにとってW3Cは絶対要素ではないということです。


実際に望むほどの結果が得られないからと言って、

ランキングには直接的な影響がないなどと主張する人もいます。


それはそれで誤解を招きかねない発言なのですが、

検索エンジンが相対的な性質であることを忘れてはいけません。


グーグルやヤフーなどの検索エンジンは

常により良いサイトを上位表示するべく

膨大なデータから判断しているわけですからね。


過剰な意識しても仕方ありませんが、

まったく知らないのと知っているのとでは

大きな違いがあります。


絶対的存在と言える基準ではありませんが、

守るべき基準としては明確にweb業界では

確立されているものですからね。


なので、出来る限りは遵守したほうが良いです。


例えば、他のコンテンツ面では、

ほぼ大差がない2つのサイトがあったとしても、

同率1位などという評価をしないのが検索エンジンです。


そういった場合、最終的にはW3Cなどの要因から、

順位付けを行っていくのも当然の流れという訳です。


突き詰めていくと、検索エンジンで

たった一つランキングを上げることでも

直接的な利益に大きな差が生じるケースがあります。


この「W3C文法チェック」というものを、

無視してはいけない理由はまさにここにあります。


出来る限り、正しい意味で適切なソースを書くこと。


世界的に認められたW3Cの基準を

出来るだけ守るように、少しでも意識していくこと。


ここにもSEOで優位に立てるテクニックが潜んでいます。


SEOテクニック、具体的にW3Cエラーが出やすいポイント


W3Cの基準を守っていることなどが、

俗にいう「ソースを綺麗に書くこと」にも繋がります。


実際に自分のサイトやブログでも、

以下に紹介していくようなポイントを改善しておく事で

よりソースを綺麗に書いていくことができます。


細かいポイントを上げていけば

キリが無くなってくるので代表的なものを

いくつか紹介していきます。


まず始めに、初心者の人がついやってしまう初歩的なミスですね。


タグを閉じ忘れていたり、

閉じる順番を誤ってしまうことなども、

W3Cの文法エラーとして指摘されます。


<a href=”URL”><font color=”#FF0000″>テキスト</a></font>


上記の例は、タグを閉じる順番が間違っています。


複数のタグを併用する場合、

閉じる順番は、スタートと逆転するんですね。


<a href=”URL”><font color=”#FF0000″>テキスト</font></a>


こちらが適切な書き方となります。


複数タグを併用する際のイメージとしては、

常に大きな箱の中に小さな箱を入れるようなイメージです。


箱を閉じたい場合には、

まず中の小さい箱から閉じて次に大きな箱を閉じます。


これはHTMLでは一貫して当てはまるルールですので、

頭に入れておいた方が良いと思います。


SEOの観点から見ても、こういった適切な書き方を守ることで、

検索エンジン側の処理スピードが向上するなど

負担軽減があることから多少なりとも優遇を受ける要因となり得ます。


次に、画像を意味するimgタグにはalt属性を入れること。


<img src=”画像URL” alt=”画像の説明”>


alt属性として指定されたテキスト内容は、

画像のリンク切れや読み込み失敗などがあった際に

代替えテキストとしてwebブラウザ上で表示されます。


耳が聴こえない人に対して、

音声で読み込んであげるソフトなども

直接的に影響を受ける要素でもあります。


アクセシビリティ(誰もが支障なくサイト利用できる事)の

観点からもW3C規格としては必須事項として指定されています。


SEOとしても、こういったことまで

親切設計となっていることは、

少なからずプラスの影響を受けるものとなっています。


あとは、先ほども述べていたように改行「br」タグにしても、

よりW3C標準的書き方「<br />」とすることと、

「改行」の本来の意味と逸脱する連続使用は控えること。


FC2ブログなどの記事投稿エディタでは、

自然に「br」が連続して書かれたりしますが、

W3C規格上は、これもエラー判定を受けます。


改行とは文字通り、行を改めることですからね。


連続使用すると、ひとつめは問題ありませんが、

ふたつめ改行タグの認識としては、何も文字が無いのに

行を改めるということで適切ではないと判断されてしまう訳です。


大きな空白を空けたい場合は、

本来であれば、段落を意味する

<p>というタグを使うべきだったりします。


状況により、小さな余白と大きな余白を使い分けたい場合なども、

理想的にはCSSと呼ばれるデザイン専用シートに、

其々役割を書きクラス指定というヒモ付けから、

段落毎に個別に余白設定していくのが望ましいところです。


この場合、HTMLとは別に

CSS(カスケーディングスタイルシート)

という、また別の知識が必要となります。


「W3Cチェック」などと検索してもらえれば、

厳密に判定するチェックツールがヒットしますので、

徹底して見直して見たいという場合は一度チェックしてみてください。


W3C遵守は静的性質のwebサイトで特に求められるSEO。



SEOを意識する上でW3Cの判定を

厳密にどれくらい意識するべきかは、

有識者の見解においてもかなり意見が分かれます。


私自身の見解としては、

記事更新やコンテンツの質向上などが望みにくいケース、

つまりは静的な性質である企業や店舗ホームページなどでは

W3C文法チェックは積極的に取り入れるべきSEOだと考えています。


そもそも、他にやれることが少ないですからね。


それでもライバルサイトに負けない為には、

小さなSEOでも確実に行っていくことが重要です。


このブログがそうであるように、

動的性質であるブログ型ホームページなどは、

別の方向性で十分なSEOを実現させていけますので、

それほどW3Cの完璧さを追い求める必要はないと思います。


もちろん特別的に労力のかからない範囲内であれば、

ある程度、適切に書いていくに越した事はありません。


事実、このブログにおいて、

有料の賢威テンプレートを採用していることも

その理由のひとつですね。


私なりの落としどころとしては、

ベース(基礎)はソースが綺麗であることを重視します。


ただ、記事を書いていく上では、あくまでも内容面に特化し、

文法チェックなどはあえてそれ単体に労力はかけず

必要最低限、致命的な間違いを犯さない程度のレベルに留めています。


Webサイトのソースコードは、

右クリックから「ページのソースを表示」などと

選択していくことでどのサイトでも確認することができます。


よく見ていくと、このブログでもW3Cの基準では

適切ではないとされていることを

普通にやっていることが解ると思います。


それでも、より綺麗に書いていけば、

相対的な判断のもと検索エンジンは正当に評価してくれます。


ルールを守ることにより嫌われてしまう理由はないですからね。


もちろん上位表示を受けるために前提となることは、

相対的に質の高いコンテンツが伴っていることです。


それにプラスαとして評価してくれるようになるのが、

W3Cを高い水準で守られたソースコードだということです。


より高い水準からスタートしていくといった意味では、

賢威のような有料テンプレートを採用することは有効です。


記事単位では、多少W3Cで適切ではない書き方をしても、

全体のソースコードとして致命的悪影響を受けるほどにはなりません。


変に意識をしてしまうこともなく、

結局はコンテンツの質を追究できるということにも繋がります。


先行投資を極力避けたい場合、

ワードプレスや無料ブログなどで一般配布されているもので、

その中でも、優れた無料テンプレートを選定する際に

W3Cの知識は案外役立ちます。


これからアフィリエイトを初めていく方や、

自社ホームページやネットショップを運営されている方で、

検索エンジン対策が不十分だと思われている方は、

W3Cという切り口から見直しをしていっても良いと思います。


それでは。


尾島


SEO対策関連記事


SEO対策、検索エンジン対策とは。

SEO対策講座~最先端のSEO対策とその方法~

「h1〜h6=見出し」の最適化から、検索エンジン上位表示を狙う方法。

推奨SEO対策ブログテンプレート「賢威」について


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月23日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:SEO対策講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ