ユーチューブと動画アドセンス。動画再生回数と広告収入の目安。

尾島です。


今日のアフィリエイト講座は「ユーチューブ」のアフィリエイト活用、

及びアドセンスによる広告収入について。


「私はユーチューブ(youtube)で稼いでます。」


という人がわりと増えている今日この頃ですが、

このような話を聞いて多くの人が抱く

その「具体的な手法」はどういうものでしょうか。


幾つか思い浮かぶという人もいれば、

正直わからないという人もいるかと思いますが

実状としてその方法は下記の3つに分けられます。


1、ユーチューブを「集客」に利用してアクセスを集めている

2、ユーチューブ動画を収益化してアドセンス広告などで稼いでいる

3、企業とのタイアップ動画などをアップして広告収入を得ている。



ひと昔まで、最も多かったのは「1」の方法で、

あくまでもユーチューブを集客媒体の1つとして利用し、

ブログなどで別のキャッシュポイントを持っているというパターンでした。


ただ今、圧倒的に多くなっているのは「2」の方法で、

まさにユーチューブのみをキャッシュポイントとして、

ユーチューブのみで生計を立てる人達が増えているんです。


そういう人達は「youtuber」と言うらしいのですが、

こういう人達の中で更に人気の動画や

専用のチャンネルなどを持っている人が

「3」の方向性も含めて大きな収入を手にしています。


では、ユーチューブで現実的に稼いでいくには、

どういったことを行っていけばいいのか。


その辺りについてももう少し詳しく言及しておきたいと思います。


YouTubeでアドセンス収入を得ていくには何をすべきか?


魅力的な内容の動画を配信していかなければならないということは、

当然、ある程度は大前提となってくることですが、

ユーチューブを集客に活用するにせよ、アドセンスで広告収入を得るにせよ、

結局やるべきことは、再生数を伸ばす事に集約されます。


再生数 = 収入


といっても過言では有りません。


一部例外的には、ユーチューブでアップした動画コンテンツが、

検索エンジンにある程度優遇されやすいという特性を生かし、

ブログアフィリエイトなどその他キャッシュポイントに繋ぐ

SEO戦略の一部に取り入れられる場合もあります。


しかし、やはり基本は再生数を伸ばす事がすべてです。


実際にどうすれば、動画の再生数が伸びるのか。


ざっくりとした言い方をすれば、

まず、最低限基本機能を熟知しそれを有効に使わなければなりません。


・動画の説明文とタグ付けしっかりと設定する。

・チャンネルの機能を有効に使いこなす。

・グーグルプラス(Google+)を有効活用する。



アドセンスにしてもそうですが、

検索エンジンで知られるGoogleは、動画配信サイトYouTube、

ソーシャルネットワークサービスGoogle+と、

これら自社サービスを様々な形で連動させています。


特にユーザーやコンテンツ同士を繋ぐ仕組みについては、

膨大な統計データに裏付けされた非常にレベルの高いものがありますから、

正攻法に、基本的な機能を使いこなすだけでも、

動画再生数はかなり伸びるようになっています。


「ユーチューブの再生数が伸びなくて、アドセンスで全然稼げないんです」


という人ほど、まず必ずといって良い程

基本機能を全然使っていなかったりしています。


ただ漠然と動画投稿していっても、

コンテンツの関連付けが弱い状態では、

いくら魅力的な動画配信を行っていっても、

再生数が伸びることはありません。


実際には、再生数を伸ばしている人ほど、

YouTubeの基本機能を上手く活用しています。


なので、再生数に伸び悩みを感じたら、

まず真っ先に見直すべきは基本設定であり、

ユーチューブの基本的な機能をちゃんと使えてるかどうかです。


他にも、ちょっとした裏技として、

オリジナルのタグ使いにより関連動画を自身の動画を多くさせるなど

この辺もある程度うまくコントロールすると

ひとりのユーザーが自身の配信する複数動画を

連続して見ていってくれる確立が高くなります。


アドセンスで収入を得ていくには、当然のことですが、

あえて一つの動画の再生数を伸ばすことに拘る必要はありません。


そして複数配信している動画全体で再生数を稼ぐには、

とにかく、こういった繋ぎのカラクリを仕掛けることが重要です。


また、この「繋ぎのカラクリ」といった意味では、

他人の動画にコメントをしてまわるというのも有効な手段です。


動画のコメントで表示されるユーザー名をクリックすると

そのユーザーが配信している動画などが表示されますから、

コメントを積極的に行っていけば、それだけリンクの繫がりが増えて

それを辿ってアクセスが流れてくるので結果、再生数は増えます。


また、さきほどユーチューブに投稿した動画が

検索エンジンに優遇されやすいという話しも触れましたが、

実際のところユーチューブはその性質上、

ほぼ動画のタイトルでのみキーワード勝負するしかなかったりします。


具体的にどういったキーワードを狙えばいいのかは、

配信する動画ジャンルによっても変ってきますが、

共通するポイントとしては「Googleサジェスト」を意識して、

動画タイトルに複合キーワードを盛り込んでおくことが重要です。


「Googleサジェスト」とは、

グーグル検索の検索補助機能のことですね。


例えば、「ユーチューブ アニメ」と検索してみると、

グーグルはその関連キーワードとして、

「ユーチューブ ドラマ」「ユーチューブ 音楽」

などと、自動的に検索キーワードを表示してくれます。


スマートフォンの普及と共に、より一層

ユーザーはタイピングを嫌うようになりました。


だからこそ、殆どの人は、

極力タイピングが不要でクリックだけで物事を探せる、

このサジェストを活用して検索エンジンを利用します。


要するに検索されやすいキーワードが

サジェストで表示されるキーワードとほぼ一致するということです。


ユーチューブで投稿した動画ページは検索エンジンに拾われやすいので、

この手法はかなり有効な効果を得られます。


ユーチューブでアドセンス収入を得るには、

とにかく動画再生数をより多く稼ぐことが重要であり、

その為には、まず第一に基本機能を上手く使いこなす事と、

サジェストを意識したキーワード戦略を立てることが大切です。


ユーチューブアドセンス。その収益性と限界について


ブログやメルマガなどの媒体を使ったアフィリエイトと比較すれば、

このユーチューブを使ったアドセンスは、

ある程度シンプルな考えのもと活動を行っていけますので、

初心者でもやりやすい、稼ぎやすいという方はいます。


ユーチューブの場合はアクセス数(PV)ではなく、

動画再生数から収入の目安を測ることができますが、

おおよその目安として言われている数字としては


「100回の動画再生に対して10円程度の広告収入」


くらいだそうです。


これを踏まえた上で、ひとつ参考までに

「2013年の年間再生回数ランキング ベスト10」から

どのような動画が実際に再生数を得ているのか。


そして、それらから見積もることが可能な

アドセンス広告収入を割り出してみました。

※ 以下記載の再生数は2014年5月現在の数値です。


1位 9,538,563回再生 広告収入90万円相当
恋するフォーチュンクッキー STAFF Ver. / AKB48[公式]

恋するフォーチュンクッキー STAFF Ver. / AKB48[公式]


2位 11,210,662回再生 広告収入112万円相当
アンパンマン くるくるゆめランド Anpanman Spinning Dream Land

アンパンマン くるくるゆめランド anpanman dream land


3位 6,388,242回再生 広告収入63万円相当
PSP/PS Vita「GOD EATER 2」 チャージスピア 必殺技紹介映像

PSP/PS Vita「GOD EATER 2」 チャージスピア 必殺技紹介映像


4位 11,892,139回再生 広告収入118万円相当
アンパンマン おさかなすいすいかいてんずし♪

アンパンマン おさかなすいすいかいてんずし♪


5位 5,926,934回再生 広告収入59万円相当
恋するフォーチュンクッキー サマンサタバサグループ S

恋するフォーチュンクッキー サマンサタバサグループ S


6位 5,424,230回再生 広告収入54万円相当
小嶋陽菜出演 ワークブラ スピンオフムービー

小嶋陽菜出演 ワークブラ スピンオフムービー


7位 9,532,833回再生 広告収入95万円相当
アンパンマン GOGOエレベーターパーキング

アンパンマン GOGOエレベーターパーキング


8位 4,441,353回再生 広告収入44万円相当
小田急線の列車に雷が直撃した瞬間をとらえた映像(登戸)

小田急線の列車に雷が直撃した瞬間をとらえた映像(登戸)


9位 3,989,058回再生 広告収入39万円相当
PS3「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」第4弾PV

PS3「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」第4弾PV


10位 29,549,213回再生 広告収入295万円相当
Kenichi Ebina Performs an Epic Matrix-

Kenichi Ebina Performs an Epic Matrix-


年間最高再生数を記録しているものでも、

累計報酬がおおよそ90万円程度だというデータが見て取れます。


約1年前に公開された動画ということを考慮すると、

単純計算で月収10万円を切るペースですね。


おおよそ月収3万円程度の動画であっても、

10位圏内に入ってしまうレベルです。


これらは、あくまでも一つの動画によるものですが、

この数字を「凄い!」と感じるでしょうか。


「え、こんなもん?」と感じるでしょうか。


少なくともユーチューブアドセンスにおいて

単発動画で大金を稼ぐことは難しい事がわかります。


少なくともユーチューブのアドセンス収入で生計を立てようと思えば、

毎日欠かさず動画配信を行い続けるくらいの覚悟は、

当たり前のように必要だということですね。


現実的には、まずは精々月1〜5万回再生ペースで、

月1000〜5000円ほどの収益を見込める動画を

コツコツと積み重ねていくようなイメージが良いかと思います。


そんなYoutubeアドセンス系の情報商材としては、

こちらの「情報共有プログラム」がお勧めです。

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム


是非、こちらも併せてご覧になってみてください。


それでは。


(追記)

現在、Youtubeアドセンス系の教材で、

もう1点、かなり「即効性」「収益性」の高い、


少々「強引な手法」を公開するYoutubeアドセンス教材


が公開されています。


Youtube-Ads Capture Sheet CLUBとの比較形式で、

批評をしていますので関心があれば併せてご覧になってみてください。

>「Youtube-Ads Capture CLUB」と「Evil Youtuber Subject」


尾島


グーグルアドセンス基礎講座一覧


グーグルアドセンス基礎講座一覧


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

タグ

2014年5月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アドセンス講座

 

 

 

 

 

このページの先頭へ