Youtubeで稼ぐ方法、動画マーケティングの有効性について。

尾島です。


以前、こちらのブログ講座の方で、


「今のネットビジネス業界には“動画で稼ぐ”という選択肢がある」


というお話をさせて頂きました。


自分の特性、スキルに最も見合ったビジネスを判別する方法


今日はその「動画で稼ぐ方法」について、

その幾つかの方法を掘り下げた方法等を講義していきたいと思います。

Youtubeで稼ぐ方法、動画マーケティングの有効性について。


まず「動画で稼ぐ」という選択肢においては、

主に以下3つの方法がその筆頭に挙げられると思います。


1、Youtubeアドセンスによる広告収入で稼ぐ

2、Youtubeを集客に利用してアフィリエイトで稼ぐ

3、その他、動画サイトをマーケティングに利用して稼ぐ



一応3つの方法をこうして挙げていますが、

実質的には「1」と「2」がその大半を占めていると思います。


動画で稼ぐ = YouTubeで稼ぐ


こう言っても差し支えないくらいではないでしょうか。


要するに「動画で稼ぐ」という事は、


・YouTubeアドセンスで稼ぐ事を優先していくか、

・YouTubeをそれ以外の方向で活用していくか



この2つの選択肢が主であり、

YouTubeで収入を得ている大半の人は、

ほぼ例外なくこのどちらかの方法で稼いでいます。


ちなみに「Youtubeアドセンスで稼ぐ方法」については、

以前にこちらのブログ講座の方で具体的な収入の目安や

そのノウハウについての講義を行っています。


ユーチューブアドセンス。動画再生回数と広告収入の目安


Youtubeアドセンスで稼ぐ2つの方法。


YouTUbeアドセンスはとにかく動画さえ再生されれば、

その再生回数に応じて報酬が発生していきますので、

YouTubeというサイトの圧倒的なトラフィック(アクセス数)を

そのまま味方につけて広告ビジネスを展開していく事が出来ます。


多くのネットビジネスにおいて大きな障害となる


「集客」


という要素を実質的に気に留める必要が無いという事です。


また「文章によるレスポンス(反応)」などを取る必要もないので、

このビジネスモデルはとにかく


「YouTubeの特性とポイントを押さえた動画作りに専念していけば良い


という、非常にシンプルなビジネスモデルと言えます。


そしてそのポイントを押さえていく方法としては

「王道的なやり方」と「邪道なやり方」があります。


王道的なやり方はHIKAKINさんなどの有名YouTuberのような

自作の動画を1つ1つしっかりと作り込んでいくものになりますが

これはとくに彼等のような顔出し動画を作って、

数多く投稿していく事が全てというわけではありません。


YouTubeで再生される動画はとくにそういった

顔出し動画ばかりではありませんので、

顔出しや声出しというような要素を抜きにしても、

人気の動画を作っていく方法は幾らでもあります。


そんな『王道的な人気動画の作り方』を軸として、

YouTubeアドセンスで稼いでいく事を目的としている教材がこちらの


「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」


です。


Youtube-Ads Capture Sheet CLUBの批評


どちらかと言えば顔出し、声出しなどの

人を選ぶ動画の作り方を避けたノウハウが主になっていますので、

日常生活の中で出来る範囲の「人気動画の作り方」が提唱されています。


対して「邪道なやり方」で稼げる動画を作っていく方法としては、

著作権のグレーゾーンを狙っていく方法が筆頭に挙げられると思います。


YouTubeによく上げられているような、

バラエティ番組やアイドル系の動画などですね。


これは一見、法律的に問題がありそうなやり方ですが、

そこにはそれこそ「グレーゾーン」と言えるものや

ギリギリの境界線を狙って合法的に行っていく方法があります。


実際にYouTubeアドセンスで大金を稼いでいる人の多くは、

この「ギリギリを狙った邪道な動画」で稼いでいる傾向にあり、

そういった動画で稼ぐ方法を提唱している教材がこちらの


「Evil Youtuber Subject」


という教材です。


Evil Youtuber Subjectの批評


こちらは王道的な「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」と

比較するような形で批評していますので、

いずえかの「Youtubeアドセンスで稼ぐノウハウ」に興味があれば、

それぞれの批評記事の方を参考にしてみてください。


王道にせよ、邪道にせよ、YouTubeアドセンスは、

初心者層には非常に稼ぎ易いビジネスモデルかと思います。


Youtubeアドセンスに依存しない稼ぎ方について。


YouTubeアドセンス以外でYouTubeを利用して収入を得ていく方法としては、

YouTubeを集客、マーケティングに活用していく戦略が挙げられます。


YouTube及びその投稿動画を「集客の入口」として活用していくわけです。


言うまでも無くYouTubeというサイトには、

圧倒的なトラフィック(アクセス)が集まっていますので

動画の再生回数を伸ばしていく事が出来れば、

そこから集客誘導を図っていく事も難しくはありません。


その動画によって観覧者の属性などもある程度は決まってきますので

その属性に沿ったマーケティングを仕掛けていけば、

そこからアフィリエイトなどでモノを売っていく事も出来てしまいます。


ブログなどに記事を作成して投稿していく事が

検索エンジンからのアクセスを集めるマーケティングであるなら、

YouTubeは動画を作成して投稿していく事が、

YouTubeからアクセスを集めらるマーケティングと言えます。


ターゲットとそのやり方次第では、

検索エンジンからの集客よりも「質の高い見込み客」を

より少ない労力で集めていく事も不可能ではありません。


そんなYouTubeからの集客、マーケティングノウハウを


「あるジャンルの情報商材のアフィリエイト」


に特化する形で体系化して公開しているのがこちらの教材です。


GigaTube(ギガチューブ)


その「あるジャンルの情報商材」というのは、


“YouTubeで稼ぐ系の情報商材”


で、このGigaTubeではこのジャンルの情報商材の売り込みをメインに

あらゆる情報商材のアフィリエイトに対して、

YouTubeを活用していくノウハウを公開しています。


その中でやはりメインに据えている


「YouTubeでYouTubeで稼ぐ系の情報商材を売り込んでいく戦略」


は、私が考える限りでもほぼ「ベスト」と言えるレベルで

YouTubeというサイトやその見込み客の特性を押さえた

マーケティング戦略が組み立てられていると言っていいと思います。


YouTubeを利用したマーケティングを1から実践的に学び、

実績(成果)を上げていきたいのであれば、

この「GigaTube」はまさに打ってつけの教材かと思います。


その他の動画サイトを利用した稼ぎ方について。


動画サイトと言えば一般的には「YouTube」であり、

利用者が多いという点も含めてビジネスに活用しやすいのも

やはり「YouTube」という結論になりますが

実は国内にはYouTubeに匹敵するレベルの動画サイトがもう1つあります。


ニコニコ動画


という動画サイトです。


ニコニコ動画は動画の観覧(再生)のみの利用でも

会員登録が必須になっているところと、

サイトの方針、投稿されている動画のジャンルが

どちらかと言えば若い世代向けのものになっている為、

人によってあまり馴染みにの無い動画サイトと言えるかもしれません。


ですが、国内ユーザーの動画観覧数等は

YouTubeにも引けを取らない動画サイトになっています。


ただサイトそのものの特性的にも、

ビジネスへの活用は「やりにくいイメージ」があり、

YouTubeほどビジネス目的の利用者は多くありません。


しかし逆にそこが「チャンス」とも言える市場になっています。


国内ユーザーの利用者、観覧者の数はYouTubeと同等であり、

且つ、その利用者の「層」もある程度明確になっている為、

ビジネスに活用していく方向性と戦略をしっかりと立てていけば

大きな成果を上げていける可能性は多いにあるという事です。


ただニコニコ動画というサイトのビジネス活用には、

しっかりとそのサイト、利用者の特性を理解が必要であり、

それに沿った戦略を立てる事がより重要になってきます。


こちらについて以下のようなそれに特化した教材があります。


NICO☆TUBE(ニコチューブ)


もしYouTubeではない動画サイト(ニコニコ動画)で

収入源の構築やマーケティング展開を視野に入れていきたい場合は

こちらの教材の案内ページだけでも目を通してみてください。


その骨組み的なところは十分理解出来ると思いますので、

あとはそれに可能性を感じ、やってみらい意欲が湧いたなら

新たな市場の開拓という視点でチャレンジする価値はあると思います。


私のレビューも併せて参考にしてみてください。


Youtubeで稼ぐ方法、動画マーケティングの有効性 総括


以上、冒頭で示した以下の3つの

YouTubeを筆頭とする「動画で稼ぐ方法」について解説してきました。


1、Youtubeアドセンスによる広告収入で稼ぐ

2、Youtubeを集客に利用してアフィリエイトで稼ぐ

3、その他、動画サイトをマーケティングに利用して稼ぐ



いずれも人それぞれの向き、不向きや適性があるものと思いますので

最も自分に適した手法、ノウハウを用いてくことが重要かと思います。


私的に「伸び白の大きさ」という点であれば、

「2」や「3」のようなYouTubeやその他動画サイトを

マーケティングや集客に活用していく仕組みを構築しておく事が

今後、あらゆるビジネスへの応用も可能になると思います。


ただYouTubeアドセンスというビジネスモデルであれば、

初心者の人が小難しいスキルやノウハウを一切身に付けず、

動画の作成と投稿というシンプルな行程のみで、

その労力に応じた収入を手にしていけるメリットがあります。


あとは自分自身がどういった「稼ぎ方」をしたいか、

どういった「先」を見据えていくか、だと思います。


今の自分にとって「最良の選択肢」が、

これらの中にあるという判断に至るのであれば、

まずはチャレンジしてみる事も重要かと思います。


私の方で推奨した教材のレビュー記事も併せて参考にして頂ければ幸いです。


尾島


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年6月3日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ビジネス講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ