仮想通貨、ビットコインの自動売買ツールにご用心!

尾島です。


先日、ビットコインを始めとする「仮想通貨」について、

その今後を見据える上での注意点やリスクなどを言及させて頂きました。

>仮想通貨、ビットコインで稼ぐ、儲ける事の危険とリスク


そんなビットコインを始めとする「仮想通貨」には、

その「自動売買ツール」にあたるものが出回り始めていますので、

今日は、そういったツールについての注意点等を言及しておきます。

仮想通貨、ビットコインの自動売買ツールの注意点について


ここで言うような「自動売買ツール」にあたるものは、

株、FX、バイナリーオプションなどを対象とするものが一般的で、

そこに新たな市場として開けてきた「仮想通貨」において、

同じようにその自動売買ツールが出回り始めている状況です。


この手のツールは、その対象となるものの「相場」を観察して、

何かしらのロジックを前提にその売買(トレード)を自動で行い、

その上で利益を生み出す事を目的としているものなので、

それが本当に有効なものであれば、それこそ、


「ほったらかし」


で自分の資金(資産)を増やしていく事が可能になります。


仮に100万円の資金に対して月に10%の利率を実現できるなら、

100万円が110万円になり、その110万円が121万円と、

複利で自己資金を「ほったらかし」で増やせる事になるわけです。


ちなみに「10%の利率」を仮に5年間継続できれば、

その元手が100万円だった場合の5年後の資金(資産)は、

2億7000万円くらいになってしまいます。


10%の利率でも複利で増やせば、

元手の資金は5年で280倍にもなるんですね。


つまり、このお金を更に5年、同じ利率で回せば、

計10年で100万円は「800億円」を超えます。


そんなツールが現実に存在したなら、

そのツールの利用者全員が先々の将来において、

ウォーレンバフェット並の億万長者になってしまうわけです。


ですが、この手の自動売買ツールは大抵の場合、

その利率は月に10%どころではない数字を謳っています、


要するに、これ以上の利率を実現できると豪語して、

そんなツールを数万円くらいの金額で販売しているんです。


そんな「ありえない利率」を豪語しているツールが、

この業界にはゴロゴロ転がっているんですね。


そして、そんなツールの「ありえない利率」を真に受けて、

そんなツールにお金を出す消費者も後を絶ちません。


やれ株だ、やれFXだ、やれバイナリーオプションだ・・・。


新たな金融商品が注目を浴びる度に

そういったツールが次から次へと登場してきましたが、

そんなツールで資産を築いたという人は皆無なのが現実です。


当然と言えば当然ですが相場の世界は

そんなに甘くはありませんので、

決められたロジックで自動売買を繰り返し、、

継続的に利益を出し続ける事など出来るはずがないんです。


世界一の投資家と言われているウォーレンバフェット氏でも

世界トップクラスの大富豪になるまでに実現してきたリターンは


「年間平均22%」


と言われていますので、1カ月の利率は単純計算で2%以下です。


彼はこれを37年間継続して大富豪になったと言われていますので、


「世界一の投資家が実現してきた利率でも月に2%」


という現実をまず、胸に刻むべきだと思います。


要するに、ろくに投資やトレードで稼いでもいないエンジニアが作った

その「自動売買のロジック」でそれ以上の利率など出せるはずもなく、

そんなものはせいぜい数カ月の相場にロジックをあてはめただけの、

短期的に有効な売買ルールをこじつけただけのツールなわけです。


実際、そんなツールに手を出して資産運用を始めても、

1カ月、2カ月はプラス収支になる事もあるかもしれませんが

数カ月、1年と続ければ、確実に資産は減っていきます。


所詮、短期的に有効だった売買ルールをこじつけただけですので、

長期的に利益を生み出し続ける事など、出来るはずもないからです。


相場を対象にした自動売買ツールなどというものは、

そのレベルのものでしかないというのが現実なんですね。


短期的な有効性が関の山の自動売買ツールの現実。


その上で、現状のビットコインを始めとする仮想通貨の市場は、

新たなに注目されている新興市場に違いはありませんので、

新たな参入者が増えていく事による上昇トレンドが生まれています。


言わば、相場そのものが右肩上がりに上昇し続けている状況なわけです。


そのような上昇相場においては、どんなに適当に売買をしても、


「買いを入れて時間を置いて売る」


という事を行っておけば、おのずと資金は増えていきます。


相場そのものが上昇傾向にあるのですから。


つまり、そのような上昇相場が続いている限りは、


「買いを入れて時間を置いて売る」


というロジックを適当にでも組み込んでおけば、

そのツールは一見は「稼げるツール」に見えるわけです。


ですが、それは、


「そういう相場だから稼ぐ事が出来る」


というだけで、ツールのロジックが有効なわけではありません。


当然ですが、そんなツールに価値などあるはずもなく、

お金を出すだけ「無駄」というものです。


あえて、そんなツールに頼らずとも、


「買いを入れて時間を置いて売る」


という事を自ら適当にやっていても結果は同じだからです。


少なくとも、今のビットコインを始めとする仮想通貨の相場は、

そのレベルのトレードでも稼げてしまう上昇トレンドにあります。


ですが、それが既に末期である可能性も否定できません。


私から見ても、現状の右肩上がりの上昇相場は、

いつ終わってもおかしくないように思えますし、

意外にこれがまだまだ続くという見方もあるのが現実です。


結局、それを見極めるべくして見極められる人が勝ちを拾い、

それを見誤る人がババを引く事になるのが相場の世界なんです。。


そして、勝つ人も負ける人も、その時の勝ち負けは、

9割くらいの人は「運」の範疇での勝ち負けでしかなく、


「勝つべくして勝っている人」


は、その1割にも満たないんじゃないかと思います。


更にそのような相場の世界で勝ち続ける人は更に一握り。


それは、その分野で血のにじむような努力をした、

本当のごく一部の人だけなのが現実なんじゃないかと・・・。


まあ、これはあくまでも私の考えですけどね。


ただ、世界一の投資家でも1カ月あたりの利率は2%くらいで、

それを維持した人が世界トップクラスの大富豪になっています。


その現実を踏まえる限りでも、それ以上の利率を平然と謳い、

数万円ほどで売られている自動売買ツールにあたるものが、

どんなに非現実的なものかは容易にご理解いただけるはずです。


まして、今の上昇傾向の相場にある仮想通貨の市場において、

その自動売買ツールなど、ハッキリ言って何の意味もありません。


その辺のエンジニアを捕まえて適当な売買ルールを組ませて、

それらしいツールを作れば、それで成立してしまうものだからです。


まして、仮想通貨の相場は、過去の相場を値動きで統計できるほど、

有効な売買ロジックを組める「データ」が揃ってません。


過去の値動きを統計して有効な売買ルールを作るという事自体、

正直なところ、私は懐疑的にしか見ていませんので、

どちらにしても、私はこの手のツールの「否定派」ですが

その統計データすら不十分では尚の事、話にならないと思います。


このような「十分な統計データ」すら揃えられない状況で、

売買の自動ツールも何も無いだろうというのが私の考えですね。


それでも今後は「仮想通貨」を対象にした売買ツールが、

次から次へと引く手あまたに出てくると思いますが、

私は決して「手を出さない事」をお勧めします。


そんな無意味なツールにお金を出すくらいなら、

今の上昇相場なら、単純に仮想通貨を買っておくだけで、

それなりの値上りは普通に期待できると思いますので。


まあ、その「反転」がいつになるかは分かりませんけどね。


先日の仮想通貨についての記事と併せて、是非、参考にしてください。


尾島


コンテンツ一覧


>仮想通貨、ビットコインで稼ぐ、儲ける事の危険とリスク

>ビジネス講座一覧へ

タグ

2017年11月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仮想通貨

 

 

 

 

 

このページの先頭へ