青色申告と白色申告、現金主義と特別控除。

尾島です。


現在、私のクライアントは個人、法人、

どちらも同じくらいの比率でコンサルしているのですが

アフィリエイト等のネットビジネスを含めて

実際に利益が上がり始めた際に注意を払わなければならないのが

やはり「税金のこと」です。


そこで焦点となるが「個人事業」でいくか「法人」を作るか。


更に言うと「青色申告」をするか「白色申告」をするかです。


この辺りはクライアントにもよくアドバイスするポイントですので、

少しだけ詳しく解説しておこうと思います。

青色申告と白色申告


青色申告と白色申告。


経理や税務の知識が無いような人に対して、

この2つの違いを事細かに説明するのはちょっと大変です。


細かな税法等についての説明も必要になってしまいますので。


ただこの2つの違いは大きいので、

ひとまず端的に私は下記のポイントのみを伝えるようにしています。


1、青色と白色の判断をする分岐点は年収300万円である事。

白色申告の場合で年収が300万円以下の場合は

税務上の「帳簿を付ける義務」が無くなります。


経費になった支出の領収書等を保管しておくくらいで、

経理面の労力が軽減され、そちら側の作業がかなり楽になります。


年収300万円はあくまでも「収益」の話しなので、

入ってきた収入から経費を差し引いてそれが300万円以下なら

「白色申告で帳簿を付けない」という条件が満たされるわけです。


逆に年収300万を超える場合は

白色申告でも帳簿を付ける必要が出て来る為、

こういう場合は他の優遇条件等を考慮すると、

完全に青色申告にした方いいという事になります。。


2、青色申告は収入から特別控除を差し引く事が出来る事。

青色申告は「複式帳簿」で帳簿を付けていれば

65万円まで特別控除を受ける事が出来ます。


複式帳簿というのは売上が確定した月に

「売掛金」などを立てていく経理処理の事です。


対してお金が出入りした月のみで帳簿を付ける「現金主義」の場合は

この特別控除を10万円までしか受けられません。


複式帳簿の方が若干帳簿の付け方が複雑になりますが

慣れてしまえばどうという事はありませんので、

この違いで50万円の特別控除は大きいと思います。


青色申告にする場合は複式帳簿の付け方を覚えて

しっかりと65万円特別控除を受けるようにするべきです。


3、事業で赤字が出る可能性があるなら青色申告が有利である事。

これが最も大きいポイントなのですが

青色申告は赤字を繰越欠損金として3年間繰り越せます。


対して白色申告は繰り越す事が出来ません。


「赤字を繰り越して意味があるの?」


と、経理や経営の経験が無い人はそう思うかもしれませんが

赤字の「繰り越し欠損金」はある意味「財産」です。


何故なら「繰り越し欠損金」がある限り、

基本的には税金を取られないからです。


例えば自己資金1000万円で法人を設立し、

初年度まるまる1000万円の赤字が出たとします。


そのまま翌年1000万円の利益が出た場合、

前期の繰越欠損金と相殺して収支はプラスマイナスゼロです。


つまり税金もゼロ。


ただもしも赤字を繰り越していなかったら、

その年の1000万円の売上全てに税金がかかります。


年収800万円以上の法人は税率がおよそ40%ですから

この時点で400万円の税金がかかるというわけです。


前期の赤字を繰り越せていたかどうかで税金が400万円も変わり、

手元に残せるお金が400万円も変わるという事です。


これが2000万円、3000万円、

強いては1億円規模になると税金の額も数千万円規模で変わってきます。


事業によっては一時的な先行投資で

その年度に関しては大きな赤字が出るような事もあると思います。


その赤字を「繰り越し欠損金」として残せない事は

その後の事業による黒字全てに税金がかけられるという事。


これでは年度をまたいで先行投資が必要になる、

大きな事業が出来なくなってしまいます。


こういった年度をまたぐような

大きな出費が考えられるような事業形態の場合は

是が非でも青色申告にして

繰り越し欠損金を残せるよにしなければならないという事です。


青色申告と白色申告の境


とくに繰り越すような欠損金が出る事も無く、

1年を通しての「利益」が300万円以下になるなら、

帳簿を付ける手間も省ける白色申告。


300万円以上なら帳簿は付ける必要がありますので、

複式帳簿で65万円の特別控除を受けられる青色申告。


また少しでも赤字が出る可能性があるなら

それは「今後儲かった時に税金を安く出来る財産」となる為、

やはり青色申告にした方がいいという事になります。


ちなみに白色、青色は法人でもほぼ同じ条件になりますので

個人事業者、法人、問わずこの判断は誰もがやっているはずです。


まあ、税理士などを付けて言う人は

有無も言わさず青色申告をさせられていると思いますが。


複式帳簿をやるのが税理士の仕事ですし、

白色なら実際のところ税理士なんていりませんから。


個人事業もしくは法人化を検討している人は

今日のポイントくらいは覚えておいてください。


ネットビジネスの税務知識


法人収益1億5000万円に対する納税額

役員報酬は幾らに設定するべきか

福利厚生費・会議費・接待交際費の仕訳

地代家賃の経費計上

車の経費計上

衣類、時計、アクセサリー類は経費に出来るか

保険加入による節税

小規模企業共済による節税


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

タグ

2014年1月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:税金

 

 

 

 

 

このページの先頭へ