グーグルアドセンス。アドセンス広告を貼り付ける位置、その配置場所とクリック率

尾島です。


今日はグーグルアドセンスの広告表示の位置と、

その配置場所に応じたクリック率の統計を

世間的な定説と私の経験則からお話ししていきたいと思います。


トレンドアフィリエイトなどで、

グーグルアドセンスをキャッシュポイントに据えている人は

おそらくかなり参考になる講義かと思いますので、

是非お付き合い頂ければと思います。

アドセンス広告を貼り付ける位置、その配置場所とクリック率


グーグルアドセンスは基本的に、

広告をクリックさせる旨の文面等の掲載が禁止されています。


ですので、基本的にはあくまでもフラット(自然)に

アドセンス広告をブログに貼り付ける必要があり、

せいぜい工夫を凝らせるのはその「位置」くらいです。


アドセンス広告の表示位置については、

記事の前、記事の後、サイドバーなどが主で、

そのクリック率については諸説あるのですが、

私の経験則も含めて最もクリック率の高いのはやはり


記事の最後にアドセンス広告を貼る


という方法ではないかと思います。


私自身の経験則でもこれは明らかなのですが、

一応、それを裏付ける見解も併せて解説しておきます。


まずグーグルアドセンスはその規約上、

1つのページ内に3つまでしか

アドセンス広告を表示させてはいけない決まりになっています。


そこで出来る限り広告を掲載したい人は

記事の前、記事の後、サイドバーと、

3カ所にアドセンス広告を貼りつけるのですが、

そのような配置をしても結局、最もクリックされるのは

記事の最後に貼り付けたアドセンス広告が主となります。


最もクリックされないのは記事の前の広告ですね。


むしろブログの見やすさや親切さを考えると、

記事前のアドセンス広告は貼らない方がいいくらいです。


記事の前にアドセンス広告を貼ってはいけない理由と

記事の最後に貼り付けた広告が最もクリックされる理由は、

それぞれおおよそ共通していて、

これはブログ訪問者がブログに訪れた流れや理由を考慮すれば

当然と言えば当然の事ではないかと思います。


そもそもブログにアクセスが来る際の流れは、

グーグルアドセンスを主体にしているトレンドブログなどであれば、

キーワード検索による検索エンジンからのアクセスがほとんどです。


と言う事はブログにアクセスしてくる人は、

確実に何かのキーワードを入力して検索してきています。


キーワードを入れて検索しているという事は、

何か興味や関心を抱いている事を調べたくて

グーグルにその関連キーワードを打ち込んでいるわけです。


そこにあなたのブログが上位にヒットして訪問してきた。


それがアクセスしてきた人の状況ですので、基本的には


「このブログに自分が求めている情報があるかもしれない」


という意図を持ってアクセスしてきているわけです。


何も考えず、無心でキーワード検索をして、

そのブログにアクセスしてきている人なんてまずいません。


という事はその人は、まずはその記事を「読む」わけです。


そのキーワードに関連する何かの情報を求めて

あなたのブログにアクセスしてきているわけですから。


この時点でどう考えても記事の前に表示されている

アドセンス広告をクリックしてくれる可能性は極めて低いですよね。


よっぽどその広告内容に突発的な興味を抱かない限り、

まず記事の前に表示されている広告をクリックする事はありえません。


そんな事はほぼありえないわけです。


むしろそこに表示されているアドセンス広告は

その記事を読む意思がある人には邪魔なだけです。


故に記事の前のアドセンス広告は必要ないんですね。


そうして実際に記事を読み始めていくわけですが

ここで訪問者にとって完全に的外れな事や

全く興味がそそられない事が書いてあった場合、

大抵のケースは冒頭段階でページを閉じられます。


逆にそこに意図する情報や

興味がそそられる事が書かれていれば、

その記事は最後まで読まれます。


ここで記事を読み終えて一息・・・というところで、

広告の方に改めて目がいくわけです。


そこにちょっと関心があるものが表示されていれば、

その広告がクリックされるというのが基本的な流れですね。


よってグーグルアドセンスが主体と言えど、

やはり記事の文章はおろそかにしてはいけないという事です。


アクセスを呼び込めるであろう検索キーワードを意識して

そのキーワードで検索してきた人が読んでくれるであろう、

興味を示してくれるであろう記事を投稿する必要があるわけです。


記事を読んでもらえてこそ、ブログへの滞在時間が高まり、

それがグーグルの上位表示評価にも繋がり、

アドセンス広告をクリックしてもらえる可能性を高めるという事です。


サイドバーに貼り付けるアドセンス広告のクリック率


ではサイドバーにアドセンス広告を貼った場合はどうなのか。


これは「わりと」クリックされる傾向にありますので、

サイドバーのコンテンツに乏しい場合は貼ってもいいと思います。


ただサイドバーはブログのコンテンツを整理したりと、

うまく利用する事でブログへの滞在時間を延ばせますから

出来る限りはそういった方向性で活用するべきです。


・新着記事

・カテゴリの一覧

・他のキャッシュポイントを添えた記事



などですね。


こういったコンテンツを整理するサブジェクトを配置した上で

アドセンス広告を貼りつけられるポイントがあれば

貼っても構わないというくらいで捉えるべきかと思います。


サイドバーの最も目立つ最上段など、

こういったところに貼り付けるのは

さほどクリック率を上げる事には繋がりませんので、

私はあまりお勧めしません。


基本的には記事を読ませてブログに滞在させ、

その上で自然にアドセンス広告をクリックしてもらうような

そういった広告配置を意識していくべきです。


記事の前やサイドバーの最上部など、

記事を読ませる事の前提から外れるようなポイントの広告は

クリックされる事自体がただのビギナーズラックですので、

そういったアドセンス広告の配置は私はお勧めしませんね。


まあ、これは情報商材のアフィリエイトなども同じで、

有無も言わさず推奨商材の誘導リンクなどを

トップのヘッダー部分やサイドバーの最上部に貼っているブログは

ハッキリ言って無駄にアクセスを逃がしているだけです。


情報商材のセールスレターに誘導するのは、

自分のブログのコンテンツを可能な限り読ませて、

少なからず信頼関係を構築してからでなければ意味がありません。


ブログに訪問して最も目立つポイントに広告バナーなんて、

ただアクセスを垂れ流しているだけの状態です。


そしてこれはアドセンスにも少なからず同じ事が言えるという事ですね。


あくまでも私の考えと見解ですが、参考にして頂ければと思います。


それでは。

尾島


グーグルアドセンス基礎講座一覧


グーグルアドセンス基礎講座一覧


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:アドセンス講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ