SKナレッジ、大西良幸のアンダーグラウンドアフィリエイトクラブについて。佐藤文昭 小島幹登

尾島です。


この業界では良くも悪くも有名な部類に入る、

佐藤文昭氏、小島幹登氏による株式会社SKナレッジさんが

久しぶりに自社名義で大々的にプロモーションをかけ、

下記のような高額情報商材を公開していました。


大西良幸「アンダーグラウンドアフィリエイトクラブ」

http://www.lion-pj.com/m/01/


価格は298000円とSKナレッジさんらしい価格設定。


相変わらずのプロモーション戦略で

お決まりのアフィリエイターさん達が

オプトイン活動にも精を上げていたようなのですが

3月10日からスタートであるはずの

こちらの高額塾?が既に炎上し始めているようです。


・・・というか普通にその「被害者」という方からも

私自身が多くの相談を受けていまして、

それもあって今回の記事を書かせてもらいました。


そもそも何故、始まってもいない高額塾に

被害者意識を持った人達が出てきているのかというと、

この高額塾が既にあからさまな手口で

多くの消費者を欺いている状況となっているからなんです。


というのも先ほどのセールスレターページは


「2月19日(水)AM5時~2月21日(金)24時の3日間のみ」


という募集ページでそこには堂々とこう書かれていました。


「それ以外での追加の募集はありませんので、ご注意ください。」


これがそのキャプチャ画像です。



ただこの記事を書いている2月23日現在。


2月21日24時までだったはずの募集ページは

未だに普通にアクセスが出来る状況で

申し込みボタンさえも普通にクリックできるだけでなく、

そこから商品の購入決済もできる状況になっています。




この時点で先立って申し込んだ消費者を欺き、

偽りの募集期日で申し込みを煽り、

多くの消費者を騙した事は紛れもない状況なのですが

100歩譲ってこれを「ページを切り替え忘れた」という、

決して故意的な行為ではなかった事にしましょう。


勿論、それが故意的ではなかったとしても

これは絶対にやってはいけない事ですし、

この大西良幸「アンダーグラウンドアフィリエイトクラブ」の

販売元であるSKナレッジさんの過去の手口を見ても

これが故意的である事は明らかなのですが、

それでもその「言い訳」を許容したとします。


ただそんな言い訳を許容した上でも

まだ尚、輪をかけて既存の消費者を騙す

故意的な行為をこちらのページで行おうとしています。


大西良幸「アンダーグラウンドアフィリエイトクラブ」

http://www.lion-pj.com/a2/01/


先ほどの紹介ページとはややURLが異なりますが

募集している案件は全く同じものです。


ただその募集期日にはこう書いてあります。


2月24日(月)AM5時~2月26日(水)24時の3日間のみとなります。
それ以外での追加の募集はありませんので、ご注意ください。


これがそのキャプチャ画像です。



呆れてモノも言えないとはこの事でしょうか。


これはさすがに先立って申し込んだ方々が

各コンテンツを受け取り前の段階で「騙された」と認識し、

被害者意識を持っても無理はありません。


現にこうして明らかな形で騙されているのですから。


こんな手口で真っ向から消費者を騙すような人達の

一体どこを信用しろというのでしょうか。


先立って申し込んでくれた

自分達を信じてくれた人達を何故こうも簡単に騙せるのか。


まあ、もともとこういうシナリオだったのでしょうから

そこに罪悪感も何も無いのでしょう。


何でもこの2度目の募集は有名アフィリエイターの

小玉歩さんが率先して売り込む算段になっているらしいです。


何というか、詐欺的な事をする人達のネットワークは根が深いですね。


少なくとも私ならこんな明らかな手口で

消費者を騙している教材を推奨するような事は出来ません。


このような手口の手動はほぼ全て佐藤文昭氏、

小島幹登氏からなる株式会社SKナレッジ側にあるのだと思いますが

そのような行為を許している大西良幸氏にも責任はあると思います。


というのもこの大西良幸氏は私のクライアントの知人で

実は私も少なからず彼の事を知っているのです。


彼自身は人を騙すような人間ではないと思っていますし

私個人としては大西良幸氏の事は買っている部分もあります。


ただ彼が提携したSKナレッジについては

このような明らかな詐欺商法で売上を伸ばしている業者であり、

それは今回の状況を見ても明らかです。


大西良幸氏が本当に優れたノウハウを持ち、

人を稼がせるカリキュラムを確立しているのであれば、

それはそれで素晴らしい事だと思います。


しかしそれをSKナレッジのような

詐欺的な商法を繰り返す業者と提携し、

このような消費者を騙すような手口で売るという行為は

私は全く賛同する事が出来ません。


結局のところ彼等は自分達の利益しか考えていない

消費者からの信用や気持ちなどは一切考慮しない情報販売業者であり、

その業者に販売責任の全てを委託したという事なのです。


私も私自身が監修するビジネスの募集案件を

株式会社イーブックジャパンという情報販売における

総合的なプロモーション会社に委託して公開していますが

このような手口でのプロモーションを進めるというなら

私は断固としてそのような業者との提携はしません。


このような手口で消費者を欺いても先は無いからです。


このような販売手法が自分達を信じてくれたお客さんを

真っ向から裏切っているという認識を何故持てないのか。


もしくはそんな認識を持った上で、

これくらいはいいだろうと甘い認識を持っているのか。


ただでさえ「情報」という不透明なものを売っているにも関わらず、

お客様を裏切らないという当たり前の認識が

この情報業界の起業家達は明らかに欠落している気がします。


そしてその片棒を担ぐアフィリエイターもその傾向があり、

更にその状況を見ても泣き寝入りする消費者も圧倒的に多い。


全ての環境がこの業界をダメにしている気がしますね。


約束した事は守る。


それは人としても当然の事ではないかと思います。


少なくとも私が監修している企画では、

ビジネスモデルや事業の概要を聞いた際、

それが納得できないものであれば

その場で代金の全てをお返しするという約束をしています。


その企画に申し込んでくださった人は

少なくとも私達のその言葉を信じて申し込み、

人によっては遠方からわざわざ足を運んでくれているのです。


勿論、それだけの価値のあるものを提案している自負はありますが

それでもその内容に少しでも納得できず、

100%の確信を持って参加を決意出来るものでなければ

私達は間違いなくその場で代金を返金します。


それが約束だからです。


例えそれがその場限りの関係になってしまうとしても

私達を信じてくれた人を裏切る事は絶対にしません。


更に言えばその場で決断し、参加された方々、

今、私の企画に参加している方々に対しては

更に強い信念を持って「稼がせる」という約束を果たす為、

宮本さんや他のスタッフ一同と共に

全力でこのビジネスモデルの促進に力を入れています。


そんな参加者の方がを裏切るような事は絶対にしません。


起業家として、人として、男として。


その姿勢を貫く事が正しい事であり、

最後には多くの仲間を作り上げていった上で、

本当に価値のあるビジネスを構築できる事に繋がる。


そう考えているからです。


何故か自分の話になってしまいましたが

今回のSKナレッジの愚行。


消費者を欺く詐欺的な商行為は私としては許せません。


この事実を知りながらこのような情報を煽る

アフィリエイター達も同罪だと思いますし、

間接的な知り合いでもある大西良幸氏には

何らかの形でこの事を伝えると共に、

今後のビジネスのやり方を考えてもらいたいと思います。


いずれにせよ今回のアンダーグラウンドアフィリエイトクラブについて、

情報内容、コンテンツ内容以前の問題として

今回のような販売手口に納得がいかないという方からは

現時点でもかなりの相談を受けている状況ですので

「本気で納得がいかない!」と思っている人は

何らかの行動を起こしていくべきだと思います。


こちらに別途、このような商行為における、

法律的な見解や対策などについてを書かせて頂きましたので

よろしければ参考にしてみてください。

>詐欺商材、虚偽広告、高額塾等の情報商材購入代金の返金請求の方法と法律知識。


あなたの行動がこの業界を変える一助になるかもしれませんので。


それでは。


尾島幸仁


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年2月23日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ビジネス講座 情報商材

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ