ツイッターツール最強。Twitter Brain(ツイッターブレイン)レビュー。

尾島です。


ツイッターツールの世代交代。


登場と共にそんな声が上がり、

瞬く間に多くのアフィリエイターに結果を出させている、

こちらのフォロワー収集&BOTツール。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


ちょっと出遅れましたが、既存の有名ツールである、

フォローブースター、フォローマティックあたりとの比較も兼ねて、

私なりの視点で紹介しておきたいと思います。

Twitter Brain(ツイッターブレイン)レビュー


まずこのツールですが単刀直入に、

下記に該当する人は迷わず購入するべきだと思います。


1:フォロワー収集ツール、BOTツールを初めて買おうと思っている

2:ツイッターのビジネス活用、集客を検討している

3:既存のツイッターツールでイマイチ成果を上げる事が出来ていない

4:有効な集客ツール、自動化ツールを探している



まず「1」に該当する人に関しては、

このTwitter Brainが他のツイッターツールと比較して、

よもや断トツで優位性、有効性の高いツールとなっている為、

初めてこの手のツールを購入しようとしているなら、

これはもう迷うような余地はありません。


何故、そう断言できるのかという点も含めて、

Twitter Brainの有効性の根拠は追って解説しますが、

ハッキリ言って他のツールを購入するメリットはほぼ皆無です。


故に今からこのフォロワー収集ツール、

BOTツールを購入するのであれば、

Twitter Brain以外の選択肢は考えられません。


また「2」のツイッターのビジネス活用、集客については、

原則としてフォロワー収集の自動化ツールは必要不可欠です。


何故ならそれを手動で行っていくのは不毛過ぎるからですね。


ツイッターの特性上、フォロワーの収集は

基本的にはフォロー&アンフォローの繰り返しのみです。


勿論、手動でも地道に出来る事ですが、

こんな作業は誰がやってもクオリティは変わりません。


そもそもクオリティを求められる工程ではないからです。


つまりこれはツールで自動化させても、

全く同じクオリティで同じ作業が出来るという事。


更に言えばツールの方が圧倒的に早い完全な単純作業です。


それでも何百人単位のフォロー&アンフォローとなれば、

労力も時間もそれなりに取られる事になります。


更にアカウントを量産するとそのまま労力も2倍になり、

下手をすればそれだけで1日の作業は終了です。


ツールで自動化させれば、

その工程を完全にほったらかせるわけですから、

それをしない人はハッキリ言って「愚か者」です。


この手のツールが何十万、何百万というならいざ知らず、

Twitter Brainに関しては特別価格なら2万円以下ですからね。


2万円以下でその労力を全て自動化出来るわけですから、

その労力と時間を一度きりの2万円で「買う」と考えれば、

そこに投資をせず、何に投資をする・・・という話です。


とどのつまり経済効率はいかに労力と時間を、

効率的に回していくか、ですので、

ツイッターのビジネス活用や集客においては、

この手のツイッターツールの活用は必要不可欠です。


その上でTwitter Brainが最も優れたツールであり、

最もコストパフォーマンスの高いツールであるなら、

もはやこれを選ばない理由はありません。


そして「3」の既存のツールで成果を上げられていない人。


これは私がTwitter Brainの機能を持ってすれば、

これまでのツイッターツールで稼げなかった人でも、

Twitter Brainを活用すれば稼げるようになる。


そう断言できるだけの機能がTwitter Brainには備わっています。


そしてTwitter Brainの付属マニュアルには

そう断言できるだけのノウハウが書かれているわけです。


ツールの機能性、ノウハウのオリジナリティ、

そしてそれぞれのバランスとクオリティ。


どれを取ってもTwitter Brainは頭1つ抜き出ています。


だからこそTwitter Brainであれば、

フォローブースターやフォローマティックなど、

既存のツールで「稼げなかった人」でも、

それらのツールには無かった圧倒的なツールの機能性と、

それを活用する強力なノウハウを持ってすれば、

かなりの高確率で稼ぐ事が出来ると断言できます。

(その根拠も後程のツール機能等の詳細事項で解説します)


最後に4つ目の有効な集客ツール、

自動化ツール等を探しているという人に対しては、

このTwitter Brainはツイッターツールとしてだけでは無く、

集客ツール、その自動化ツールとしても、

他に類を見ない効果を発揮出来るものになっている為、

そのような観点でも手にする価値は多いにあると言えます。


この業界で「自動化」を謳う集客ツールは数あれど、

事実上、その効果や成果を発揮出来るものは無いに等しく、

基本的にそういったツールは「論外」というのが常でした。


ただこのTwitter Brainはその常識を覆し、

実際に「有効性の高い集客の自動化」を実現出来ています。


故に集客ツール、その自動化ツールを求める人にとっても、

手に取る価値は多いにあるツールと言えるわけです。


Twitter Brainの有効性とその根拠。


ではTwitter Brainの有効性を具体的に解説していきます。


そもそもツイッターや既存のツイッターツールを活用しても、

実際に稼ぐ事が出来ていなかったユーザーは、

何が敗因で稼ぐ事が出来ていなかったのか。


Twitter Brainの有効性を語る上では、

その根本的なところからの補足が必要なのですが、

その答え(敗因)はズバリ、


「注目を集められるユーザーを育成できなかった事」


にあります。


要するにツイッターのビジネス活用は、

いかに自分のツイートが注目され、

そこからアクション(誘導)を起こせるかにかかっている為、

ユーザーそのものの注目度が何よりも重要となります。


そしてその注目度は日頃から、

いかに注意を引くツイートをつぶやいているかに左右されます。


それはいわゆる「面白いツイート」であり、

そういったツイートを日常的につぶやいているユーザーは、

必然的にフォロワーも集まり、またそのフォロワーからも、

高い注目を集め続ける事が出来ます。


これはメールマガジンなどと同じ理屈で、

たくさんのメルマガが届く中でも、

そこに光るものや為になるものがあれば、


「この人のメルマガはこれからも読もう。」


と、次回、また次回とメルマガが読まれるようになります。


この理屈はツイッターでも同じなわけです。


つまりツイッターでビジネス的な「成果」を上げていく為には

他のユーザー(フォロワー)に注目されるユーザーを作る必要があり、

そんな注目度の高いユーザーを作り上げていくには、

「面白い」と思われるツイートをつぶやいていく必要があります。


結局のところ「ツイートを投稿する」という機能がメインであり、

それがほぼ全てとなっているツイッターというサイトでは、


「ツイートの質(面白さ)」


こそがその「注目度」や「集客効果」を左右します。


そしてこれはフォローブースターにせよフォローマティックにせよ、

その付属マニュアルではしきりに強調されていたポイントで、

そんな「面白いツイート」を作り込んでいく方法として、


「リツイート数の多いツイートを参考にして作る」


という方法が普通に提案されていました。


そして現に多くのツール利用者や

ツイッターをビジネス活用するような利用者は

その指示に従ってリツイート数の多いツイートを参考に、

一生懸命「面白いツイート」をコツコツと作っていたわけです。


ただそういったツイートは1つ2つでは何の意味も無く、

BOT化させて注目を集め続けるには

何百という数のツイートを作る必要性があり、

その工程段階で多くのツール利用者は挫折・・・。


仮に何百というツイートを作り込んでも、

それが実際にツイッターのユーザーにウケなければ、

その労力も無駄になり、また1から作り直しという、

悲惨な状況の中でツールを活用していたというのが現状でした。


そして今も既存のツール利用者は

その不毛なツイート作成作業に追われている状況にあります。


しかしその「面白いツイート」をうまく作る事が出来ず、

大半の既存のツイッターツール利用者は、

注目度の高いツイッターユーザーを育てる事が出来ず、

ただ不毛にフォロワーだけを集めて「撃沈」していたわけです。


どんなに数多くのフォロワーを集めたところで、

そのツイートに注目が集まらなければ

そのユーザーはメルマガで言うところの、


「よくつまらないスパムメールを送ってくるあの人」


もしくはその存在さえ気にされないユーザーでしか無く、

そのような状況で成果を上げるのは到底不可能です。


そこでTwitter Brainは


「リツイート数の多いツイートをそのまま取り込んでつぶやく」


というほぼ反則レベルの機能を備え付け、

多くのツイッターユーザーが悩んでいた

ウケるかどうかもわからないツイートを作成していくという

多大で不毛な労力を「ほぼゼロ」にまで軽減させたわけです。


他人のツイートをBOT化する前代未聞の取り込み機能


要するにこれは他のユーザーがツイートした、

多くのユーザーにウケたツイートを

そのまま自分のツイートとしてつぶやいていく機能なわけですが、

当然そこにはこのような懸念を覚えるものと思います。。


1:他人のツイートをそのままつぶやいて問題はないのか。

2:そんな一度他人がつぶやいたツイートで反応が取れるのか。



まずは1のその行為そのものの問題点。


これは法律的な観点とツイッターの規約上の観点がありますが、

結論から言えば双方共に白・・・もしくはグレーであり、

ただ限りなく白よりのグレーという表現が適切かと思います。


まず法律的には「著作権」の問題になってくると思いますが

ツイッターでは一度ツイッター上につぶやかれたツイートは

米国ツイッター社にその権限を委ねる旨の同意事項があり、

またそのツイートがリツイートなどの機能によって、

拡散される事にも同意する免責事項が記されています。


つまりツイッターに投稿された時点で、

そのツイートには著作権を主張出来ない縛りが存在し、

ユーザーはそれに同意した上でツイートを投稿した事になるわけです。


ただ現状の規約事項にはリツイートによる拡散と

通常のツイートによる拡散の境目は明記されていない為

ツイッターの機能全般を利用した拡散が認められている事になっています。


少なくとも利用規約というものは

「やってはいけない事」を明文化するものですので、

その「やってはいけない規定」の中にそれが無い以上は、

その行為は「やっても構わない」(すなわちグレー)となり、

その範囲のグレーゾーンは実質的な「白」を意味します。


つまりこの時点で法律面、規約面の問題点はクリアとなる為、

現にツイッターは国内でも何千万人単位の利用者がいる中で、

既に数年の運営期間がありながら著作権関連の裁判は、

判例はおろか裁判そのものが1件も起こされていません。


これは判例や事例が無いからわからないという見方よりも、

著作権を主張する側が勝ち目のない裁判を起こしていないと見るべきで、

この見解からも他人のツイートを利用する行為は白と見る事が出来ます。


あとはモラルの問題くらいですが、

そこはそもそもツイッターをビジネスや集客に利用しようという時点で、

モラルを語る事自体が私はナンセンスであると思いますので、

これは抵抗がある人は利用しなければ良いだけの話であり、

使えるものは使おうという人は多いに利用するべきだと思います。


続いて2つ目の懸念点。


一度他人がつぶやいたツイートで反応が取れるのか、という点ですが、

これについてはツイッターというサイトの特性を考えれば

何ら問題視するようなところでは無い事が容易にわかります。


何故ならツイッターにおけるツイートは、

基本的にはそのユーザーのフォロワーにしか発信されていないからです。


例えばあなたが10万人のフォロワーを抱えているとします。


そこにあなたがツイートを投稿しても、

そのツイートは基本的にはその10万人にしか届いていません。


つまりあなたのそのツイートにどんなにリツイートが付いても、

そのツイートを「見た」という人は、

数千万人ものツイッターユーザーの中の10万に過ぎないわけです。


よって他人のツイートを大量に掻き集めて来ても、

そのツイートを「見たことがある」という人はほんの僅かであり、

大半の人にとっては「初見のツイート」という事になります。


つまり一度他人がつぶやいたツイートであろうと、

その有効性は多いに「ある」と言えるわけです。


Twitter Brainの有効性。総括


ここで解説しているTwitter Brainの有効性は、

正直言ってかなり掻い摘んだポイントのみとなっています。


細かい優れた機能も多数備えられているのですが、

その辺りは実際の販売ページを見て貰った方が早いです。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


とにかく比較すればするほど、

他のツイッターツールとの差は歴然であり、

Twitter Brainの優位性はまさしく圧倒的です。


1、実際に注目され、ウケたツイートをそのまま取り込み

2、完全自動のフォロワー収集を行い

3、そのツイートをつぶやく事でユーザーの注目度を上げ

4、注目度の上がったユーザーを活用して集客・成約に繋げる



言ってみればこれだけのシンプルな流れですが、

実際にやるべき事はフォロワーの属性を指定するキーワードや

取り込むツイートのキーワード指定をマッチングさせ、

その属性に合ったツイートを取り揃えて、

あとはフォロワー収集とツイートを自動化させていくだけです。


実際にフォロワーからの注目度が高まれば、

集客やそこからの成約も自在に行えるようになります。


更にこの流れをより有効に活用していく為の

手厚いマーケティングマニュアル。


実際にフォロワーを自在に誘導していく為の、

ツイートに特化したライティングマニュアルと、

各付属マニュアルにも一切手抜き感はありません。


ここまで徹底したツール、ノウハウを提供されれば、

ツールを持て余すような人はまず出て来ないと思います。


それだけ完成されたツールとノウハウが1つの教材となって、

ありえない価格帯で提供されているわけです。


更にツールの活用やビジネスモデルの構築にあたっては、

60日間のビジネスサポートも付いてくる為、

これも他のツイッターツールには無いサポート体制です。


結局のところ他のツイッターツール販売者は、

ビジネス面でのサポートを放棄しているという点でも、

そのツールを使って稼がせるという自信が無く、

現に稼ぐ事が出来ていない人が大量に溢れ出ています。


結局のところ「面白いツイート」が作れず、

注目度の高いユーザーを育てる事が出来なかったが為に

ツイッターで稼ぐという事が出来なかったわけです。


ただTwitter Brainはその懸念点は完全に払拭できる為、

実際に「稼がせる」その自信があるからこそ、

購入者と向き合った「サポート」をしっかり約束しています。


この一点を見てもその差はもはや歴然であり、

Twitter Brain以外のツールを選ぶ理由は何1つありません。


・ツールの機能性と有効性

・マニュアルの質とクオリティ

・稼がせる自信があるからこそのサポート体制



更にその販売価格は初回アクセス時19800円と、

フォローマティック、フォローブースターの

22800円という販売価格さえ下回っています。


1:フォロワー収集ツール、BOTツールを初めて買おうと思っている

2:ツイッターのビジネス活用、集客を検討している

3:既存のツイッターツールでイマイチ成果を上げる事が出来ていない

4:有効な集客ツール、自動化ツールを探している



私がこれらの条件に当てはまる人すべてに、

このTwitter Brainを推奨する根拠、理由は以上の通りです。


Twitter Brainお勧め購入特典


また、このTwitter Brainはマーケティングマニュアルの監修と、

そのライティングマニュアルの作成を担当した、

コピーライター兼マーケッターの宇崎恵吾さんが

もはやこれ以上無いというほどの購入特典を提案しています。

>Twitter Brain+宇崎恵吾氏の購入特典


宇崎さんからの特典コンテンツの一式には、

まさにあらゆる観点でこれからネットビジネス、

アフィリエイトなどを始めるという人にはまさに「即戦力」となる、

特典としては到底ありえないボリュームと質のノウハウが、

これでもか!というほど詰め込まれています。


Twitter Brainの購入を検討されているようであれば、

是非一度、目を通しておいてみてください。

>Twitter Brain+宇崎恵吾氏の購入特典


以上、ツイッター専用ツール「Twitter Brain」のレビューでした。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:情報商材

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ