ネットビジネスの総合コンサルタントとは。

今日は私がネットビジネスの総合コンサルタントとして

実際にどのような事をやっているのか

その仕事内容などを具体的にお話ししていきたいと思います。


前回の記事でもお伝えしましたが私が主に請け負っているのは

大きく分けて下記のような2つのコンサルタントです。


・ライティングコンサルタント

・マーケティングコンサルタント



私の持論としてこの2つ分野、

ライティングとマーケティングが秀逸であれば

インターネットの世界ではどんなものでものでも売る事が出来ます。


ライティングとは「コピー」の事で

マーケティングはその「販売戦略」の事。


極端な話をすればこの2つの分野が秀逸であれば

詐欺的な商品や情報なども爆発的に売る事が出来てしまういます。


勿論その後の「顧客満足」を得る事が出来なければ継続は出来ませんが

それに先立つ売上は上記2つによってのみ左右されるわけです。


逆に言えばどんなに「価値のある商品」でも

ネットの世界では上記2つが伴っていなければ「売れない」という事です。


その事に気付いた私はこれら2つの分野のスペシャリストになろうと思い、

多くのライティング関係の書籍や

マーケティング関係の書籍を読み漁っていったわけです。


そしてこのネットビジネスに対しての見解は、

兼ねてよりお話ししている私のメンターも同じ意見でした。


ただそこからやみくもにライティングやマーケティング関係の本を

ひたすら読み漁っていた私に対してこんなアドバイスをくれたのです。



「学ぶなら“2つの要素”に共通するものを学んだ方がいい。」



そう言って彼が私に薦めてくれたのは幾つかの「心理学」の本でした。


ライティングにしてもマーケティングにしても

そこには“人の心理をどう運んでいくか”という共通点があったのです。



人が何かを欲しくなる心理、人が何かを買いたくなる心理、

興味という心理はどこからくるのか、信用という心理はどこからくるのか、

これらの「本質」がわからなければ、

どんなにコピーやマーケティングの「テクニック」を学んでも意味が無い。




このアドバイスはまさに真理を突いていると思いました。


コピーやマーケティングを学ぶためには

その方法論やテクニックを学ぶのでは無く

まずはそれに先立つ心理の本質を学ぶべきという事です。



「ビジネスの世界に近道なんてものは無い。」



それが彼の兼ねてからの持論でした。


そうして私なりのネットビジネスで成功する、

そのための猛勉強が始まったわけです。


私が本格的にネットビジネスの知識やスキルを

率先して身に付け始めたのはその数カ月後でした。


それまでは一見はネットとは関係の無い本を読み漁り、

メンターであるHさんと議論や意見を交わしながら勉強してきたのです。


そういった経緯から私がこのブログで講じていく

ビジネス論やライティング、マーケティングスキルなどは

そういった本質的な部分に沿ったものが多くなりと思います。


中には身につけるものが大変なものもあるかもしれませんが

そういうものこそがあなた自身の「稼ぐ力」を引き上げるために

何よりも必要となるようなスキルなんだと思ってください。


ビジネスの世界に「近道」は無いという事です。


世間ではそういう「近道」をちらつかせて

数千円、数万円、強いては数十万というお金を取り

小手先だけのテクニックを教えている教材や

高額セミナーなどがたくさんあります。


そういうものに振り回されないようにして欲しいですね。


少なくともこのブログを読んで頂けている人にはそうあって欲しいです。


それではまた次回。


PS

メールマガジンの方ではブログとは違う視点で、

より掘り下げたノウハウや情報を提供しています。

興味がありましたら購読登録を行ってください。

>尾島幸仁のメールマガジンはこちらから

タグ

2009年11月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経歴・プロフィール

 

 

 

 

 

このページの先頭へ