フェラーリの購入代金は経費になるか。税務署が裁判で負けた判例。

尾島です。


今日はフェラーリやランボルギーニなどの

いわゆるスポーツカーの購入費用を

会社経費として落とせるのかというお話し。


一般的に2ドアのスポーツカーなどは

経費には出来ない、税務署に認められないと言われています。


ただ過去に国税に対する不服審判の裁判で、

一度、税務調査で否認にされたフェラーリの購入費が

経費として認められた判例があるようです。


要するに税務署が認めなかった経費を

裁判所が減価償却費として認めたわけです。


いち企業が税務当局を相手取って裁判に勝ったという判例ですね。


国税に対する不服審判を起こす会社自体が極端に少ないので

意外に裁判にもっていけば勝てる事例もあるのかもしれません。


普通の経営者であれば出来る限り、

税務署や国税との争いは避けようと思ってしまいますから。


ただこれはあくまでも「裁判をしたら勝てた」という判例で、

やはり税務署は基本的にフェラーリ等の

スポーツカーの購入費用は経費としては認めないようです。


このような判例が出た以上は、

税務署側もその判例を踏まえての対応をしてくると思いますが

それでも「基本的に認めない」という方針は変わっていないようですね。


知人の社長はアウディのやはり2ドアの車両だったのですが

一度は経費計上したものの税務調査では否認にされていました。


やはり最終的には個人の趣味による嗜好品だと指摘されたようです。


フェラーリを業務に使っているという根拠や

それがフェラーリでなければならない理由を明確に出来ない限り、

やはりスポーツカーの購入費を経費で落とすのは難しいみたいです。。


実際、その理由を明確にするのは難しいでしょう。


フェラーリを経費に認めさせた社長さんが

裁判でそこをどう理由付けして立証したのかはわかりませんが

移動用にせよ、送迎用にせよ、接待用にせよ、

2シートが基本のフェラーリやランボルギーニなどを

あえて業務用に使う理由というのはほぼ皆無だと思います。


ただこれがベンツやベントレーやロールスロイスなどなら

普通にそれらしい理由を立てられます。


現に私もロールスロイス・ファントムを購入して、

その購入費用2000万円程の全額を経費で落としました。

ロールスロイスファントム


ただこれは私自身が実際にVIPな方々との付き合いがあり、

それが仕事上の付き合いでもあった為、

その送迎などに使っていたというのが実情でした。


それだけの人達を送迎するわけですから。

それはロールスロイスクラスの高級車である必要があったわけです。


あと、私自身が免許を持っていないというのもポイントだったと思います。


少なくとも「趣味」や「嗜好品」として

ローロスロイスを購入する理由は無かった事になります。


自分で運転出来ないんですから(笑)


当然、車を運転してもらう為の運転手も雇っていましたし

その運転手の人件費もかかっている以上、

これが経費として認められない訳がありません。


更に付け加えておくと税務署には後々うるさい事を言われないように、

いつ、誰を、どこに送迎したか、などもきちんと記録して、

いかにその車両を仕事上の業務に利用していたかも

きちんと明確に出来るようにしていました。


フェラーリを経費に認めさせた社長さんも

これくらいの「理由付け」が出来る、

何らかの資料を裁判所に提出したんでしょうね。


ただこの社長さん。


フェラーリの裁判と一緒に3000万円ほどのボートの方も

経費に認めさせる裁判を起こしていたみたいです。


さすがにそちらは棄却されたみたいですが。


いずれにしても高級車等を経費にする際は

事前にそれを経費として認めさせる為の理由付けや

その理由の裏付けになる資料を作っておいた方がいいと思います。


いざ経費として認められなかった場合、

裁判を起こすのにも弁護士費用等のお金も手間もかかりますし、

それも100%勝てるかはわかりませんから。


そういう意味でも高級車を会社経費で購入したい場合は

4ドアの車両を購入する事をお勧めします。


どうしても2ドアのスポーツカーがいいという場合は

自費で購入するか税務署とモメる覚悟で経費にしてください。


それだけの余裕がある状態でなければ辞めた方がいいです。


高級車好きへのちょっとした経営&経理アドバイスでした。

ネットビジネスの税務知識


法人収益1億5000万円に対する納税額

役員報酬は幾らに設定するべきか

福利厚生費・会議費・接待交際費の仕訳

地代家賃の経費計上

車の経費計上

衣類、時計、アクセサリー類は経費に出来るか

保険加入による節税

小規模企業共済による節税


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月5日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:税金

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ