信頼できるアフィリエイター、信用しても良いブログ、メディアを見極める方法。

尾島です。


インターネット上には多くの人が「メディア」を公開し、

そこであらゆる「情報」を発信しています。


その中には、私のこのブログ(メディア)のように、


「ビジネス」


に関わる情報を発信しているものも多いと思いますが、

そういうブログやメルマガなどを運営している人は、

その大半が、言わば「自称成功者」です。


実際、インターネット上では「成功者」を装う事は簡単ですし、

そのようなメディアは、やはり「成功者」を装った方が、


「そこにまんまと騙されてくれるような人」


が喰いついてくれる分、色々と「得」なわけです。


とくに「ネットビジネス」という分野において言えば、

そのような「自称成功者」の発信する情報を真に受けてしまい、

その発信者にとって都合の良いだけの情報を与えられ、

色々な意味で「遠回り」をさせられる人が後を絶ちません。


それこそ、そのような「自称成功者」のメディアが

あまりにも「多すぎる状況」にあるからです。


ですが、その中にも、本当に価値のある情報を発信している、


「為になるメディア」


と言えるものも少なからず、存在します。


そんなわけで、今日は、私のブログも含めて、


「ビジネス(主にネットビジネス」


の分野で情報を発信し、提供しているようなメディアで、


「本当に為になる情報を提供している信用できるメディア」

「本当に価値のある情報を発信している信頼できるメディア」



このようなメディアや、その運営者を見極めていく、

その為のポイントなどを講義してみたいと思います。

信頼できるアフィリエイター、信用しても良いブログを見極める方法。


まず、そのようなブログやメディアを見極める上で、

大前提として1つ心得ておく必要がある点として、


「その運営者が本当に成功している(稼いでいる)かどうか」


というポイントは、実はそのメディアの「信頼性」や、

そのメディアで実際に発信されている情報の「価値」に

そこまで直接的に関係しているわけではありません。


運営者が成功している = 信用できるメディア


とは「限らない」という事です。


それこそ、情報販売やアフィリエイト界隈で、

ある程度は「有名」と言われるような人の評判を調べれば、


「○○に騙された!」

「高いお金を払ったのに稼げなかった!」



というような情報が数多く出て来ます。


もちろん、そういった「評判」が全てではありませんが、

ネットビジネスと呼ばれるもので「稼いでいる人」の中には、

ほぼ詐欺まがいの事をしてお金を稼いでいる人が実際にいるんです。


まさに、そういう人は、


「ネットで稼いでいる」


という点は事実でも、実際に発信している情報は

自分が「稼ぎ」を得る上で都合の良い情報ばかりかもしれません。


要するに、真実とは異なる情報を自分の都合で発信し、

知識に乏しい人を欺いている可能性もあるわけです。


それこそ、


「ネットビジネスで稼ぐ為のノウハウ(情報)」


などに、とにかく安易にお金を支払わせたいのであれば、

あたかもネットビジネスが楽に稼げるビジネスであり、

何の苦労もなく収入を得られるように「錯覚」させた方が


「そんなに楽に稼げるなら・・・」


と、まさに財布の紐を労せず緩める事が出来てしまいます。


本来は、相応の苦労や努力が必要である事を認識していても、

それを隠して「楽に稼げる印象」を与えた方が、

その手の情報を売り易くなるんですね。


まさに「右も左も分からない初心者をターゲット」に

そのような手口で情報を売っている情報販売者、

アフィリエイターがこの業界にはたくさんいます。


そういう人達は「稼いでいる」というのは事実でも、

実際に発信している情報には全くもって「価値」はなく、

むしろ、その「真実」を見抜けない人にとっては


「為にならない情報」


でしかないものを発信しているだけに等しいわけです。


当然ですが、そんな人のメディアや、

そこで発信されている情報を信用するべきではありません。


要するに、為になる情報を発信しているメディアかどうか、

信用できる人が情報を発信しているメディアかどうかは、


「その人が本当に稼いでいるかどうか」


が重要ではないという事です。


もちろん、実際は全く稼げてもいないにも関わらず、

自称成功者を装っているも信用すべきではありませんが、


「本当に稼いでいるから」


といって、その人、そのメディアを信用するのはまだ早いです。


では、実際に何を基準に捉えた上で、


「本当に為になる情報を提供している信用できるメディア」

「本当に価値のある情報を発信している信頼できるメディア」



を見極め、判断していけばいいのか。


そのポイントを挙げるなら、私は以下の3つだと思います。


・安易な事ばかりを主張していないか

・その人が販売、推奨している商品はどういうものか

・その人が商品を販売、推奨している頻度はどれくらいか



それぞれについて言及していきます。


安易な事ばかりを主張していないか


まず、世の中はそんなに甘くは無いという事や、

ネットビジネスと言えど「ビジネス」である以上、

それなりの努力や苦労は付きものだという事を認識してください。


現にアフィリエイトは95%は稼げていないと言われているんですから

そういう現実を考えれば、安易に初めて安易に稼げるはずが無いんです。


にも関わらず、安易な事ばかりを主張している人は、

その時点で、明らかに真実と相違のある事を主張しています。


確かに、楽に稼げるに越した事はありませんが、

それは、完全に都合の良い願望でしかないものです。


ですが、そういう「安易な情報」などを「安易に売りたい人」は、

そのような「願望」につけこんでくるんですね。


「こうだったらいいのに。」


と思う事を、あたかもそういう世界があるかのように、

その夢物語を実現できるかのような事を主張してくるわけです。


ですが、それは「現実」を捉えれば、明らかに幻想であり、

普通に考えれば「ありえない事」なのは一目瞭然なはずです。


そういうところは、もう少しドライな目線で

現実を見るようにした方がいいという事です。


そういう情報をドライに、冷静に捉える事が出来れば、

まず、安易な事ばかりを言っているような人の話を

そう簡単には真に受けなくなると思います。


そうすれば、必然的に、そう簡単には、

そういう人の事を信用しなくなると思いますので、


「この人のメディアはあまり為にならないそうだ」


というところは、おのずと分かるようになってくるはずです。


逆にある程度、シビアに現実を捉えて情報を発信している人は

それなりに信頼できる余地があるという事になりますので、

まず、これが1つ目に挙げられる


「本当に為になる情報を提供している信用できるメディア」

「本当に価値のある情報を発信している信頼できるメディア」



などを見極める基準の1つになるという事です。


その人が販売、推奨している商品とその頻度


併せて、


「本当に為になる情報を提供している信用できるメディア」

「本当に価値のある情報を発信している信頼できるメディア」



などを見極める基準として挙げた、


・その人が販売、推奨している商品はどういうものか

・その人が商品を販売、推奨している頻度はどれくらいか



この2つの基準は、その人、そのメディアが販売、推奨している商品や、

そのような販売や推奨の頻度に目を向けてみるという話です。


少なくとも、その人やそのメディアの「スタンス」や

その「本性」にあたるような部分は、意外にこうした、


『その人が販売、推奨している商品とその頻度』


を客観的に捉えると、普通に見えて来るものだからです。


結局、そういうメディアを運営している人は、

自分自身が営利(稼ぎ)を得る為にやっているわけですから、

その「稼ぎのポイント」になっているところに目を向けると、


「何に重きを置いて情報発信や商品の販売を行ってるのか」


が分かってきます。


もう少し突っ込んだ言い方をすると、

そこで「重き」を置いていると考えられるのが、


「顧客との信頼関係」


なのか


「とにかく商品を売って自分の利益を得る事」


なのかを見極めていけば良いという事です。


それこそ、あれだ、これだと、

次から次へと新しい商品を販売しているような人、

紹介(アフィリエイト)しているような人は、


「顧客との信頼関係」


よりも


「とにかく商品を売って自分の利益を得る事」


に重きを置いていると言わざるを得ないと思います。


それこそ、自分で商品を売っているような立場であれば、

普通に考えて、相応の価値がある完成度の商品を

毎週、毎月のように次々と販売できるはずがないですからね。


また、アフィリエイターという立場で商品を紹介しているとしても、

その人にとって、そこまで「優良」と言えるような商品が、

毎週、毎月のように登場しているというのも現実的に考えられません。


ですので、そういった「商品の売り込み頻度」を捉えるだけでも、

その人の情報販売者、アフィリエイターとしてのスタンスや、

何に重きを置いているかは、普通に見えて来るわけです。


あとは、実際に販売、紹介(アフィリエイト)している商品の


「客観的な評判」


をネットで検索してみるというのも1つの方法です。


やはり粗悪な商品には、相応の評判が多数出てきますし、

本当に優良な商品には、相応の評判が多数出てきます。


要するに、その人が推奨している商品が本当に全て優良な商品なら、

その商品の評判は、全体的には悪い評判より、

良い評判の方が多いはずなんです。


基本、そういう商品を推奨している人は信用できる余地がありますが、

明らかに悪評だらけの商品を販売していたり、

そういう商品をアフィリエイターとして全力で勧めているようであれば、

その人は、その商品の販売者、もしくはその関係者の可能性が高いです。


もしくは「報酬が高いから売っている」というケースですね。


これもまさに、


「顧客との信頼関係」


よりも


「とにかく商品を売って自分の利益を得る事」


に重きを置いている人である事が垣間見える部分です。


その時点で信頼できる余地は薄くなりますので、

このような「売り込んでいる商品の評判」を調べていく事でも、

その人自身やそのメディアの信頼性は見えて来るという事ですね。


以上の通り、


では、実際に何を基準に捉えた上で、


「本当に為になる情報を提供している信用できるメディア」

「本当に価値のある情報を発信している信頼できるメディア」



を見極め、判断していく基準、その判断方法としては、


・安易な事ばかりを主張していないか

・その人が販売、推奨している商品はどういうものか

・その人が商品を販売、推奨している頻度はどれくらいか



これらをその判断基準にしていく事をお勧めします。


この3つの基準、全てをある程度でも押さえていくようにすれば、

少なくとも、信頼するべきではないメディアの判断は出来るはずですので。


是非、有効にご活用ください。


尾島


コンテンツ一覧


>ビジネス講座一覧へ

タグ

2017年1月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ビジネス講座

 

 

 

 

 

このページの先頭へ