エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)尾上雄二

尾島です。


今やネットビジネス業界では“1つの選択肢”となっている、


「動画で稼ぐ」


という方向性における最も王道的な「手段」の1つに、


「Youtubeアドセンス」


という“投稿動画からの広告収入を得ていく方法”があります。


この分野の教材で、かなり「即効性」と「収益性」の高い、

非常に有益な情報が公開になっていますので、

今日はそちらを紹介させて頂きたいと思います。


こちらの「Evil Youtuber Subject」という教材になります。


エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)

エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)尾上雄二


ちなみに「Youtubeアドセンス」については、

こちらのブログ講座でそのビジネスモデルの流れや、

広告収入の目安等は一度お伝えした事がありました。

>ユーチューブアドセンス。動画再生回数と広告収入の目安。


こちらのブログ講座の方では、

「Youtubeアドセンス系の情報商材」としては、

こちらのプログラムを「推奨」とさせて頂いていました。

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム


勿論、今もこのプログラムが推奨出来る事は変わりないのですが、

今回ご紹介する「Evil Youtuber Subject」は、

この「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」には無い、

大きなメリットと言える点が非常に多い教材になっているので、

これは「双方を比較する形で紹介しておくべき」と判断しました。


既に以前のブログ講座の記事や、

YouTube Adsense攻略情報共有プログラムの紹介記事を読んで

プログラムの方に参加されている方も相当数いると思いますが、

既にそちらのプログラムに参加している人であっても、

とくに今現在の結果状況等は問わず、


「Evil Youtuber Subject」


の方で公開されているノウハウは、

Youtubeアドセンスで収入を得ていく上では、

方向性の1つとして取り入れておいて損は無いものだと思います。


■YouTube Adsense攻略情報共有プログラムのデメリット

これまで「推奨」としていた、

YouTube Adsense攻略情報共有プログラムには、

実質的に以下のような3つデメリットがありました。


・投稿していく動画にはどうしても当たり外れがある。

・いざ投稿しても全く再生されず収益化出来ない動画が出てくる

・動画の撮影にどうしても物理的な手間がかかる



勿論、これらのデメリットを補えるだけのメリットも多くあり、

そもそも「投稿した動画全てが当たっていく」はずがありません。


動画の撮影に手間がかかるという点も含めて、

これらのデメリットは実質的には「当然のもの」でしか無く、

とくにこれを「デメリット」とは感じていない人は、

普通にコツコツと動画を撮影しては投稿し、

動画の当たり外れがある中でも収益を伸ばし続けています。


ただ今回ご紹介する「Evil Youtuber Subject」は、

これらの「当然と言えるデメリット」の全てを、

実質的にほぼ「解消」出来てしまうものになっているという点で、

ある意味では「革新的なノウハウ」を公開する内容になっています。


要するに、「動画の当たり外れ」を限りなく軽減し、

実質的にほぼ全ての投稿動画に「圧倒的な再生回数」を集め、

大幅な収益化を図っていく事が出来る方法が公開されているわけです。


そして極めつけは「動画の撮影が必要無い」というところ。


自分で自作のオリジナル動画を作成していく必要が無いんです。


では、どうやって自作のオリジナル動画を一切撮影せず、

圧倒的な再生回数を収益化を実現させていくのか。


その答えは


『既に圧倒的な再生需要のある素材を使い

 確実に再生される動画を作るべくして作っていく』



というものになります。


■Evil Youtuber Subjectのメリット

この「Evil Youtuber Subject」では、

自作での「オリジナル動画」の作成等は一切行わず、

徹底して行っていく事は、


「既に確固たる再生需要が確立された動画のみを投稿する」


という方向性で動画の「作成」と「投稿」を行っていきます。


簡潔に言えば、芸能人系、音楽系、アニメ系、ゲーム系と言った、

既に一定の再生需要が確立されている分野の、

既存の「動画素材」のみを組み合わせていく事で、


「PC一台のみを使った動画の編集作業のみ」


で動画素材を「編集」して動画を作成し、投稿していきます。


と言っても、これはさほどハイレベルな技術を要するものでは無く、

無料で使える簡易的な動画編集ソフトを使っていくレベルで、

十分に作成していく事が出来てしまう動画であり、

そういった方針の動画のみを投稿していくというのが、

このEvil Youtuber Subjectの主なノウハウとなっています。


実際にYoutubeなどをよく見ている人であれば分かると思いますが、

人気のドラマ、バラエティ、アニメ、ゲーム、音楽など、

こういった系統の動画はYoutubeなどには、

数限りなくアップロードされている状況にあります。


そういった動画は当然ですが、

それ相応の再生回数になっている事がザラであり、

そういった動画からもYoutubeアドセンスからの広告収入は

普通にその動画投稿者に支払われている状況にあるわけです。


ではそういう動画を投稿しているのはどういうユーザーなのか。


これは意外に思われるかもしれませんが、

大抵は一般のYoutube利用者が投稿しているのです。


要するにそういった動画の権利者や関係者などでは無く、

全く無関係な一般ユーザーが投稿していっているわけですね。


つまりそういった動画の投稿者は、

そういった動画の投稿で広告収入を得ている事になります。


「でも、それって権利侵害や著作権違反にならないの?」


というのが多くの人の反応かと思いますが、

このEvil Youtuber Subjectは「そういった動画」の投稿で、

稼ぐべくして広告収入を稼いでいくノウハウを公開したものであり、

とくにその教材内容で徹底的に追及されているのは、


「そういった権利侵害、著作権違反の境界線を超えない方法」


です。


権利侵害、著作権違反の境界線。


実際のところ、そういった「際どい動画」を、

自分で投稿していく事自体は全く難しい事ではありません。


やれば本当に「誰でも簡単に出来てしまう事」です。


ただ、一応Youtubeはそういった権利侵害や、

著作権に違反している動画を取り締まる方針を取っていますので、

基本的にそのガイドラインや法律に違反した動画は削除され、

アカウントも停止され、その広告収入も没収されてしまいます。


実質的に「そういう動画」を投稿している人の半数くらいは

そういった動画の削除やアカウントの停止処分を受け、

一時的に稼いだ広告収入の没収なども受けていると思います。


しかし、その中でも「長期間消されていない動画」や、

全くアカウントの停止処分を受けていないユーザーは、

何ら問題なくその広告収入を得ている状況にあり、

そういうユーザーはYoutubeを見て回っても、

決して少なくは無いレベルで数多く見られる傾向にあります。


要するに彼等は「法律」にも「ガイドライン」にも違反せず、

合法的にそういった「際どい動画」を投稿していっているわけです。


そこには権利侵害や著作権侵害の「成り立ち」を認識していない、

ズブの素人にはわからないような「境界線」が存在し、

その境界線を超えない動画のみを投稿していけば、

実際はそういった「際どい動画」を投稿していく事で、

再生回数を荒稼ぎして稼ぐべくして稼いでいく事が出来てしまうんです。


この「Evil Youtuber Subject」は

言わばそのYoutubeと言うサイトのガイドラインと、

著作権関係の法律の隙間を狙っていく


「やや強引な方法で荒稼ぎするノウハウ」


を公開している教材だという事です。


これは自作のオリジナル動画をコツコツ投稿していく、

YouTube Adsense攻略情報共有プログラムには無かった視点で、

事実として「即効性」と「収益性」については、

格段に「Evil Youtuber Subject」の方が高いです。


ただその手法的に、


「本当に法律的に大丈夫なんですか」


という不安や懸念を示す人もいるかもしれませんが、

逆にこの「Evil Youtuber Subject」は、

そこを「クリア」にする為の教材だと言っても過言ではありません。


実際にYoutubeでは、そういった「際どい動画」で、

広告収入を荒稼ぎしているようなユーザーはたくさんいますが、

おそらくそのユーザーの大半はこの「Evil Youtuber Subject」を介して、

その境界線を認識しつつやり始めている人達だと思います。


もしくは以前からそこを認識していた人達のどちらかですね。


逆にその境界線を認識せずに無茶な事をやっている人は、

大抵、数日、数週間で動画とアカウントの削除、停止処分を受けています。


要するにその境界線を認識せずに、

そういう動画を投稿していく方がよほど危険だという事です。


そこを完全にクリア出来るのがこの「Evil Youtuber Subject」ですので、

そういった動画で稼ぐ事に興味があったような人達や


「何でこの動画は削除されずに済んでいるんだろう?」


という疑問を持った事があるような人からすれば、


「まさにこれを知りたかった!」


と思えるような内容が公開されている教材だと思います。


やや「強引な方法」という点は否めませんが、

今現在の法律内(著作権法)内では

完全に「合法的な稼ぎ方」になっていますので

興味があれば一度、セールスレターだけでも読んでみてください。


Youtubeアドセンスに携わっている人、

これから始めようとしているような人には

間違いなく非常に興味深い内容になっていると思います。

>エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)


「Evil Youtuber Subject」お勧め購入特典


また、この「Evil Youtuber Subject」は、

銀次さんというアフィリエイターさんが

なかなか素晴らしい購入特典を付けてくれています。

>Evil Youtuber Subject+銀次さんオリジナル特典


今回のEvil Youtuber Subjectの購入を検討されているようであれば、

是非一度、目を通しておいてみてください。


尾島

タグ

2015年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材

 

 

 

 

 

このページの先頭へ