NICO☆TUBE(ニコチューブ)株式会社バロー新田俊介 レビュー

尾島です。


今日はちょっと変わり種な動画系のマーケティング教材を紹介します。


こちらの「NICO☆TUBE(ニコチューブ)」という、

ニコニコ動画を利用したアフィリエイトの教材です。


NICO☆TUBE(ニコチューブ)


おそらく今、アフィリエイトの情報商材で、

ニコニコ動画の活用に特化しているノウハウを公開しているのは、

この教材が唯一ではないかと思います。

NICO☆TUBE(ニコチューブ)株式会社バロー新田俊介 レビュー


今現在、YouTubeで稼ぐ系の情報商材は、

その手法も多様化された形で色々出て来ていると思います。


「YouTubeアドセンス」で稼ぐノウハウを筆頭に

YouTubeを集客等に利用していくアフィリエイトノウハウなど、


動画で稼ぐ = YouTubeで稼ぐ


という認識がある程度、一般視されています。


確かにYouTubeは利用者が最も多いサイトですし、

やはりYouTube自体がアドセンスと連動させた

YouTubeアドセンスという仕組みを確立しているのが多きいと思います。


また「外部サイトへのリンクを自由に貼れる」というのも大きく、

そこも含めて“動画マーケティングはYouTube”という風潮にあります。


ただ、実質的な利用者やその利用者の動画の観覧頻度は

日本国内においてはニコニコ動画も引けを取っていません。


利用者層に偏りはあるもののニコニコ動画はニコニコ動画で、

実際にYouTubeに匹敵する利用者数と観覧ボリュームがあるわけです。


にも関わらず、ニコニコ動画で稼ぐ系のノウハウが、

いまいち世に浸透していないのは、やはりYouTubeのように

オフィシャルで広告収入が入る仕組みが確立されていない事と


「外部サイトへのリンクを直に貼れない事」


が大きな要因になっていると思います。


その点でニコニコ動画はビジネス活動が難しいとされていたわけです。


ただ、そこをあえて逆手に取って


「ニコニコ動画からアクセスを集めて収益化していくノウハウ」


を体系化しているのが、こちらの「ニコチューブ」です。


情報商材にはあらゆるサイトを対象にしたものが出て来ていますが、

基本的に特定のサイトを対象にマーケティングを仕掛けていく際は


・そのサイトの物理的な特性を理解する(機能的な部分など)

・そのサイトの利用者の特性、属性を理解する(ターゲットを理解する)



この2つが最も重要なポイントになってきます。


その機能的な特徴と利用者の属性を理解し、

それに見合った戦略を立てていかない事には結果には繋げられないからです。


そういう点でこの「ニコチューブ」は、

本当によくニコニコサイトという動画サイトの特性や、

その利用者の属性を見抜いた戦略を立てられている教材と言えます。


おそらく情報提供者の新田俊介さんは、

相当なレベルでニコニコ動画を利用しているんじゃないでしょうか。


ニコニコ動画とその利用者の特性、属性に特化したマーケティング戦略


この教材のポイントは実質的に以下の2つに集約されます。


1:ニコニコ動画に外部サイトへの「リンク」を貼っていく唯一の方法

2:ニコニコ動画ユーザーの特性に特化した誘導戦略&販売戦略



実質的にそのポイントがそこまで多岐に渡るものでは無く

ニコニコ動画のマーケティング攻略は、

この2つのポイントさえ押さえれば十分かと思います。


そしてこの「ニコチューブ」は、

まさにそのポイントを徹底的に追及した戦略を立て、

その仕組み作りの手順とポイントをしっかりと解説してくれています。


とくにそれが秀逸に特化されているのは「2」の方ですね。


「1」についても知らない人が大半だと思いますが、

これ自体はニコニコ動画の他の動画や、

ヘルプ等をよく読み込めば普通にたどり着けるものだと思います。

(それがなかなか大変な事でもありますが。)


ただ、この「ニコチューブ」の評価ポイントは、

その「外部サイトへのリンクの貼り方」を踏まえた上での

ニコニコ動画利用者をターゲットに定めた、

このノウハウならではの「仕組みの作り方」の方にあります。


結論的には「2つの誘導媒体」を構築していく必要があるのですが、

その難易度はスキル的なもの、文章レベル的なものを含めて、

そこまで高いものではありません。


むしろその難易度で言えば普通に「初心者向け」と言っていいと思います。


変に「売り込む必要」も無ければ、

キーワードなどを意識してSEOを気にする必要なども無いからです。


勿論、その上で押さえるべきポイントはありますが、

そのコンテンツ作りに関しては「添削サポート」もしてくれる上で、

添削サポートありきで稼げなかった場合の「保証」も付いています。


要するに


「サポートをすれば誰にでも稼げる仕組みを作らせる事が出来る」


という販売者側の「自信」がそこに現れているわけです。


ただ、これは確かに世間的に「初心者向け」と言われている


・トレンド系のアフィリエイトブログ

・アダルト系のアフィリエイトブログ



これらのブログを1から作るよりは確実に「容易」だと思います。


その要因として大きいのは「検索エンジンを意識しなくて良い点」ですね。


トレンドアフィリエイトやアダルトアフィリエイトが

比較的、初心者でも稼ぎ易いと言われているのは


「キーワードを狙った集客がしやすい」


というところが何よりも大きいのですが、

それでもなかなかそれが上手くいかない人も多いです。


要するに「検索エンジンからの集客」を前提にした

コンテンツの作成が初心者層にはなかなか簡単ではないわけです。


その点をこの「ニコチューブ」は、

検索エンジン対策をほぼ無視したコンテンツ作りでも、

ニコニコ動画からのアクセス誘導のみで収益化が図れる為、

初心者にとっては仕組みの構築もしやすいんじゃないかと思います。


何よりその「集客の入口」となるニコニコ動画への投稿動画は、


「YouTubeからそのまま転載していく事」


を前提にしていますので、動画の作成等の作業もとくに必要ありません。


“既存の動画を転載していくだけでいい”という事です。


これもYouTube系のノウハウには無いメリットではないかと思います。


YouTubeで稼ぐ系のノウハウでも「動画の作成」は

基本原則としてほぼ必須な作業なので、

それを完全に省けるというのも非常に大きいです。


要は「ニコニコ動画の利用者にウケる動画」をYouTubeで探し、

それを転載していけばいいという事ですから。


あとはそこからのアクセス誘導を前提にした仕組みを作り、

収益化を図っていくというのがこの「ニコチューブ」のノウハウです。


その「仕組み」の方ももともと大きな「偏り」のある、

ニコニコ動画の利用者属性に沿ったものを作る事が前提になるので、

そういう意味では「広い範囲で多くの人を訴求する」等の視点は必要ありません。


もう「特定の事に興味がある人に対してのコンテンツ作り」で十分なわけです。


その根本的な導線が「動画」でもある為、

必然的にそこから誘導してきたユーザーの属性も絞られます。


属性が特化されるだけ「売り易いもの」も決まってきますので、

これは非常に理にかなった戦略が構築されていると思いました。


「ニコチューブ」のメリット、まどめ。


そんな「ニコチューブ」のメリット、強みをまとめると。


・検索エンジン対策を意識したコンテンツ作りをほぼ無視できる

→ 初心者が躓き易い集客を前提にした記事作り等が不要


・動画からの集客が基本となる為、即効性がある。

→ 動画が再生されればすぐにでもアクセスが入り始める


・自身で動画を作成していく必要がない。

→ YouTube動画をそのまま転載投稿していくだけでOK


・ターゲットが欲しいと思う商品を必然的に絞り込める

→ ニコニコ動画+動画そのものの属性に沿ったものを紹介する


主なメリットはこの4つかと思います。


実際、検索エンジンからの集客がうまくいかず

アフィリエイトで挫折した人も多いと思いますので、

これはそういう経験をしている人達にこそ、

再チャレンジのきっかけにして欲しいノウハウですね。


ただ、一応デメリットになる部分を挙げておくと、

物販等のアフィリエイトが基本になるので、

そこまで爆発的な収入を期待する事は出来ない事でしょうか。


ただ、そこは動画の転載数と仕組みの構築数に比例しますので、

基本的には「やればやっただけ」のノウハウです。


それでもアクセスが一過性になってしまう、

トレンド系のブログなどよりは、

十分に「継続性もあるノウハウ」と言っていいと思います。


NICO☆TUBE(ニコチューブ)お勧め購入特典


また、この「NICO☆TUBE(ニコチューブ)」は、

銀次さんというアフィリエイターさんが

かなり手厚いオリジナル特典を付けて提供しています。


NICO☆TUBE(ニコチューブ)+銀次さんオリジナル特典


今回のNICO☆TUBE(ニコチューブ)の購入を検討されているようであれば、

銀次さんの特典付きでの購入をお勧めします。


一度、その詳細の方にも目を通してみてください。


尾島

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年6月12日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:情報商材

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ