成功者のモチベーションアップとその維持方法とは。

尾島です。


前回、ビジネスにおけるマインドセットについての講義として


・モチベーションを上げるという事の本質

・モチベーションが下がってしまう事の本質



をそれぞれ言及させて頂きました。

>モチベーションの正体、その本質とは。


そんな前回の講義で言及したモチベーションの正体、本質を踏まえて、


「成功者」


と呼ばれる人達がどう「モチベーション」と向き合っているのか。


そして、そのような人達はモチベーションアップをどう図り、

そのモチベーションをどのように維持し続けているのか。


今回はそんな「成功者のマインドセット」について講義していきます。

成功者のモチベーションアップとその維持方法とは。


前回の講義では多くの人に共通して見られる

モチベーションを高めるものとして、


・自分が望むような未来像のイメージ

・そのイメージを実現できる可能性への期待

・そのイメージに近付いている実感



この3つの要因を挙げた上で「モチベーション」は基本原則として、


「自分が望む未来像のイメージ = 明確な願望や目標」


が見えた状況生まれるものである事をお伝えしました。


多くの人の「モチベーションの原点」はあくまでも


「今よりもいい生活をしたい。」

「もっと幸せになりたい。」



といった誰もが抱いている「潜在的な願望」であり

その願望を実現していく現実的な「イメージ」こそが、


「モチベーション」


と呼ばれるものを生み出していくわけです。


それが言わば、先立つ「行動」そのものを

まず引き出していく「動機」となるものであり、

そこで何らかの「行動」を起こしていった段階においては、


「その行動に対して目に見える結果」


が出ていくごとに更にモチベーションが高まっていく事になります。


つまり「モチベーション」と呼ばれるものが生まれ、

そしてそれが高まっていくロジックは、


・モチベーションを生み出すもの

 ⇒ 自分が望むような未来像のイメージ


・モチベーションを高めるもの

 ⇒ そのイメージを実現できる可能性への期待


・更にモチベーションを向上させるもの

 ⇒ そのイメージに近付いている実感


上記のように捉える事が出来るという事です。


ただ、モチベーションそのものを生み出す


「自分が望むような未来像のイメージ」


にあたる「願望」や「目標」を描く事は容易に出来ても、

そのイメージを実現できる可能性への期待は、時に、


「自分にはやはり無理なのではないか」


といったマイナス方向に向いてしまう事もあるはずです。


また「そのイメージに近付いている実感」についても、

実際に何らかの「結果」を出せない事には、

当然ながら、その「実感」を得ていく事も出来ません。


つまり、


・描いたイメージ(願望)を実現できる可能性への期待

・描いたイメージ(理想)に近付いている実感



この2つの要素は必ずしもプラス方向に作用するものではなく、

時に、モチベーションを下げる要因にもなってしまうという事であり、


・描いたイメージ(願望)を実現できない可能性(恐れ)

・描いたイメージ(理想)に近付いている実感が無い状況


これらが多くの人に共通して言える、

モチベーションが下がってしまう要因であるという事です。


そして、実際に多くの人がこれらの要因から

行動の意欲(=モチベーション)を下げてしまい

物事を断念し、挫折している傾向にあります。


では逆に物事を成し遂げて「成功」を手にしている人達は、

これらの要因とどう向き合い、モチベーションを維持しているのか。


どんなに絶望的な壁にぶつかり、また、結果が出なくても、

常にそこに可能性を感じているからこそ続けられているのか。


もしくは実際に可能性を感じられなくなり、

モチベーションが下がっても歯を食いしばって続けているのか。


それとも、そもそもそのような壁にはぶつからず、

また順調に結果を出せる人だけが成功しているのか、、、。


率直に言えば上記に挙げた全てが「正解」であり、

成功者の中にはいずれのパターンに該当する人もいると思います。


どんな壁にぶつかっても常に可能性を信じて行動し続けた人。

どんなに可能性を感じられなくなっても行動を続けた人。

一切、壁にもぶつからず順調に結果だけを出し続けた人。


成功者には、このいずれに該当する人も存在するという事です。


ですが、その「比率」はともかくとして、


「多くの人がそれを見習える余地があるもの」


という点では、


・どんなに可能性を感じられなくなっても行動を続ける事

・一切、壁にもぶつからず順調に結果だけを出し続ける事



この2つは個人の「精神力」や「センス」に左右されるものであり、

可能性を一切感じられない状況で行動し続ける事や、

一切、壁にもぶつからず順調に結果だけを出し続ける事は、

よほどの心の強さや卓越したセンスが無い限り不可能だと思います。


むしろ、そのレベルの精神力、センスを持っている人であれば、

強いてモチベーションとの向き合い方を考える必要もないはずです。


つまり、このような「消去法」で捉える限りでも、

人並みの精神力と人並みの能力で物事を成し遂げていく為の

然るべき「モチベーションとの向き合い方」は、


『どんな壁にぶつかっても常に可能性を信じて行動し続ける事』


に他ならないという事です。


常に可能性を信じて行動し続ける為に。


では、一体どうすれば、常に「可能性」を信じ続けられるのか。


どんなに大きな壁にぶつかってしまっても、

どんなに結果がなかなか出ない時もその可能性を捨てる事なく

その「モチベーション」を保ち続けるにはどうすればいいのか。


その「答え」を突き詰めていった先は結局のところ、


「自身の行動の先に結果を見出す事が出来るか」

「その行動の先に成功のイメージを描けるか」



といったものに行き着きます。


そのようなイメージこそが「可能性」に他ならないからです。


そして、そのようなイメージを自身の行動の先に描くには、

まずは、自分自身の行動そのものに「確信」を抱く必要があり、


「自分が今、行っている事に決して間違いは無い」

「今、自分が取っている行動は間違いなく正しいものである」



という「自信」や「確信」を持つ事であると言えます。


ただ、そのような自信や確信は一方的な「思い込み」では、

もろく、崩れやすいものしか抱く事が出来ませんので、

実際に行動を起こしていく前段階においては、必要最低限、


・どのような行動を起こしていく事が成果に繋がるのか

・成果を上げる為にしなければならない事は何なのか

・そのためにはどのような弊害が考えられるのか

・どれくらいの時間と労力を要するのか



といったものをしっかりと情報収集して「勉強」するべきであり、

まずは相応の「知識」をしっかりと吸収していった上で、


「こうすれば成果を上げられるに違いない」


というレベルの「確信」を持てるようなイメージと共に


「これくらいの努力はしなければならない」

「これくらいの時間と労力は想定しなければならない」


といった、ある程度の「弊害」を想定した現実的な道筋も、

まずは「理論上」でも最低限は打ち立てられるようにしてください。


つまり、自分自身の行動の先に可能性を見据えられるかどうかは、

その行動を起こす前段階の「情報収集」や「知識補充」が重要であり、

十分な情報収集、知識補充を行う事が出来れば、少なくとも、


・どのような行動を起こしていく事が成果に繋がるのか

・成果を上げる為にしなければならない事は何なのか



といった「確信を伴う行動の指標」は打ち立てる事が出来ます。


また、その情報収集や知識補充を十分に行えていれば、

自分自身が現実的にその物事を成し遂げられるかどうかや、

どれくらいの意識やペースで行動していく必要があるのかも、

その時点である程度は判断できる事になります。


そのような「確信を伴う行動の指標」に沿った行動であれば、

少なからず、その行動の先に結果を見出していく事や、

その行動の先に「成功のイメージ」を描ける事になるため、


『常に可能性を信じて行動し続ける事』


が可能になるという事です。


実際に何らかの物事に挫折していくような人の多くは、


・自分自身の行動そのものに確信を持てなくなった時

・その行動そのものに「行き詰り」を感じた時



などにモチベーションが著しく下げる傾向にありますが、

そもそもそのような状況に至ってしまうのは、

明らかに先立つ情報収集や知識補充が不足しているためであり、

そのような状態で見切り発車な行動を取っていった人ほど、


・本当に結果が出るのか不安になってしまう

・全く想定していなかった壁にぶつかってしまう

・思っていた以上の大変さに難しさを感じてしまう



という状況に陥り、一気にモチベーションを下げてしまっているのです。


だからこそ、先立つ段階でしっかりと情報収集と知識補充を重ね、


・どのような行動を起こしていく事が成果に繋がるのか

・成果を上げる為にしなければならない事は何なのか

・そのためにはどのような弊害が考えられるのか

・どれくらいの時間と労力を要するのか



といったものを事前に見据えていく必要があり

これらを折り込んでいった上での「行動」は

しっかりと「継続」できる可能性が高くなります。


つまり、その際の「モチベーション」の裏付けとなるものは、

相応の情報収集や知識補充を経た上で指し示した「行動指標」であり、

その行動指標の先に見据えた「イメージ」に他ならないという事です。


モチベーションの裏付けは「確信を伴う行動指標」から。


そしてその際の先立つ「情報収集」や「知識補充」は、

今はインターネットのみを利用しても十分な情報や知識が

いくらでも入手できてしまう時代になってはいますが、


「確固たる成功イメージを抱けるような行動指標」


を絶対的な「確信」と共に抱いていく方法の1つとしては、


『信頼に値する成功者(第一人者)に教示を求める』


という方法が挙げられます。


もし、そのような信頼を置ける人物(成功者)が身近にいるなら、


「成功へのイメージ」

「行動への確信」



など、その人物の成果がそのまま「裏付け」となるため、

やはり、そのような人物から直に教示を受けていくのが一番です。


そういう意味では、場合によってその分野の成功者から直に

教示やサポート、コンサルティングなどを受けられる


「情報商材」


などは、考えようによっては非常に価値があるものと言えますが、

やはり情報商材を介して特定の人物から教えを乞う場合は、


「その人物が本物か(実績があるか)どうか」

「その人物が本当に信頼できるかどうか」



を見極めていく必要があります。


インターネットを介して「成功者」を装うのは容易であり、

また、実際に成功者であっても、根本としてその人物が


「信頼するに値しない人物」


であるようなら、やはり教えを乞うには値しません。


そんな今回の講義内容を踏まえた上で、次回は


「確固たる成功イメージを抱けるような行動指標」


を自分の中に作り出す為の情報収集、知識補充の方法や

信頼に値する成功者を見分ける基準について講義したいと思います。


よろしければ、またお付き合いください。


尾島


関連講座一覧


>ビジネスで成功するためのマインドセットの意味と重要性。

>モチベーションの正体、その本質とは。


コンテンツ一覧


>ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月26日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マインドセット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ