SEO対策無料講座~ブログにおけるSEO対策の基本と方法~

尾島です。


今日はアフィリエイト講座、番外編として、

SEO対策について解説していきたいと思います。。


ブログのタイトルには「SEO対策講座」と付けていますが

実は私はあまりSEO対策というものには力を入れていません。


まあ、厳密に言えば入れていない事もないのですが、

多くの人が認識しているようなSEO対策というものには、

ほぼ時間も労力も割いていないというのが実際のところです。


あえて私なりのSEO対策におけるポイントを語るなら、

今のグーグルの精度を考慮する限り、

一昔前まで言われていた「SEO対策」はほぼ無意味であり、

力を入れるべきところはかなり限られてきているというところですね。


少なくとも私はもうその「限れらたポイント」にしか力を入れてません。


結果的にそれでうまくいっていますし、

このブログも「税務関連のキーワード」や「ビジネス系キーワード」と、

私が当初から狙っていたキーワードでしっかりと上位表示が出来ています。


今はアフィリエイターやインフォプレナーを問わず、

クライアントの方にも私と同じ方向性で「SEO対策」を指示していますし、

彼等も実際にその方法で狙ったキーワードで上位表示を実現させ、

そこからアクセスを集めて実績を上げていく事が出来ている状況です。


逆に知人のSEO業者などはかなり苦労を強いられていますね。


要するに以前まで通用していた方法が通用しなくなっているんです。


そしてこの状況は今後もどんどん進行していくと思います。


要するにグーグルという検索エンジンの精度が

どんどん上がっていってるんです。


そんなグーグルの検索エンジンの精度が、

今後も更に上がっていくという事を見越した上で、

現在進行形で私がこのブログなどでも実際に行っている、

その「幾つかのポイントに絞り込んだSEO対策」について。


実際にクライアントの方々にコンサルをしている内容と

ほぼ同じレベルの事をそのまま解説していきたいと思います。


人によっては耳と頭が痛くなるような話かもしれません。


ただ人によっては「これはチャンスだ!」と思う話だと思います。


まあ、この話をどう捉えようと、

これからお話しする事は紛れも無い「現実」です。


そしてその内容をどう受け止めていくかもあなた次第です。


では、本題の方に入っていきましょう。

SEO対策無料講座~SEO対策の基本と方法~


これまでブログやサイトの運営においては、

「コンテンツ作り」と「SEO対策」は基本的に

別々の作業として捉えられていました。


実際にブログアフィリエイトの情報商材等を手にしても、

コンテンツ作りや記事更新の作業工程を解説する部分とは別に

SEO対策という部分に特化して書かれている部分があり、

それぞれの作業は完全に分けられていたわけです。


コンテンツ作りに1日3時間、SEO対策作業に1日2時間。


こんな感じでそれぞれに労力を割き、

実際にこのような流れでブログやサイトを運営している人は

今も数多くいるのではないかと思います。


情報商材でも今だにそういうものはたくさんありますからね。


ただ、少なくとも私や私のクライアントさん等は、

基本的にこのような分担された作業は一切やっていません。


言うなればSEO対策の為にだけに割く作業時間は完全に0(ゼロ)。


コンテンツ作りに1日3時間、SEO対策作業に1日2時間とか、

こんな非効率なやり方をするくらいなら、

私や私のクライアントさん等は

コンテンツ作りのみに5時間の時間を費やします。


結果的にこの方がSEO対策効果も上がり、

検索エンジンに狙ったキーワードで上位表示させられるからです。


厳密に言えばその「コンテンツ作り」の方で、

1~2割ほど「SEO対策を意識した作り方をする」のですが、

いずれにしても従来の集客作業として提唱されていた

SEO対策作業のみに時間と労力を割くという事は一切しません。


そういう「SEO対策作業」として主に挙げられているのは


「被リンクを増やしていく為の被リンク対策」


が主で、それがコメント周りだったり、

ブログを量産してリンクを張り巡らせる方法だったり、

まあ、色々と細かい作業を強いられている人が多いわけです。


“SEO対策、上位表示には被リンクの数が重要”


これが定説だったからですね。


確かに今もこの要素は少なからずありますが、

こんなもの(被リンク)は、

質の高いコンテンツを作り込んでいれば勝手に増えていくものです。


また、仮に増えていかなくても上位表示は普通に出来ます。


現に私のブログはそこまで被リンクは多くありませんが、

余裕でかなりのキーワードを対象に上位表示出来ています。


逆に一生懸命、被リンクを増やして上位表示をさせても、

コンテンツの質が低いと一瞬で順位は下がります。


現にそういうやり方だけで上位表示を取っていたサイトは

どんどん順位を下げているというのが現実です。


何故そういう事が起きているのか。


そこを理解出来ているかどうかが

本当の意味でのSEO対策を知るポイントだったります。


SEO対策に被リンクの数が有効と言われて理由


そもそも何故、被リンクの数がSEO対策に有効だったのか。


それはグーグルの検索エンジンが


特定のキーワードにおいて被リンクの多いサイトは

そのキーワードに関連する質の高い情報を提供してくれている



と判断していたからです。


要するにグーグル側の「サイトの質」の判断基準の比重が

その「被リンクの数」だったというだけの話。


根本としてグーグルの検索エンジンは、

入力されたキーワードに対して、

「適切な情報を提供してくれているサイト」をより上位に表示し、

利用者にそういうサイトの情報を提供するのが仕事なわけです。


そして利用者もそういう検索エンジンを求めて、

欧米圏でもヤフーが中心だった検索エンジンサービスのシェアが

どんどんグーグルの方に移行していった時代がありました。


これはグーグルの検索エンジンが、

キーワードに応じて適切な情報を提供してくれるサイトを

瞬時に上位表示させてくれるサービスを提供してくれていたからです。


そしてグーグルはその精度をとにかく高めたいと思ています。


今も、これからも。


だって、検索エンジンの仕事はそれが全てなんですから。


その判断基準に被リンクの数を重視していたわけですが

実際のところ被リンクというのは自分で幾らでも作れてしまいます。


それこそがこれまで提唱されていた、

被リンク増やしを主体とするSEO対策だったというわけです。


つまりグーグルとしては「ただ被リンクが多いサイト」を

検索の上位に持ってくると、本来の目的である

「適切な情報を提供してくれるサイト」を

上位に持ってくる事が出来なくなってしまいます。


それでは利用者も満足出来なくなり、ユーザーは離れてしまいますね。


だからグーグルは常に検索エンジンの精度を高め、

あらゆる要素から上位表示サイトを弾き出すようにしているわけで、

その知恵比べがSEO対策業者とグーグルの永遠のテーマだったのですが、

今はようやくそこに終焉の兆しが見え始めているところがあります。


要するにグーグルの検索エンジンの精度が

行き着くところまで行き着きそうな状況にあるわけです。


ガチで適切な情報を提供しているサイトが上位表示される。


ただそれだけの話。


今もこの状況はどんどん進行中で、

こうなってくるともう被リンク対策などに時間を使うなら、

ガチで良いコンテンツ作りに時間を割いた方が効率的というものです。


少なくとも私はそう判断して不毛なSEO対策に時間を費やすのを辞め、

またクライアントにもそのような方針を示すようになりました。


「結局、質の高い情報を提供しているサイトやブログが上位に来る」


来るべくして来る時が、こうしてきたわけです。


コンテンツの質を重視した上でのSEO対策


とは言え、サイトの情報を読み込み、

そのサイトが適切な情報を提供しているかどうかを判断しているのは、

何だかんだ言っても「コンピューター」です。


ほぼ人工知能並みのコンピュータとは言え、

コンピュータはコンピュータですから、

そこには幾つかの対策は少なからず存在します。


今、私がやっているSEO対策としては、

まさにその幾つかのポイントを押さえていくもので、

主には下記の3つに集約されます。


1、サイトの属性をある程度意識する

2、コンテンツの質を重視した上でキーワードを意識する

3、ソースコードをグーグル好みのものにする



この3つのポイントさえ押さえておけば、

そのサイトやブログは複合キーワード等を併せていけば、

ほぼどんなキーワードでもそれなりには上位表示を実現できます。


とくに重要なのはやはり「2」の

コンテンツの質とそれなりのキーワード戦略ですが、

それをより強くするのが「1」のサイト属性と、

「3」のソースコードの構成です。


ただ「1」と「3」についてはサイトやブログを構築する際に

予め決めてしまう事が出来るポイントですので、

やはり重要なのは「2」を継続する事。


もはやこれに勝るSEO対策は無いと思います。


ただ継続していく「2」の強みを生かせるかどうかは

「3」のソースコードの構成次第というのも一理あります。


どんなに質の高いコンテンツを、

キーワードを意識して更新していっても、

ソースコードがグーグル好みで無ければ上位表示は困難を極めます。


質の高いコンテンツを更新していくからこそ、

ソースコードをグーグル好みにしておく必要があるのです。


SEO対策に最適なブログテンプレート


ソースコードは「文章」と違い、

誰でも簡単に書けるようなものではありません。


私も多少のソースコードは分かりますが

1からソースコードを書いてサイトを作るという事は到底出来ません。


ましてグーグル好みの「綺麗なソース」を作るなど、ほぼ不可能です。


この分野はこの分野のプロに任せるのが一番。


これが1つの結論です。


勿論、サイトやブログのソースコード

無料のサイトテンプレートや無料ブログのテンプレートなど、

それなりのプロが作ったであろうものがたくさんありますが、

やはりそれなりのものはそれなりの値段で有料販売されています。


ただ先ほどもお伝えしたように、

グーグルの検索エンジンの精度がグングン高くなっている今、

コンテンツの質を高めていく事は必要不可欠であり、

そんな質の高いコンテンツはグーグルに好まれるような

綺麗なソースコードで構成しておかなければその効果は半減します。


つまり毎日更新していく記事やサイト、

その1つ1つ、全ての「集客力」を左右するもの。


それがそのサイトやブログを構成する「ソースコード」なのです。


そこで私がこのブログでも実際に利用している、

徹底されたグーグルに好まれるソースコードを備えるテンプレート。


それがこの「賢威」というブログテンプレートです。

>SEO対策ブログテンプレート「賢威」


「賢威」はこの業界でも非常に評判が良く、

多くのアフィリエイターはもとより、

名だたるトップアフィリエイターも利用しているテンプレートです。


勿論、テンプレートはあくまでも型枠でしかありませんが、

自分が今後、質の高いコンテンツを作り出していくほど、

この「テンプレートの差」が顕著に表れるようになっていきます。


100記事、200記事と記事を更新していった際、

その100記事、200記事、全ての集客力が

たった1つのテンプレートの設定によって大きく左右されるわけです。


そう考えれば「賢威」というテンプレートに投じる費用は、

たかだか24800円という一度のみの料金ですので、

それ以上の費用対効果は自分次第で幾らでも生み出せます。


逆に24800円もの費用対効果も生み出せないようであれば、

それはもう根本的に話にならない状況ですので、

「稼ぐ」「成功する」という事を前提にブログを作り、

アフィリエイト等のビジネスを展開していくのであれば、

その前提を踏まえれば購入しない理由が無いアイテムだと思います。


ちなみに「賢威」はワードプレスという

ソフトウェア型のブログサービスに利用するテンプレートですので、

ワードプレスというフレーズでピンと来ない場合は

一度こちらの記事も参照してみてください。

>無料ブログサービスのブログとワードプレスブログの違い。


それでは。


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ビジネス講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ