One day Article Affiliate(猪熊啓一)トレンドアフィリエイト推奨情報商材。

尾島です。


先日、トレンドアフィリエイト講座として、

その方法と戦略等をお伝えしたのですが

そこで推奨する情報商材としてこちらを紹介させて頂きました。

>One day Article Affiliate


以後、こちらの情報商材について、

個別で問い合わせや相談を何通か頂きましたので、

今日はこの情報商材単体に対してのレビューを書き起こしておきます。


尚、トレンドアフィリエイトの基本的な戦略や方法は

前回の下記の記事の中で公開していますので、

実際はこちらの内容だけでも行動を起こす事は普通に可能だと思います。

トレンドアフィリエイトの戦略と方法。


ただあえて推奨する情報商材を購入するメリットなどを含め、

その辺りのポイントなども解説させて頂きます。

One day Article Affiliate(猪熊啓一)レビュー


まず前回のトレンドアフィリエイトの講座記事でも解説した通り、

トレンドアフィリエイトは世間で話題になっている

いわゆる「トレンドキーワード」を狙ってブログやサイトを更新し、

そのキーワード検索で集まってきたアクセスから、

アドセンスや物販アフィリエイトなどの収入を得ていく手法の事を言います。


手法自体は極めてシンプルなものになる為、

トレンドアフィリエイトは「初心者向け」と言われ、

実際にこの手法をアフィリエイトのスタートに選んでいる人は多いです。


初心者向けと言える理由は2つ。


1、本来ネックになるはずの「集客」を簡単に行える事。

2、商品の売り込みなどをしくてもいい事。



トレンドキーワードによる集客は、

トレンドキーワードを狙って記事を更新していけば、

そこそこは普通に集客を図っていく事が出来ます。


これが初心者向けと言われている一番の理由。


またキャッシュポイントをグーグルアドセンスなどに据えれば、

商品や何かの申し込み等を促すような必要も無い為、

自然に広告をクリックしてもらうだけでお金を稼ぐ事が出来ます。


この2つのポイントが「初心者向け」と言われる所以。


確かに「集客」と「売り込み」はネットビジネスにおいて、

誰もが壁を感じてしまう大きな不安要素ですので、

これらが軽減されるというポイントは大きいと思います。


で、今回紹介している「One day Article Affiliate」は、

まさにそのトレンドアフィリエイトを推奨するノウハウで、

キャッシュポイントもグーグルアドセンスが基本になっています。


トレンドアフィリエイトのポイント


まずトレンドアフィリエイトでは「肝」となるポイントが3つあります。


1つはトレンドキーワードの狙い方。


もう1つはそのキーワードを狙った記事の書き方。


そして最後の1つはアフィリエイトリンクの貼り方です。


実際のところ、トレンドアフィリエイトは

この3つのポイントさえきちんと押さえられていれば

それだけでもそこそこは稼ぐ事が出来ます。


結局のところ覚えることやっていく事はこれだけだからです。


・トレンドキーワードの狙い方を覚える

・キーワードを狙った記事の書き方を覚える

・アフィリエイト広告の貼り方を覚える

・ブログを作る

・キーワードをリサーチして記事を書く

・アフィリエイト広告を貼る



実施にこのOne day Article Affiliateは、

この流れの重要なポイントをマニュアル化して、

それを解説してくれている情報商材に過ぎません。


このOne day Article Affiliateに限らず、

トレンドアフィリエイト系の情報商材は大抵そうです。


現にこれ以外に重要なポイントがほとんどないので、

余計な事を綴れば綴るほど初心者向けでは無いものになってしまいます。


いかに技術的なSEO対策や文章の力などを借りず、

淡々とした記事の更新作業で稼げるノウハウを体系化するか。


これが「初心者向け」を謳う、

トレンドアフィリエイト教材の宿命なわけです。


One day Article Affiliateを評価できるポイント


その「初心者向け」という観点で

私はこのOne day Article Affiliateは

かなり的確にそのポイントを押さえていると評価しています。


まあ、既にお話ししたようにトレンドアフィリエイトは

そこに伴う重要なポイントがそう多くは無い為、

「どれもそこまで大差は無い」というのが本音なのですが、

このOne day Article Affiliateはわりと新し目の教材なので、

書いてある情報が他の教材よりも「最新の傾向」にあります。


あと、これまでリリースされてきた

売れ筋のトレンドアフィリエイト商材の内容も

しっかりと意識して重要なポイントは網羅していますから、

そういう点でも他の古株商材より内容は優れていて当たり前なんですね。


価格の方もその辺りを意識していてか安めに設定されています。


それともう1つ評価できるのが、

トレンドキーワードを利用したツイッター集客のノウハウを

しっかりとマニュアル化して付属している点です。


これは他のトレンドアフィリエイト教材には無いポイントでした。


その内容もシンプルで非常に分かりやすいです。


ツイッターのみで完結しても利益を出せるノウハウですし、

ツイッターからブログへの集客を行う事も出来ます。


ツイッターは今後もまだまだ伸びそうですし、

ツイッターで情報を検索するという人も今後は更に増えると思います。


そういう点でツイッターのトレンドキーワード集客という着眼点は

この情報商材のみの大きなポイントではないかと思います。


利用するしないは実践者の自由ですが、

これを学んでおけるメリットは大きいと私は思います。


あと、トレンドアフィリエイト教材として

主に重点を置いているのは下記の2点。


・キーワードの絞り込み方と複合キーワードの見つけ方

・そのキーワードで上位表示を狙える記事の書き方



ここは本当にシンプルな工程でよくまとめられていると思います。


初心者でもシンプルにこなしていける効果的な工程としては、

申し分のない内容になっていると思いますね。


そもそもトレンドキーワードはヤフーニュースや

グーグルトレンドなどを見れば簡単に分かるのですが、

そういうキーワードをただ狙えばいいのかと言えば、

実際のところ、そういうわけではありません。


たぶんそれだと他のブログと競合するので、

そう簡単にはアクセスを集められないと思います。


そこで重要になるのが、

トレンドキーワードに対する「複合キーワード」です。


その複合キーワードをどう絞り込んで狙っていくか。


この辺りは「検索エンジンのみ」を使って

合理的に絞り込みが出来るノウハウになっています。


ここが一番の評価ポイントかもしれませんね。


あとはいかにそれらのキーワードで

上位表示を狙える記事を書いていけるかという点で、

初心者がのみ込み易いレベルで、

キーワードを意識した記事の書き方を3つのポイントでまとめています。


これはSEO対策上の評価は若干分かれるところかもしれませんが、

サクサク記事を書いていけるという点では私はアリだと思います。


SEO対策上、どんな記事の書き方がベストかは、

答えが合ってないようなものなので、

そういうところを考慮するとこの情報の「記事の書き方」は

最低限押さえるべきところはきちんと押さえられる

合理的な記事の書き方をしっかりと体系化出来ていると思います。


まあ、キーワードを記事のタイトルに入れるとか、

本文の何割くらいのキーワードを入れていけばいいとか、

そういう上位表示テクニックですので、

この辺りは幾つかのルールを覚えてしまえば

それをただ淡々と実践していけばいいだけの話です。


いかにライバルの少ないトレンドキーワードを見つけるか。

いかに簡単な記事の書き方で上位表示を狙うか。

いかに報酬に繋がり易い形で広告を貼るか。


この辺りはしっかりと網羅出来ている教材だと思います。


価格も手頃でツイッターマーケティングも学ぶ事が出来る。


そういう総合的な観点で私はトレンドアフィリエイト教材では

このOne day Article Affiliateの方を推奨しています。


セールスレターで謳われているような

1日1記事の投稿で月収40万円という数字は、

かなりキーワードの絞り込みを徹底して、

トレンドブログの運営が相当うまくいかない限り、

そう簡単には達成出来ない数字だと思いますが

その半分くらいは普通に狙えるノウハウです。


この内容なら1日1記事に拘る必要もありませんからね。


1日1記事で月収40万を真に受けるべきではありませんが

トレンドアフィリエイトの教材としては合格ラインです。


まずはこのノウハウで月収10万くらいを目指して、

そこからステップアップしていくのもアリだと思います。


それくらいは一日一記事ペースでも普通にいけるであろうノウハウです。

>One day Article Affiliate


以上、トレンドアフィリエイト系情報商材、

One day Article Affiliateのレビューでした。


それではまた次回。


尾島幸仁


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年2月11日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:情報商材

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ