自分の特性、スキルに最も見合ったビジネスを判別する方法とその基準。

尾島です。


今、インフォトップさんの売上ランキングを見ても、

各インフォプレナー、アフィリエイターの情報を見ても、


「今はYoutubeが稼げる。」

「これからは動画マーケティングの時代」



という風潮が強く見られる傾向になっています。


まあ、一昔前はそれがツイッターやフェイスブックの登場で、


「これからはSNSマーケティングの時代」


などと言わていたわけですが、

こうして「情報」というのは良くも悪くも、

その時代のマーケッター達を右往左往させていきます。


とくに今はアフィリエイトなどのビジネスが確立され、

個人で活動するアフィリエイターがどんどん増えていますので

そういう人達がこぞってそういう情報に流される事になります。


それぞれ「情報の発信」を生業にしているところもありますので、

負けじとその風潮に便乗した情報をそれぞれが発信していき、

それがバイラル効果を生んで、あたかもそれが


「ほぼ疑いようのない事実」


のように世間に広がっていくわけです。


ただどんなに「情報」が先行して広がっていっても、

その「実」を伴わなければいつしかその情報も風化していきます。


情報なんてものはそんなものですから。


とは言えそんな頃にはまた新たな情報が飛び交い始めますので

判断力の無いマーケッターはまたそこに飛びついていくわけです。


とくに今、ネットビジネスを甘噛みしているような人達は、

その判断力をほとんど持っていませんので、

大半の人はその情報に踊らされて無駄な時間と労力を

次から次と出てくる「新たな手法」に割いていきます。


これが言わばこの情報商材業界、

アフィリエイト業界の現実というヤツです。


マーケティングのトレンドとその真実。


ただ、たった今、私がここでお伝えした事は、


「今はこういうマーケティング方法が有効です!」


と言われて情報が先行していくものは、

その全てが「全く有効なものでは無い」という事ではありません。


むしろ一昔前にトレンドになっていたツイッターもフェイスブックも

その使い方によっては今でも有効ですし、

これらのマーケティングで荒稼ぎした人、している人はたくさんいます。


その上で私が言いたい事は


「そのトレンド的な手法に乗れば誰でも簡単に稼げる」


というような捉え方は大きな間違いだという事です。


結局のところ王道的、古典的と言われている

ブログやメルマガを使ったマーケティングにせよ、

ダイレクトレスポンスマーケティングにせよ、

SNSを使ったマーケティングにせよ、

そのポイントを押さえて適切に活用すれば結果は出ます。


要するにそこに「流行」という二文字はあまり関係が無いという事です。


多くの人が「今はこれ!」と騒いでいようがいなかろうが、

最新の手法でも古典的な手法でも稼いでいる人は稼いでいますし、

正しい活用が出来ていない人は何をやっても稼げません。


だからこそ、


「自分のスキルや性格に合ったマーケティングを選ぶ事」


が重要になってきます。


マーケティングと言うと敷居が高いものに聞こえるかもしれませんが

結局のところネットビジネスはマーケティングが全てです。


どう集客をして、どう利益を上げるのか。


その戦略を総じて「マーケティング」と呼んでいます。


要するにアフィリエイトや転売系のビジネスなども含め、

ネットビジネスで結果を出すには、


「自分に合ったビジネス(市場)とマーケティング」


を選ばなければ「始まらない」という事です。


そういう意味では、常に最新の手法を情報として取り入れ、

選択肢の1つとして増やしていくことはいい事だと思います。


それが本当に自分に合っているものなら

取り入れていけばいいわけですから。


勿論、やるからにはその本質とポイントを押さえて

しっかりと取り入れていかなければ意味がありませんけどね。


自分に合ったビジネス、マーケティングをどう絞り込むか。


では、自分に合ったビジネス(市場)や、

そのマーケティングをどう選び、絞り込んでいけばいいのか。


今日の記事の本題としてはそこを提示していければと思いますが

これについては「明確な答え」があるわけではありません。


ただ「このように仕分けていけば良い」というものとして、

私はまずこの3つの選択肢で「適正」を分けるべきだと思っています。


・文章で稼ぐ

・動画で稼ぐ

・物販で稼ぐ



今、ネットビジネスをザックリと分けるなら、

これがまず1つ目の選択肢として上がってくると思います。


「文章で稼ぐ」は主にアフィリエイトを主体とする、

ブログ、メルマガ、ツイッター、フェイスブックなどを利用したビジネス。


「動画で稼ぐ」は主にYoutubeアドセンスを主体としたビジネス。


「物販で稼ぐ」はせどりや転売、輸入や輸出などのビジネスです。


文章で稼ぐが動画で稼ぐか物販で稼ぐか。


あまり新たな知識やスキルを身に付ける事なく、

有効なノウハウ1つですぐにでも結果を出していけるのは

やはり「物販」だと思いますが、これには


・ある程度の資金

・時間と労力



を覚悟する必要があります。


ただ、やはりネットビジネスの入口として、

この「物販」という選択肢を最初に選び、

そこから他の市場へ展開している人は非常に多いようで、

私はそこまで「推奨」する分野のビジネスではありませんが、

初心者層の成功率が高い事は間違いない市場かと思います。


より細分化すると「せどり」「転売」「輸入」「輸出」と、

幾つかの選択肢が出てきますがこれらの違いや特性に興味があれば、

こちらの「物販ビジネス講座」の方を参照してみてください。

>物販で稼ぎたい人向け「物販ビジネス講座」


同じくこちらも「実は初心者向け」なのが、


「動画で稼ぐ」


という選択肢で、これはわりと最近になって

どんどん注目を集めてきているビジネス(市場)です。


ただここで私が挙げている「動画で稼ぐ」という手法は、


「動画の投稿のみで稼ぐ事が出来るもの」


を指しています。


それが「Youtubeアドセンス」という、

Youtube単体で展開している広告ビジネスです。


要するにこれは「動画を使ったマーケティング」ではありません。


このYoutubeアドセンスという選択肢も含めて、

動画を使った稼ぎ方全般に興味があれば

こちらの「動画マーケティング講座」の方を参照してください。

>動画で稼ぎたい人向け「動画マーケティング講座」


そして私が最も「得意」としているものであり、

その「伸び白」からも最も推奨するのはやはり、


・文章で稼ぐ


という選択肢であり、やはり何だかんだ言っても、

これが一番稼げますし、最もその伸び白も大きいです。


「いやいや、これからのネットは動画でしょ。」


というマーケッターもいるかもしれませんが、

どんな優れた動画マーケティングも動画だけでは成り立ちません。


やはりそこには「文章」を主体とする展開が必要であり、

そこにポイントポイントで動画を用いているような手法が

今、多くの情報起業家が実践している


動画を利用したプロダクトローンチ戦略


だと思います。


ただこれは一見、動画が主体に見えるかもしれませんが、

その入口や導線を作っていくところなどには、

ほぼ例外なく「文章」が用いられています。


要するに今、動画、動画とこうして騒がれていても

やはりネットビジネス、マーケティングの主体は文章なわけです。


ですので「自分に見合ったビジネス(市場)」を見極める上で、

まず自分の適性として向き合うべきは、


「文章を書いていく事を受け入れていくか否か」


であると言っても過言ではないと思います。


その大きな分岐点は「文章を書く事」に向き合うか否か。


そして「ネットビジネスで大きな成果を上げていきたい」なら、

やはりこの「「文章を書く」という道は避けては通れません。


人以上の「成功」を手にしたいなら、

やはり「文章を書く事」「文章を書くスキル」は必要不可欠です。


ですので、あなたの望むものが「人並み以上の成功」であるなら

やはり進むべき「文章で稼ぐ」という道かと思います。


とくに「人以上の成功」を望む事が第一では無く、

今の収入を少しでも増やす事や、

とにかく手堅い収入源をしっかりと手にする事が目的なら、

まずは「動画」「物販」で稼ぐ道でもいいのではないかと思います。


勿論「まずはそれを足掛かりに」という考え方でも問題無いと思います。


ただ頭ごなしに「自分の可能性」を否定する必要もありません。


「自分は文章を書く事が苦手なので・・・」

「到底、稼げる文章を書く事なんて出来ないと思うので・・・」



という事を、「先入観」で抱いている人がわりと多いです。


大抵、そういう先入観を持っている人は、

言う程その「ネットで稼ぐ為の文章」というものに向き合ってません。


そしてこれは実は言う程「難しいもの」では無く、

また「持って生まれたセンスが無ければ出来ないもの」でもありません。


実はきちんとその「本質」を根底からきちんと学んでいけば、

誰でも「ある程度は」体得していけるものなんです。


そしてその「ある程度の体得」でネットビジネスの世界は、

普通に「ある程度は」自由に稼ぐ事が出来るようになります。


この「ある程度」は年収何百万円とか、何千万円とか、それくらいの話です。


要するに多くの人が「ひとまずの目標」として掲げる

月収100万円くらいなら「ある程度の文章力」で普通に達成出来ます。


これは、それくらい「文章力」というものが、

ネットビジネスにおいては非常に重要という事であり、

それだけ「身に付ける価値があるスキル」だという事です。


いわゆる「コピーライティング」というスキルですね。


「そんな収入を普通に稼ぎ出せるような文章のスキルを

 センスなどを無関係に身に付けられるとは到底思えない。」



大半の人はそう考えるみたいですが、

その判断はその本質的なスキルと向き合い、


「ネットで稼ぐ為に必要な文章スキルとはどういうものか」


を知ってからでもいいのではないかと思います。


もしそこに興味があるようなら、

一度、この人のブログを除いてみる事をお勧めします。


コピーライター宇崎恵吾さんのブログ「コピーライティング至上主義者の会」


このブログを見るだけでも「文章」というもの、

コピーライティングというものの捉え方は大きく変わると思います。


まさに「ネットで稼ぐ為に必要な文章スキル」というものの答えが

そっくりそのまま公開されているようなブログですから。


まあ、こちらに目通して「やっぱり自分には無理そう」と思うなら、

素直に「動画」や「物販」で稼ぐ道を選んでください。


それがあなたにとっては最も「堅実で無難な道」だと思いますので。


物販で稼ぎたい人向け「物販ビジネス講座」

動画で稼ぎたい人向け「動画マーケティング講座」


何にせよ、ネットでお金を稼ぐ事を望むなら、

まずは自分の願望や特性に見合った

適切なビジネス(市場)を判別するところから始めてみてください。


それでは。


尾島


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年2月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ビジネス講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ