スパルタアフィリエイトアカデミー&コンサルティング(平河大)レビュー

尾島です。


インフォトップの売上ランキングで

アフィリエイト系教材が上位に出ているのですが

そのPV動画やセールスレターを読んで、

いくつか違和感と言いますか気になる点がありましたので、

私なりの意見を述べておきたいと思います。


こちらです。


スパルタアフィリエイトアカデミー&コンサルティング

http://gksnr175.com/sparta101/

スパルタアフィリエイトアカデミー&コンサルティング(平河大)レビュー


ビジネスとアフィリエイトの基本から、

コピーライティング、SEO、動画マーケティング

デザイン、ウェブ制作などを行っていく

そのスキルを身につけながら真っ当に収益をあげていく

そんなプログラムとのことです。


筋書きとしては、的を得た部分はありますし、

まあ上等ではないでしょうか。


ただ、私が目を疑ったのは、この返金保証に関する文面ですね。


・半年間毎日平日2時間、休日8時間の作業必須

・コンサルプランの場合、最低6回以上の電話コンサル必須。



以上の条件を満たした場合において、

各プラン2万と10万の商品代金分を保証というものですね。


しかも、売上分は丁寧に差引しての返金だそうです。


どうなんですかこれ。


まず、それだけの時間を拘束すれば、

よっぽどカリキュラムに欠陥が無い限りは、

もっとまとまった成果は上がると思うんですけどね。


アカデミープログラムだと2万円強。


コンサルティングだと10万円弱。


当然、取り組んだ時間を回収することはできませんが、

それぞれ、保証金額は最大でも商品代金分のみです。


毎日それだけ拘束して、

半年で2万すら稼がせられない状況って、

そこまでくると、実践者の自己責任とかじゃないですよね。


完全に、商品内容の欠陥であり、

サポート側の過失、コンサルタント失格です。


そもそも、半年どころか3ヶ月みっちりやって、

その間2万の結果すら見えない展開では、

多くの人は継続していけないでしょうし、

このような返金保証では無いものと変りません。


私は彼のことを良く知りませんが平河大さんのような、

経験値のあるコンサルタントの立場にある人なら、

そんなことは当たり前に理解しているはずです。


その上で、このような返金保証を付けていることは、

ただ数を売りさばきたいがためだけの目的につけているか、

セールスレター自体が外注任せで深く想定していなかったなど、

まあ、そんなところかと思います。


何かの間違いかと思ってしまうほどの文面ですが、、


「返金保証を設置したことこそが私のこのプログラムに対する自信です。」


などと、重ねて述べている訳ですから、

それはもう、これが彼の自信の表れなのだと思います。


この返金保証は無い方が良かったですね。


このようなひとつの落ち度で、

商品価値を決定付けるものではないと思いますが、

なんにしても、この保証文面ひとつで、

プログラムにしても、それなりのコンテンツだと、

どうしても連想してしまいます。


あと、ネット上の評判としても、

明らかに不自然で過剰な煽り文句も目立ちますね。


「これに匹敵する教材は2度と無いので見逃したら絶対後悔します」


上記のようなものだけならともかく、

それこそ冗談のようなこの返金保証を取り上げながら、、


「返金保証付きで安心できます!」

「販売者の熱意が感じられます!」



などという意見も見受けられました。


後悔云々は知りませんが、

少なくともこの返金保証を評価する理由などは、

どこにもないと思うんですけどね。


私の感覚からすれば、そこを絶賛されてしまうと

もはや晒し者でしかありません。


この手の不自然な絶賛が生じる理由としては、

高額なアフィリエイト報酬があり、

それに惹かれて過剰評価するアフィリエイターの存在が考えられます。


実際にスパルタアフィリエイトアカデミー

22,800円の商品価格には15,960円という

70%のアフィリエイト報酬がついています。


本心から内容がどうこう評価したわけでもなく、

この高額なアフィリエイト報酬に惹かれたアフィリエイターにより、

不自然なまでの大絶賛が行われた背景があるということですね。


このことは、ネットビジネス大百科にも見られた現象です。


>過剰な絶賛のカラクリ。和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


小手先のテクニックを否定して、

真っ当なネットビジネスを提唱する人が、

ずいぶんとまた、小手先のマーケティング

テクニックに頼ってしまった感もあります。


それ自体は販売手法の問題ですから、

一概に悪いと言えることではないのですが、

矛盾点が浮き彫りになってしまうことは、

少なからずゲンナリしてしまう要因のひとつです。


スパルタアフィリエイト、PV動画を拝見した感想


セールスレターと共にPV動画も拝見させて頂きました。


真っ当に稼いでいく方法をという謳い文句通り、

まあ、それなりに真っ当なことを述べています。


ただ、バカ正直すぎて、少々建前チックにも感じますね。


例えば、PV動画で語られた以下原則3点について。


1、お金を得るには、価格以上の商品やサービスを提供すること。

2、それが出来るようにしっかりと自分を磨いていくこと。

3、現実的な計画を立てて、真っ当なノウハウを実践すること。



まあ、なんというか「普通」ですよね。


原則などそういうものだとすれば、そうではあるのですが、

これをあえて起点とするからには

教材動画も同じトーンで入っていくであろうことは

容易に想像がつくわけです。


このプログラムの「主軸」がこれらならば、

正直なところ、内容に関しても過度な期待は持てません。


まあ、これのPV動画でも述べられていたように、

販売特化型の内容の無い高額塾など、

業界の底辺レベルのものと比較してしまえば、

さすがに価格以上の価値を感じるかもしれませんが、

そのことと本当に有益なものとは違いますよね。


そもそも、教材やコンサルなどにおいて、

内容が「真っ当」つまりは「まとも」であることなど、

強調するまでもなく本来は当たり前のことです。


当然のことをあえて大々的に強調するからには、

特別なニーズに応えたい明確な意図があるのではないでしょうか。


それこそ、詐欺的な高額塾で失敗されている方々が

対象であるように思えて仕方がないものです。


仮に売っていく目的のためだけに、

真っ当さなどを強調する戦略をとったのだとしたら、

それもそれで節操がないと思ってしまいます。


突き詰めて考えれば、これも販売手法の問題ですし、

それそのものが悪いわけではありませんが、

これほどの下心が表面的に感じる謳い文句であれば、

提供コンテンツにしても現金な内容というか、

やはり、それなりのものだと想像してしまいます。


今も昔も、普通に有益なだけの知識ならば、

一般書籍でも十分なレベルで学べますからね。


詐欺的な高額塾より安く

詐欺的な高額塾より濃い内容であっても、

イコール優れた教材ということにはならないわけです。


個別に考えれば、デザインスキルも、

コピーライティングスキルにしても

動画などのマーケティングに関しても同じことが言えます。


半年間の実践ありきとする教材ですし、

その質によっては金銭的な損失よりも、

もっと深刻な、時間的損失が伴うわけですからね。


それらを引き合いに出してまでも、

特別な何かが得られるのかは十分に検討しなければなりません。


少なくとも、このセールスレターからは、

そういったものは何も感じなかったというのが、

私の率直な感想です。


尾島


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

タグ

2014年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ビジネス講座

 

 

 

 

 

このページの先頭へ