グーグルアドセンスとは。ブログの収益化を図る最も手軽なクリック課金型アフィリエイト。

尾島です。


今日はグーグルアドセンスについて。


グーグルアドセンスとはどういうものなのかという

基本的なところから解説しておこうと思います。

グーグルアドセンスとは。


グーグルアドセンスはご存知、Google(グーグル)が提供している、

クリック課金型のアフィリエイト広告プログラムです。


ブログの収益化を図る上ではかなりポピュラーなもので、

ブログにグーグルアドセンスの広告タグを貼り付けると、

グーグル側がそのブログコンテンツにマッチした広告を

その広告タグを貼り付けた場所に自動的に表示してくれます。


そのアドセンス広告を訪問者がクリックしてくれると、

グーグル側が定めている報酬単価がブログ運営者に支払われます。


広告主がグーグルにお金を支払って広告を入稿し、

私達のような個人ブロガーがブログにその広告を貼る。


その広告がクリックされると広告主のサイトにアクセスが流れる。


広告主はその広告料をグーグルに支払い、

グーグルは中間マージンを抜いて、

その広告料の一部をユーザー側に還元しているというわけです。


これがグーグルアドセンスのお金の流れですね。


なので当然の事ながら自分のブログのアドセンス広告を

自分でクリックするのは完全に御法度であり規約違反です。


やってはいけません。


その場合、損をしているのは「広告主」ですが、

広告主がお金を支払っているのはグーグルなので、

あまりに無意味なアクセスで広告費用が消化されてしまうようなら

誰もグーグルアドセンスに広告を出さなくなってしまいます。


これはグーグル側にも大きな損失に繋がっていきますので

アドセンス広告の不正クリックはグーグル側も

かなり厳しく取り締まってくるというわけです。


自分のブログに貼り付けたアドセンス広告はクリックしてはいけない。


まあ、当たり前と言えば当たり前なのですが、

これはその理屈も含めてまずしっかりと理解しておいてください。


その他、グーグルアドセンスの規約違反行為、注意点。


また、グーグルアドセンスにはそれ以外にも

わりと細かな利用規約や違反行為などが幾つかあります。


グーグルアドセンスはわりと簡単に始められる事から、

そのヘルプページなどをくまなく見てから始める人は稀です。


それだけに何が違反行為で何が違反行為ではないか。


この辺りをあまりわからずに初めてしまい、

いざ報酬が上がった際にその報酬を没収されるという事も

規約の方を理解していないと普通にありえるわけです。


勿論ここで細かな規約を並べていくつもりはありませんが

何も知らずにグーグルアドセンスを始める人が

わりと陥ってしまいやすい違反行為を幾つか解説しておきます。


・アドセンス広告のタグ配置は1つの「ページ」に3つまで

アドセンス広告は1つのページ内に3つの広告表示までと決められています。


1つ、2つと少ない分には問題ありませんが、多くても3つまで。


4つ以上、配置してはいけないという決まりがあります。


“どこを見てもアドセンス広告だらけ。”


みたいなサイトやブログを作らせない為の規約ではないかと思います。


ただ実際の収益性を考えると仮に4つ以上の配置が出来たところで、

とくにそのアドセンス広告の配置数は収益には比例しません。


そもそもアドセンス広告からの収益は「クリック数」で決まりますので、


アドセンス広告のクリック報酬単価 × クリック数


がアドセンス広告からもたらされる報酬になっていきます.


その報酬単価はクリックされた際に表示されていた

その時のアドセンス広告によっても変わってくるのですが

おおよそ「30円ほど」がその平均単価と言われています。


何かを売り込む事も無くそのアドセンス広告がクリックされるだけで

ワンクリック30円ほどの収入がもたらされるという事ですから、

アドセンスが稼ぎやすいという理屈は何となく分かると思います。


ただここでもまたこのような注意点があります。


・アドセンス広告をクリックさせる旨の誘導文はNG

これもグーグルアドセンスをやっている人からすれば当たり前の事ですが、

誰かが教えてくれない限りヘルプを見てこれを認識する人は少ないと思います。


要するに「この広告をクリックしてください。」とか、

ブログランキングサイトのように「応援ポチよろしく!」みたいな、

広告をクリックさせる為の一文は全面的にNGという事です。


これは広告主の目線で見れば当然の事ですよね。


そんな意図的に誘導されたアクセスから

広告主側に実益が上がる可能性は極めて低いからです。


またほぼ同じ目線の規約としてはこういうものもあります。


・アドセンス広告の上部に「スポンサードリンク」を記載する

これは意外に守っていない人も多いです。


でも、これも規約上に定められていますので、

記載していない人はいつ報酬を没収されてもおかしくありません。


これを記載される理由は「これは広告ですよ」という事を

ブログ訪問者にわからせた上で、


“その広告に興味がある人だけをクリックさせる為の配慮”


だと思えばいいと思います。


とにかく多くのアクセスを集める事を目的とするなら、

こういうような記載を入れる意味はありませんが、

とにかく興味のある見込み客からのアクセスのみを集めたいなら、

出来る限り不要なアクセスを排除する必要があります。


まあ、グーグル側が広告主の目線に立って、

そういう質の高いアクセスを集める為に施している配慮ですね。


あとは当然と言えば当然の注意点としてこういうものもあります。


・不適切なコンテンツ、禁止コンテンツを含むサイトへの表示

アダルト系のブログやサイトは基本的にアドセンスはNGです。


法律に反するようなサイトやブログもNGですね。


これはサーバーなどのサービスでも規制があるくらいですから、

グーグルくらいの大手であればあって当然の規約かと思います。


以上の5つ。


・自分のブログのアドセンス広告を自分でクリックしない

・アドセンス広告のタグ配置は1つの「ページ」に3つまで

・アドセンス広告をクリックさせる旨の誘導文はNG

・アドセンス広告の上部に「スポンサードリンク」を記載する

・不適切なコンテンツ、禁止コンテンツを含むサイトへの表示


このあたりの規約を厳守していれば、

基本的には規約違反等に該当してしまう事は無いと思います。


これからグーグルアドセンスを初めて、

ブログの収益化を図ろうと思っている人は覚えておいてください。


それではまた。


尾島


グーグルアドセンス基礎講座一覧


グーグルアドセンス基礎講座一覧


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年4月29日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:アドセンス講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ