下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~(バナナデスク)評価と総括。

尾島です。


今日は「アフィリエイト系の情報商材」としては、

指折りの販売実績と知名度を誇っている、

こちらのトレンドアフィリエイト教材を取り上げておきます。


下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~
http://gekokujo-mugen.info/


販売開始からは既に4年以上が経過している教材ですが、

度重なる「リニューアル」を行っていく事で、

今現在も主要ASPの売上ランキングに度々名前が出てきています。


ただ、それだけの期間、販売を行っているだけあって、

ネット上の評判も「賛否」の両方が出揃っている状況ですので、

今日はその「賛否」の評価を客観的に総括しつつ、

私なりの「批評」もそこに併せて行っていきたいと思います。

下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~評価と総括。


まず、この「下克上∞MUGEN~」の教材名を

そのままグーグルで検索してみた際の上位表示サイト、

それぞれの評価は、この記事を書いた


2016年7月20日現在


の検索結果で以下のような感じでした。


・批判的な評価:3件(30%)

・どちらとも言えない評価:2件(20%)

・肯定的な評価:5件(50%)



尚、基本的にグーグルはその検索キーワードに対して


「信憑性が高いと判断しているサイトを上位に表示している」


というのがその「傾向」として言えるところですので、

検索時に上位に出てくるサイトの情報は、


「それなりに信憑性が高い」


という判断で見ていって問題ありません。


その上で「50%が肯定的な評価」に対して、

「批判的な評価が30%」という数字は、

さすがロングヒットを記録している教材だけあって、

全体的には「高評価寄りの評判」である事が分かります。


ただ、このような「高評価寄りの評判の教材」こそ、

少数派の「批判的な評価とその意見」を見据えていくべきですので、

まずはその「批判的な意見」から取り上げていきたいと思います。


下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~の批判意見


まずこの「下克上∞MUGEN~」が主としている手法は、


「トレンドアフィリエイト」


と呼ばれる、世間的に話題になっているネタ、キーワードを狙って、

そのネタ、キーワードに沿った「トレンド記事」を書き、

そのキーワードで検索してくる人を集客して、

アドセンス等の広告収入に繋げていくという手法です。


この手法のメリットは、常にリアルタイムなネタを扱う為、

いち早くそのネタを取り上げて記事を書けば、

わりと容易に多くのアクセスを集められるという点で、

多くの人がアフィリエイトで躓く傾向にある、


「集客のハードル」


をわりと簡単にクリア出来るところが挙げられます。


対してその「デメリット」は、そのメリットの「裏返し」的なもので、

常にリアルタイムなトレンドネタを狙っていく必要がある点から、

そのネタ収集と記事更新をひたすら継続しなければならないところです。


そして、そのような「トレンドネタ」は話題性が無くなると、

ほぼアクセスを集められなくなる傾向にある為、

常に新たなネタ収集と記事更新を継続していかない事には、

すぐにアクセスと収益が落ち込んでしまう事になります。


要するに、そのメリットとデメリットが表裏一体であり、

初心者にとって高いハードルである「集客の壁」を、

そのリアルタイム性を重視する労力とその継続力でカバーするような、

そういうイメージのアフィリエイトノウハウだと捉えてください。


その上で、この「下克上∞MUGEN~」を批判している人が、

その「批判の理由」として挙げていた意見の1つが以下になります。


・下剋上による成功者よりも、挫折者の方が圧倒的に多い
・そもそもトレンドアフィリエイト自体があまり推奨できない
・バナナデスクさんが個人的に苦手


まず「成功者よりも、挫折者の方が圧倒的に多い」という点は、

旧「下克上」から12000本という販売本数を考慮する限り、

紛れも無い「事実」「現実」であるものと考えられます。


現実として、この「下克上∞MUGEN~」を推奨しているアフィリエイター、

そのようなブログを運営している人はたくさんいますが、

実際に「下克上」のノウハウを忠実に実践して稼いでいるブログは、

この「下克上」を推奨しているブログほど多くはありません。


要するにこの「下克上∞MUGEN~」を推奨している人自体が、

とくに「下克上」のノウハウで稼いでいるわけではなく、

あくまでも「情報商材として推奨しているだけ」なのが現実なのです。


これは「下克上∞MUGEN~」を推奨しているアフィリエイターの

約8~9割くらいは「ただ推奨しているだけ」の状況であり、

実際に「下克上」のノウハウでブログを運営し、

稼いでいるという人は本当にごく少数に限られます。


実践者のブログより推奨しているだけのブログの方が圧倒的に多い。


これが1つの現実であり、12000人もの購入者のうち

その90%以上「稼げていない」というのが現実だと思います。


少なくとも「下克上」のノウハウのみを忠実に実践し、

更新が続いているようなブログは、ネット上を見て回っても、

1200個以上もあるとは到底思えませんので。


ただ、ここまで「下克上」で稼げていない人が多発している要因は、

教材内容、ノウハウの内容以前の問題も大きいところがあり、

現状の「下克上∞MUGEN~」にリニューアルされてからは、

そのセールスレターも併せて一新されたものの、


「以前のセールスレターはあまりにも誇大広告が酷過ぎた」


というところが大きい要因として挙げられると思います。


言わば、その誇大広告にのせられて、

明らかに「レベルに見合わないような人」などが

完全に低い意識のまま「買わされていった」わけです。


更にそれを売り煽るアフィリエイターの人達がそこに拍車をかけ、

結果的に「稼げない購入者」が続出していったという事です。


ですので、私の個人的な見解としては、

稼げなかった人が圧倒的に多いのは事実であるものの、


『その比率ほど、教材内容自体はそこまで粗悪なものではない』


というのが、率直なところかと思います。


客観的にその「稼がなかった人の比率」のみを捉えるなら、

どう考えても評価できるような教材ではないと思いますが、

そこは「過去のセールスレター等がもたらした失態」なのが現実であり、

教材内容のみを評価するなら「そこまで酷いものではない」という事です。


ただ、この「下克上」を批判的に評価する人の意見では、

このような意見も多く上がっている傾向にあります。


トレンドアフィリエイト自体をあまり推奨できない


先ほど解説した「トレンドアフィリエイト」という手法自体を、

根本的に推奨出来ないという意見ですね。


これはどちらかと言えば、私も「賛同」するところで、

先ほど挙げたメリット、デメリットを踏まえると、

私もこのトレンドアフィリエイトという手法は、、

全く持って合理性があるノウハウだとは思いません。


「限りなく肉体労働に近いアフィリエイト」


これが私のトレンドアフィリエイトの捉え方であり、

事実、アフィリエイトというビジネスの可能性や合理性の多くを

そのまま水に流してしまっているような戦略だと思います。


ただ、初心者の人が最初の取っ掛かりとして始める上では、

その選択肢の1つとしてはありかな・・・というくらいです。


とは言え、私自身がネットビジネス駆け出しの頃に、

このようなトレンドアフィリエイトを実際にやったのかと言えば、

全くもってこのような手法に手を出した事はありませんし、

今、初心者時代にタイムスリップしたとしても、まずやりません。


理由は「限り無く肉体労働に近いアフィリエイトだから」です。


基本的にトレンドアフィリエイトは、

日々の労力が右から左に流れていくだけで、

いつまでたっても「資産の構築」にはならない為、

アフィリエイトとしての「合理性」が全くありません。


初心者にとっては取り組み易く「多少の結果」なら、

わりと簡単に出せる傾向にはあると思いますが、

これをやるなら他のビジネスをやっても、

似たような労力で似たような収入は幾らでも稼げます。


そういう意味では「面白味」がなく「つまらない」のが、

このトレンドアフィリエイトという手法の特徴であり、

アフィリエイトというビジネスの「それ以上の可能性」を

既に認識している私としては、やはり「合理性を感じない」わけです。


勿論、考え方は人それぞれですが、

トレンドアフィリエイトへの個人的な見解はそういう感じですね。


あとはこのような意見も出てきました。


バナナデスクさんが個人的に苦手


これは以前の下克上のセールスレターにも言えたところですが、

この下克上の販売者であるバナナデスクさんという方は、

少々、情報商材の「売り方」が汚いところがあります。


これはセールスレターだけではなく、

プロモーション部分や販売者の姿勢なども含めて、ですね。


下克上という教材自体の評判が非常に良い反面、

その販売者であるバナナデスクさん個人の評価は

正直言って、あまり良くありません。


下克上を推奨しているようなアフィリエイターでも、

バナナデスクさん個人に対しては批判的な人も多い傾向にあるくらいです。


これは、バナナデスクさんがこれまで行ってきた

やや「姑息」な販売手法が原因になっているものと考えられますが、

確かにちょっと「やり過ぎ」なところがある販売者さんです。


まあ、下克上のセールスレターに関して言えば、以前は


「1日1記事のブログ投稿で月収50万円を稼げる」


というような、とんでもない誇大広告を掲げていましたが、

この辺りはリニューアルで、かなり改善されました。


さすがに本人も「誇大広告が過ぎる」と思ったのかもしれません。


あとは、この「リニューアル」に対してこんな意見も。


動画の方が学びやすい(実践しやすい)という人にはいいかもしれませんが「テキスト形式のマニュアルの方がいい」という人には残念なリニューアルになりました。


私も基本的に「動画よりテキスト派」なので、

現状の「下克上∞MUGEN~」は全てが動画マニュアルになった点が、

個人的には「リニューアルでマイナスになったポイント」と捉えてます。


しかも私的には明らかに「不要」としか思えない、

明らかに「無駄なコンテンツ」も大量に動画で追加された為、

下手に1つ1つをしっかりと視聴してしまうと、

逆に要点が分からなくなる可能性が高い気がしてなりません。


当初の「下克上」は本当にシンプルなテキストマニュアルで、

要点が明確で分かり易いところがポイントだったのですが、

そこが今は逆の方向にいってしまった印象があります。


その頃から購入しているような人にとっては、

追加で新たなコンテンツを提供してもらえた形になりますが、

これから購入するような人にとっては単純に要点が分かりにくく、

明らかに「コンテンツの過剰提供」になってしまっている気がしますね。


あとは、こんな意見も出て来ていました。


世間の「下克上」の評判、評価は明らかに「過大評価」だと思う


これは私もそう思います。


ただ、その要因は明白で「下克上」は、

販売価格に対して88%の高額報酬が付いている為、

アフィリエイターとしてはこれほど条件の良い教材は無いんです。


内容もそこまで「悪くは無い」ですし、

検索エンジン(グーグル)がアップデートされるまでは、

トレンドアフィリエイトが比較的、稼ぎ易い時期もありましたので、

「下克上」は丁度、そのトレンドにハマったところもあると思います。


要するに、その頃の評判が未だに続いているという感じでしょうか。


ですが、今は検索エンジン(グーグル)のアップデートがあり、

明らかにトレンドアフィリエイト自体が稼ぎにくくなっています。

一応、そこも含めて「下克上」の方も相応のリニューアルをしていますが、

「販売当初の評判」に対しては、明らかに今は状況が変わっています。


それこそ以前は「薄い記事」でもトレンドを狙って、

最低限のポイントを押さえた記事を書いていれば

実際に記事が上位表示されてアクセスが来る傾向にありましたが

検索エンジン(グーグル)のアップデートでその状況は一変しました。


そこに併せて「下克上」もリニューアルを重ねてますが

以前よりトレンドアフィリエイト自体が稼ぎにくくなった点は否めません。


今現在、下克上の実践者と思わしきブログが

ほとんど更新されなくなっているのも、そこが大きな要因だと思います。


ですので、下克上は「過去の評判」に依存しているところが大きく

高額な報酬欲しさにそこに便乗している評価も非常に多いので、

その「評価」「評判」はあくまでもその前提で見ていくようにしてください。


ちなみにそんな


トレンドアフィリエイトの現実

トレンドアフィリエイト教材の現実


を的確に突いていると思うのが

井上太一さんというアフィリエイターさんが

この「下克上∞MUGEN~」を取り上げているこちらの記事です。


下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~のレビュー


下克上∞MUGEN~そのものの評価は、

そこまで肯定も否定もしていない印象ですが、

トレンドアフィリエイトそのものに対しての見解は

これ以上無いほど、見事に的を得たものを示していると思いました。


その辺りの現実に興味があれば、一読しておく事をお勧めします。


下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~の肯定意見


対して「下克上∞MUGEN~」への肯定意見は、

全般的に肯定、推奨しているスタンスのブログが多いわりに、

あまり具体的な肯定意見がそこまで見られない傾向にあります。


とにかく「良い教材である事」をふんわりと強調しているか

そのボリュームやサポート体制などの「外堀」部分を

しきりとにアピールしている以下のようなものが大半でした。


下克上∞(MUGEN)はこれまでの実践者の声を取り込んで、
教材本編を大幅に改訂している。

コンテンツが山盛り。

・動画とPDF資料で確実に理解を深める
・実際に実践しているサイトをチェックする
・わからないことがあればQ&Aやサポートで解決する

この繰り返しで、初心者でも稼ぎやすい


その肯定意見は上記のようなものがその大半を占め、

いずれも見ても「具体的な内容」を言及しているサイトは少なく、

大半の人は「トレンドアフィリエイト」という手法自体を取り上げ、

その優位性やメリットの方を追及している傾向にあります。


その上で「自身が提供する特典」の方を

全面的にアピールしているような傾向にありますね。


ただ、その中にあったこちらの意見は、

私も「まさにその通り」と思えるものでした。


「下克上」で稼げない人はメディアを構築するという意識が足りていない


「下克上」を実践して稼げていない人が大半を占める理由は、

既に先程もお伝えした通りなのですが、

結局のところ、その要因はここに行き付きます。


ですが、そこに行き付いてしまうのは、そもそもの前提として、

この「下克上」がそういうようなニュアンスのセールスレターで

これまで、散々と「売られ続けていたから」に他なりません。


あたかも、そこまで高い意識でメディアを構築しなくても、

いとも簡単に稼げるかのような謳い文句を並べて、

そういう意識の購入者を量産してきたが故の状況なわけです。


確かに以前はそれでも多少は稼げたのかもしれませんが、

そこは先ほどもお伝えした通り、

グーグルのアップデートによる検索エンジンの進化で、


「質の伴わないコンテンツ(メディア)」


は、根本的に検索エンジンに評価されなくなってきました。


故に、今はただトレンドキーワードを狙って、

小手先のポイントを押さえた記事を書くだけでは、

到底、アクセスを集めていく事が出来ないわけです。


少なくとも、それなりのメディアを作り意識を持たない限り、

今はトレンドアフィリエイトでも稼ぐのは難しくなっているんですね。


下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~評判のまとめ


以上、この「下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~r」は、

商品名キーワードでの検索結果上位1ページ目の評判比率は、


・批判的な評価:3件(30%)

・どちらとも言えない評価:2件(20%)

・肯定的な評価:5件(50%)



という感じですが、批判的な意見は


「過去の誇大広告に対しての批判」

「トレンドアフィリエイトという手法への批判」

「販売者バナナデスクさん個人への批判」



とったものが大半であり、

教材内容そのものをそこまで批判的に見ている人は少なく、


「トレンドアフィリエイトの教材」


としては一定の評価を全般的に得ているという感じでした。


逆に肯定的な意見を示している方は、


「コンテンツのボリュームや体制への評価」

「トレンドアフィリエイトという手法への評価」



がその大半を占めているという印象であり、

肝心な内容をそこまで具体的に言及している意見は少なく、


「無難に褒めやすいところを褒めている」


という印象が否めませんでした。


ただ、このような肯定意見を出している人全般に言える点として、

結局のところそのような人達もこの「下克上」を内容を実践し、

トレンドアフィリエイトで稼いでいるわけではないという点です。


この「「下克上∞MUGEN」を売り込んでいるという時点で、

その人の主軸は「情報商材のアフィリエイト」ですからね。


事実、情報商材のアフィリエイトをしている人からすれば、

この「下克上∞MUGEN~」という教材は、

アフィリエイト報酬や世間的な評判、内容的にも

無難に推奨しやすい情報商材なのが現実です。


トレンドアフィリエイトの教材としての完成度は、

決して低いものではありませんし、

他の同ジャンルの情報商材と比較しても、


「推奨しておくなら、ひとまず下克上。」


という判断に至るのも、決して分からなくはありません。


ただ、大半のアフィリエイターの肯定意見、評価はその範囲のものですので、

最終的にこの下克上∞MUGEN~を購入するべきかどうかは、

あまりそのような評価等は気にせず、客観的に


「トレンドアフィリエイトという手法を自分がどう捉えるか」


で判断した方がいいと思います。


そこに可能性やメリットを強く感じるようであれば、

トレンドアフィリエイトの教材というくくりの中で言えば、

この下克上∞MUGEN~は十分に合格ラインに入る教材だと思いますので、


「トレンドアフィリエイトと言えど、しっかりとしたメディアを作る意識」


を前提として購入して取り組むのであればアリだと思います。


ただ、そこまでのメリットや優位性を

この「トレンドアフィリエイト」に感じないようなら、

普通に辞めておいた方がいいと思いますね。


私的には、どうせしっかりとしたメディア作りが必要になるなら、

もっと大きな可能性を追及出来るアフィリエイトをやった方がいいと思いますが。


まあ、あくまでも私の個人的な意見ですので参考程度に。


以上、下克上∞MUGEN~トレンドアフィリエイト教材~の評判とその総括でした。


尾島


コンテンツ一覧


>ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月22日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:情報商材における「評判」の総括

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ