マイナス思考を克服してプラス思考に転換する方法。

尾島です。


今日は久々にマインド系の講義をお届けしたいと思います。


題して『マイナス思考をプラス思考に転換させる方法』です。


それでは、早速いってみましょう。

マイナス思考を克服してプラス思考に転換する方法。


基本的に私は「根性論」や「自己啓発」のようなものは、

個人的にもあまり「好きではない」ため、

当然、人様にこれらを推進するような事もありません。


もちろん、根性論、自己啓発と言っても様々ですから、

一概に、その全てを完全否定するつもりはありませんが、


「強く思い込めば前向きになれる(ポジティブになれる)」


といったテイストのものは、少なくとも私は効果が無いと思っています。


仮にそれで一時的な効果があっても「反動」があると思うからです。


ですので、私は基本的にマイナス思考、ネガティブな思考を、

無理に「プラスに持っていく」といった考え方は、

どうも賛同する事ができないわけです。


この辺りの考え方は以前のこちらのブログ講座にも、

ほぼそのまま繋がっている部分ではないかと思います。

>ネガティブ思考、ポジティブ思考とモチベーションの関係。


では、このような根性論や自己啓発などを抜きに、

どのようにマイナス思考をプラス思考に転換するのかと言うと、

むしろ私はそれらとは真逆のアプローチ方法を取ります。


要するに、とことんマイナス思考を「促進」させるんです。


ただ、これは漠然とマイナス思考を巡らせるという事ではありません。


より鮮明に、具体的に最悪のマイナス状況を「イメージ」する事。

最低最悪、自分がどうなってしまうのかを想定する事。


これが、私の言うマイナス思考の「促進」にあたるものです。


とどのつまり「マイナス思考」というのは、

物事が上手くいかない状況ばかりが頭をよぎり、

悲観的な結果だけが頭に浮かんでしまう思考に他なりませんので、

その最悪のシナリオ、最低の結果を具体的にイメージするわけです。


そうすると、そのイメージはまず以下のどちらかに行き着きます。


1:最低最悪の結果でも、そのレベルで済むのか。

2:それはもう、人生の終わりかもしれない。



「1」は、いざそのイメージを促進させたところ、

その最悪なシナリオ(結果)が受け入れられるものであるケース。


「2」は、その最悪なシナリオ(結果)が

受け入れがたい本当に最悪なものであるというケース。


それこそ、根っからのマイナス思考という人は、

この「マイナスイメージの促進」の段階においても、

そのマイナス思考が更に「拍車」をかける事になりますので、

「2」のケースを想定する可能性が高いんじゃないかと思います。


ただ、このどちらのケースにイメージが行き着いたとしても、

それがマイナスイメージの「底辺」にある事は間違いありません。


そして、その「底辺」にあたる段階から見れば、

それをイメージしている現状は確実にその「底辺」よりも、

遥かに「マシな状況」に他ならないはずです。


自分のマイナスイメージを鮮明に落とすところまで落とし込めば、

今の「現状」を少なからずポジティブに捉える事が出来るというわけです。


まずはマイナスイメージの終着駅から現状を捉える。


また、先程の「1」と「2」のケースはどちらにおいても、

その最悪のシナリオと結果を以下のように転換できます。


1:最低最悪の結果でも、このレベルで済むのか。

⇒ それなら、やるだけやってみよう!


2:それはもう、人生の終わりかもしれない。

⇒ そんな最悪な結果は何が何でも避けなければならない!


どちらの最悪ケースをイメージしたとしても、

それをモチベーション(意欲)に結び付ける余地があるわけです。


つまり、何かの物事を進めて行く上でのマイナス思考は、

それを無理やりプラスに転換させようとするよりも、

そのマイナスイメージを行き着くところまで促進させ、

最低最悪のシナリオと結果を頭の中に描いてしまえばいいんです。


そうすれば、今の現状がそれよりも遥かにマシであるという点で、

少なからず、ポジティブな意識を作り出せる事になるはずですし、

その膨らませたマイナスイメージを「意欲」に結び付ける事も出来ます。


下手にマイナス思考を消し去ろうとするよりも遥かに「合理的」に、

そのマイナス思考をプラス思考とモチベーションに転換できるわけです。


もちろん、場合によっては、


それはもう、人生の終わりかもしれない。

⇒ だから辞めておこう。


という思考になってしまう可能性も否定できませんが、

それでスッパリとその物事を諦められるなら、

私はそれはそれで良い事なのではないかと思います。


何かを諦めれば、また、別の何かの対して、

1から改めてチャレンジできる余地が生まれるからです。


中途半端な意識でやるか諦めるかを悩んでいる時間が

何だかんだで一番、もったいないですからね。


そこに踏ん切りを付けられるという点でも、


「マイナス思考をとことん突き詰めてみる」


という思考法は私はアリなんじゃないかと思います。


マイナス思考で物事を思うように進められないという人は、

この機会に是非、試してみてください。


以上、マイナス思考をプラス思考に転換させるための講義でした。


尾島


コンテンツ一覧


>ビジネス講座一覧へ

タグ

2017年8月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マインドセット

 

 

 

 

 

このページの先頭へ