SEO対策、検索エンジン対策とは。Yahoo!やGoogle検索で上位表示を獲得する方法。

尾島です。


今日はSEO検索エンジン対策講座について。


SEOがどういったものなのか、

基本的なところから解説しておこうと思います。

SEO検索エンジン対策。ビジネスにSEOが求められる理由


ネットビジネスを行っている方であれば「SEO」は

必ずと言っていい程耳にしたことはあると思います。


ネットビジネスに限らず飲食店やサークル活動などにより、

何らかのホームページを保有している方も

聞いた事くらいはあるかも知れません。


まったくもって初耳などという人であっても、

検索エンジン対策と言われれば何となく

その意味合いは通じるものがあるのではないでしょうか。


SEO(サーチエンジン・オプティマイゼーション)とは、

日本語で言う所「検索エンジン最適化」となります。


検索エンジンとは、Yahoo!やGoogleなどといった、

キーワード検索サービスのことですね。


つまりSEOとは検索エンジンでブログやホームページを

特定検索キーワードで上位表示させるための方法です。


検索エンジンで上位表示させたい、

あらゆるビジネスにSEOが求められる理由は、

それがそのまま商品の販売促進に繋がったり、

企業のブランディングとなるからに他なりません。


例えば「買い物」と検索すれば1ページ目に表示されるものは、

「楽天市場」「アマゾン」「価格.com」

など、その道の最大手企業が表示されます。


ユーザーは基本的に、よほど調べたい意欲が高いものでない限り、

2ページ目、3ページ目と検索結果を見てはいきません。


その背景としてはYahoo!やGoogleなどといった

主要検索エンジンが、ほぼほぼ1ページ目の時点で

必要な情報を十分に提供してくれることが多いというのもあります。


人は無意識のうちに習慣を創り、それに伴った行動をします。


多くの検索ユーザーは「1ページ目以外は見なくても良い」、

さらには「上位表示サイト=大手=安心」などという印象を抱きます。


従ってサイトの保有者からすれば

1ページ目と2ページ目では、その価値が大きく異ってきます。


だからこそ1ページ目に表示させるSEOが必要とされ、

より確実に上位表示させる方法を企業や個人事業者は重要視し、

それに応じてSEOの様々な手法が考えられてきた訳です。


過去に有効性が認められたSEO検索エンジン対策


過去に有効性が認められたSEOも、

現在は、そのほとんどが通用しないものばかりです。


ただそれらを一つ一つ紐解いていくことで、

今現在、行うべきSEOの方向性が見えていきます。


その具体例としては、かなり昔のもので言えば、

内部対策として隠し文字テキストでホームページを埋める手法や、

隠しリンクを仕込む手法などがありました。


これはHTMLで簡単にできることです。


白い背景に、白いテキストを書いていったり、

肉眼では見えないほど小さな文字で

上位表示を狙いたいキーワードを埋める訳ですが、

隠しリンクも同様の要領です。


次に一時代を築いたのは被リンクを重要視したものです。


サテライトや衛星サイトといった言葉が、

SEO業界では当たり前に使われていました。


内部要因3割、外部要因7割など

特に根拠の無い理屈も飛び交っていましたね。


これを提唱された理由としては、

SEO業者が自らの被リンクサービスを売り込むために、

意図的に流行らせていたという背景もあります。


いずれも、一時的に効果があったことは間違いありません。


ただ、これを今やってしまえばペナルティを受けるか、

もしくは殆ど効果が見込めないSEOとなっています。


今も昔も、検索エンジンの基礎構造として

クローラーと呼ばれるプログラムロボットを

ネット上に徘徊させHTMLソースを読み取り、

それを分析して検索結果ランキングとして反映させています。


この構造上の仕組みは変りません。


検索エンジン本来の目的として上位表示させたいサイトなど、

必然的にその特定キーワードに対する比重にも偏りが生まれます。


内容が濃い訳ですから必然的にそうなる訳です。


内部リンクで特定ページに誘導をかけているということも、

重要性が高いページは、実際に多くの内部リンクが生じるものです。


webサイトやブログのページ上で、

トップページが最も上位表示されやすかったりするのは、

必然的に内部リンクがトップページに集中する理由からくるものです。


実際に有益なサイトは特定キーワードの頻度や比率が高くなり、

内部リンクにしても重要度が高いページほど集中するのは必然。


そういったものを評価する検索エンジンの性質を逆手にとり、

隠しテキストや隠しリンクなどの手段によって、

サイト内部構造の偽装化SEOは効果を発揮した訳です。


その後に生じた外部対策としての被リンク重視傾向は、

内部対策が安易に偽装しやすいといった致命的問題点から

検索エンジン側の対策として、比重を調整していったものです。


HTMLの簡単な編集ひとつで可能な

隠しテキストや隠しリンクと比べれば

被リンクを意図的に操作することは敷居が高かった訳です。


検索エンジン対策と被リンク数の関係


検索エンジンが望む本当の意味で、

被リンクが重要だった理由は何かというと

インターネット上での推薦状と考えれば解りやすいと思います。


今はフェイスブックなどで、参考になったサイトなど

シェア(紹介)する機能がありますから、

イメージしやすいのではないでしょうか。


多くの被リンクを貰うことは、

沢山のユーザーに支持されている

有益なサイトの証しだという話しでもある訳です。


この被リンクが検索エンジンに与える影響について、

解りやすい実例としては「こちら」という

キーワードで検索してみると良いと思います。


一位表示は、Adobe Reader、PDF閲覧ソフトを扱うサイトですね。


一切「こちら」というキーワードを含まない

このサイトが「こちら」というキーワードで

上位表示されてしまう理由は単純です。


PDFが見れない方は「こちら」からダウンロードしてくださいと

「こちら」という文字の被リンクが集中していることが、その理由です。


今も昔も、根幹の仕組みは変りませんから、

被リンクが集中すれば、そのキーワードで

上位表示されるという事実はあります。


例えば私のブログでも、

ネットビジネスや税務などに関するコンテンツが殆どなので、

そのキーワード頻度や比率はソース上でも高くなっていますし、

その結果、上位表示も受けているとも言えます。


被リンクについても、この記事が参考になるなどとして

自然な形でリンクを貰っていることも、いくつか確認できます。


いずれにせよ検索エンジンが隠しテキストやリンクを読み取り、

またSEO業者による被リンクで上位表示させてしまうなど、

現在におけるスパムSEOを許してしまった歴史というのは、

明確な理由があって、必然的に生じた問題なんですね。


特定キーワードで上位表示を取りたいなら、

専門性が高く濃い内容があるかのようにサイトを偽装したり、

外部に支持を受けているかのような演出をすれば良いという理屈です。


いずれもロボットを欺いて上位表示を勝ち取れるのだから

それで良いとSEOを生業とする業者達は考えた訳ですね。


ただいずれの手法にしても

検索エンジンによる本来の目的と沿わない以上、

そういったSEOは殆ど淘汰されていきました。


結局のところ検索エンジンの意向としては、

検索ユーザーが求める有益なコンテンツを

上位表示して提供することですからね。


世界的大企業であるYahoo!やGoogleは、

その一点に集中して常に最大限の努力をしていく訳です。


その意向に反するあらゆる手法で上位表示させ、

それを継続させることなど、まず不可能だと考えてください。


少なくとも、それをやろうと思えば、

真っ向から世界的企業と戦う覚悟が必要だということが言えます。


事実そうしてサイトの内容を偽装したり、

被リンクで強引に上位表示させたりといった手法は、

SEOスパムとしてペナルティや減点の対象となった訳です。


絶対的SEO、より確実な検索エンジン対策として何をすべきか、

過去の経緯からも既に結論が出ていると私は思います。


結局の所、検索エンジンと共存しないSEOは通用しません。


わりと最近の話題としてGoogleが実施した

パンダアップデート、ペンギンアップデートというものがあります。


パンダアップデートとペンギンアップデート


パンダは内部対策のペンギンは外部対策について、

それぞれ検索エンジンが行う評価基準の見直しです。


このアップデートの目的とするところは、

有益ではないコンテンツを排除し、

より有益なコンテンツを上位表示させるためです。


そういった意味で検索エンジンの方針は

昔から一貫したものがあります。


パンペンアップデートなどは、

スパム的なSEOを認識していないユーザーに警告を促すため、

あえて解りやすい名前を付けて情報公開したに過ぎません。


検索エンジンがやっていること自体は、

一貫して変っていませんからね。


根幹的には、過去にも変っていないように今後も変らないと思います。


もともとスパム的な手法に頼らない人は、

アップデートに飲まれてしまうことはありませんし

むしろプラスの影響しか受けません。


絶対的に有効であり続けるSEOは、正攻法しかないということです。


もっと言えば、内部的な対策だけで十分な効果がありますし

それ以外の外部対策に目を向けたとしても、

継続的にそれをどうこうするなどといったこともありません。


SEOに関しては態々お金を使ってどうこうしなければならないとか、

少なくとも、それが必須という話しはありません。


自分自身が必要最低限の正しい知識を身につけ

それを効果的に運用していくしかないんです。


それを売りとするような被リンクサービスや、

数十万円単位の高額塾やセミナーなども、

一切価値は無いと私は考えています。


SEOで重要なのは手段と目的を明確化することと、

常に検索エンジンの立場に立って考えることくらいのものです。


必要最低限の知識や具体的な手法等については、

また次回のSEO講座で詳しくお話していきます。


それでは。


尾島


SEO対策関連記事


SEO対策講座~最先端のSEO対策とその方法~

推奨SEO対策ブログテンプレート「賢威」について


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月12日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:SEO対策講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ