仮想通貨、ビットコインで稼ぐ、儲ける事の危険とリスク。

尾島です。


巷ではビットコインを始めとする仮想通貨が話題のようで、

私の周りでも、有名どころの仮想通貨を

ビットコインを中心に買っている人が増えています。


今日はそんな仮想通貨の運用等で稼ぐ事について、

そして、そのリスク、危険についてを言及してみたいと思います。

仮想通貨、ビットコインで稼ぐ、儲ける事の危険とリスク。


ビットコインを始めとする仮想通貨の危険やリスクなどは、

それらが世に出始めた頃から言われていました。


ですが、その危険やリスクといったものの見方は

その年月の経過で安心され始めている部分もあるように思えます。


それこそ以前は、その存在そのものに対して根本的な不信感があり、

その不信感から手を出していなかった人も多かったと思うんです。


ただ、今は新興の仮想通貨はともかくとして、

ビットコインなどの有名どころの仮想通貨に関しては、

その存在そのものに対しての根本的な不信感は、

ほぼ無くなっているのが実状です。


もちろん、その値上り、値下がりのリスクや危険はありますが、

その存在自体を根本的に危険視している人はほぼいなくなっています。


つまり、ここに来てビットコインなどの有名どころの仮想通貨は、

資産運用(投資)の対象として確立された状況に等しく、

ある意味では今がその「スタートライン」と言えなくもありません。


これからもまだまだ値段が上がっていく可能性、

その余地は現実的に考えて「十分にある」という事です。


ですが、その「スタートライン」に等しい今の時期こそが、

もっとも「過度期」にある可能性もゼロでは無いんです。


現に今、ビットコインなどを初めとする仮想通貨が

とにかく話題であり、今はネットやスマホの普及も手伝って、

その情報、話題の拡散のスピードが半端じゃありません。


故に、このスタートラインこそが最も大きな沸騰段階であり、

今の相場がほぼピークに等しい可能性も否定できないわけです。


要するに今後の相場の動向はやはり「分からない」という事であり、

分からないので、私は以前も今も仮想通貨には手を出していません。


そして、おそらく今後も手を出す事は無いと思います。


営利を得るべくして得る事を前提に資産を運用するなら、

分からないものには手を出すべきではないですし、

それを知るための時間と労力を費やそうと思うほど、

そのフォールドで稼ぐ事に私自身、興味も無いからです。


分からないものには手を出さない。


基本原則として資産運用、投資の世界に「絶対」はありません。


株にせよ、為替にせよ、そして仮想通貨にせよ、

その「相場」は結局のところ需要と供給で決まりますので、

それを欲しがる人が多くいれば相場は上がっていきますし、

その逆の現象が起きれば、相場は下がっていきます。


つまり、相場は「人」とその「心理」が作るものであり、

そうである以上、確実、絶対と言えるものは存在しないわけです。


故に、どんなに稼いでいる投資家、トレーダーも

100戦100勝、100%の確率で稼ぐ事は出来ていません。


どんなに実績と経験を積んでいる投資家、トレーダーも、

時に意に反した値動きをする相場に直面しているんです。


ですが、それが人とその心理によって作られるものである以上、

その勝率を高めていく事ができないわけではありません。


要するに、そのロジック、成り立ちを理解し、

その理解に準じて的確に相場の判断を出来るかどうか。


これが資産運用、投資と呼ばれるもので、

稼ぐべくして稼いでいけるかどうかのポイントになります。


逆にそのようなロジック、成り立ちを理解できていない人、

その理解を誤っている人は仮に稼ぐ事が出来ているとしても、

それは運によって偶然の稼ぎを拾えているに過ぎません。


その点で、今の仮想通貨において言えば、

そのロジック、成り立ちをしっかりと理解した上で、

稼ぐべくして稼いでいる人は本当に一握りであり、

大多数の人はビギナーズラックで稼いでいるだけだと思います。


それこそ、ビットコインが今ほど高騰していなかった頃に購入し、

それが結果的に大きな利益を手にする事に繋がったという人は、

それは運によって偶然の稼ぎを手に出来ただけの状況なんです。


そんな人達の話に乗せられて、今のような時期に、

そのロジックも成り立ちも理解しないまま、

流行りに乗って仮想通貨を買い込むような行為は、

勝率50%のギャンブルにお金を出しているようなものです。


少なくとも、私はそうとしか思えませんので、

そのような「ギャンブル」にお金は出さないというスタンスです。


そして、いつの世もこのような時期に本当に大きな「利」を得るのは、

その「情報」を売るような人達や、そのためのサービスを提供する人達で、

多くの人はそういう人達の情報にただ踊らされて右往左往させられます。


その「右往左往」によって、情報やサービスを提供する人達は、

今後の仮想通貨の相場がどうなろうと莫大な利益を手中に出来るわけです。


ですので、今、多くの人のもとに届けられているような「情報」の多くは、


・仮想通貨を買う人が増える事で儲かる仕組みを確立している人達

・そういった情報を提供していく事で利を得ようとしている人達



このような人達が、自らの利益を増やすために流している、

彼等にとって都合の良い情報だという事は

少なからず頭の片隅に入れておいた方がいいと思います。


あるいは自分もそっち側に回る事を考えた方が、

より確実に大きな利益を得られる余地があるのが実状です。


まさに仕掛けられる側ではなく仕掛ける側に回るわけですね。


少なくとも、今は誰もがそういう立場になれるだけの環境が、

誰もに与えられているのが実状だと思いますので、

あとはそこに気付いて知恵を絞れるかどうかと思います。


このような「今がチャンス!」と言わんばかりの、

新手のお金儲けの選択肢が情報として回ってきた時、

賢い人はそういうモノの見方をするものだという事です。


少なくとも、私は仕掛ける側のビジネスをしている人間ですし、

そういう人達のマーケティング等をお手伝いして稼いでいる人間なので、


「確実に利益を生み出せる術とその選択肢」


が目の前に見えている以上、そうではないものに

あえてリスクと危険を背負ってお金を投じようとは思えません。


それが、ここ最近の仮想通貨フィーバーに対しての私の率直な考えです。


その「相場」も含めて仮想通貨の今後の動向は、


「分からない」


というのが率直なところですし、

私としては、そこにさして興味もありませんので、

それを知りたかったという人には無意味な話に聞こえたかもしれません。


ですが、ここでどこの誰がビットコインや仮想通貨の相場動向を

どのように予測していたとしても、それが当たる可能性も

結局のところは「分からない」のが実状だと思います。


何より、そのような情報こそが私がここで述べた、


・仮想通貨を買う人が増える事で儲かる仕組みを確立している人達

・そういった情報を提供していく事で利を得ようとしている人達



このような人達が発しているものかもしれませんし、

こういう人達の情報に影響された人の情報でしかないかもしれません。


そんなアテになるかどうかも分からない話よりは、

ここで私がお伝えした事の方がよほどあなたにとって、

それを大きな「価値」に変換できるものだったんじゃないかと思います。


まあ、私の話をどう受け取ってどう価値に変換するかも、

結局のところは、他でもないあなた次第ですけどね。


ただ、ここでお伝えした事は仮想通貨に限る話ではありませんので、

今後のあらうる物事の情報の判断に活かしてください。


以上、今話題のビットコインを始めとする仮想通貨についての話でした。


是非、参考にして頂ければ幸いです。


尾島


コンテンツ一覧


>仮想通貨、ビットコインの自動売買ツールにご用心!

>ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年10月23日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:仮想通貨

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ