twitter(ツイッター)アカウント凍結の理由と解除方法

尾島です。


今日はtwitter(ツイッター)の「凍結」についてと、

その解除方法について解説していきたいと思います。

twitter(ツイッター)アカウント凍結の理由と解除方法


以外にもtwitter(ツイッター)というキーワードに対し、

凍結というキーワードはかなり頻度の高い複合ワードで、

それだけ多くのツイッターユーザーが


ツイッター 凍結


などのキーワードで検索している事が分かります。


要するにツイッターのアカウントが凍結されてしまい、

その凍結を解除する解決方法を探しているか、

今後凍結されない為の対策を立てようと、

その凍結理由などを調べているのだと思います。


まあ、そもそもアカウントを凍結されるようなユーザーは

大抵がツイッターを「ビジネス目的」で使っている人で、

一方的に多くのユーザーをフォローし過ぎたか、

もしくはフォロワーを集める為のツールを使っていて、

いつの間にか凍結されていたというパターンが多いと思います。


ただ、ツイッターのアカウント凍結で最も多いのは、

やはり新規で作成したばかりのツイッターアカウントか、

もしくはまだフォロワーがほとんどいないアカウント。


この2つのパターンがほとんどで、

アカウントの作成からそれなりに時間が経過していて

ある程度のフォロワーが付いているアカウントであれば、

そうそうアカウントが凍結される事はありません。


では、何故新規のアカウントや

フォロワーの少ないアカウントは凍結されやすいのか。


まずはその理由から解説していきたいと思います。


新規のツイッターアカウントが凍結されやるい理由


ツイッターのアカウント凍結は、

明確な事は開示されていませんがその傾向上、

下記の2つがその大きな要因となっています。


・ツイッターアカウントのブロック

・ツイッターアカウントのスパム報告



これは全てのツイッターユーザーが、

全ての「フォロワー」に対して行えるもので、


「このユーザーからのフォローは今後、受け付けない」


という場合は「ブロック」。


「このユーザーは迷惑行為をしている。」


という場合は「スパム報告」を、

特定のフォロワーに対して行っていく事が出来ます。


つまり他のツイッターユーザーをフォローしていくと

少なからずブロックやスパム報告をされる可能性があり、

これらの「数」が多くなっていくと、

そのツイッターアカウントは凍結されてしまうわけです。


1件、2件というレベルでは凍結されませんが、

やはり複数のユーザーからのブロックやスパム報告があると、

新規のアカウントはわりとすぐに凍結されてしまいます。


逆にある程度のフォロワーがいれば、

多少のブロックやスパム報告では凍結されません。


結局、アカウントの凍結はツイッターのフォロワーの数に対して

どれくらいの「比率」でブロックとスパム報告を受けているか。



これが要因として大きいようです。


要するに、ろくにフォロワーもいないユーザーが

ブロックやスパム報告をよくされていると、

そのツイッターアカウントは「不正ユーザー」とみなされ、

ツイッター側に凍結されてしまうわけです。


おそらくですがツイッター側は一定数のフォロワー数に対し、

ブロック率やスパム報告率を計測して、

自動的にアカウントを凍結させるプログラムを組み、

機械的にアカウントの凍結処置をしているのだと思います。


よって、新規のうちは見知らぬ人をフォローしていくと、

ほんの少しのブロックやスパム報告で簡単に凍結されてしまい、

凍結解除の手続きを行わなければならなくなります。


凍結解除の方法は追って解説しますが、

凍結を避けてツイッターを利用していきたい場合は

フォロワーが少ないうちは見知らぬ人をフォローしないか、

もしくは「相互フォロー」などのキーワードで検索して、

相互フォローを歓迎している人のみをフォローし、

ひとまずはそういう相互フォローユーザーのみを対象に

フォロワーの「数」を増やすようにしていった方がいいですね。


相互フォローを歓迎しているユーザーのみをフォローしていけば

まずブロックやスパム報告をされる事はありませんので、

新規の段階でもアカウントが凍結される事はまずありません。


また、念の為、下記に他の凍結理由も上げておきます。


ツイッターのアカウントが凍結されるその他の理由


他のツイッターユーザーをフォローしていった際の

ブロックやスパム報告以外の凍結理由としては、

下記のような行為もその要因となる場合があります。


1、短時間でアカウントを大量に作成した
2、6ヶ月以上、アカウントを放置した
3、ダイレクトメッセージを過剰送信した
4、使ってはいけないアダルト画像などを使用した
5、誹謗中傷、個人情報などをつぶやいた



いずれも故意的にしなければまず問題の無い行為ばかりですが

一応、これらの行為もアカウント凍結の理由になります。


「1」のアカウントの複数取得については、

規約上はとくに問題ない行為となっていますので、

1時間に10個、20個というような

過剰な大量作成さえしなければとくに問題はありません。


それでもせいぜい3~4時間に1アカウントでしょうか。


ただいずれのケースで凍結されたとしても

アカウントの凍結は簡単に解除できます。


ツイッターのアカウントが凍結を解除する方法


ツイッターアカウントの凍結は、

一回目の凍結を解除する方法と2回目以降の解除方法とで、

若干その解除手順の方が変わってきます。


意外に2回目以降の解除手順を知らない人もいるようで、

2度目の凍結でそのアカウントを見限っている

無知なツイッターユーザーもいるようですが

実際はちょっとした手順で何度でも凍結は解除できます。


つまりツイッターのアカウント凍結は

あくまでも一時的な利用停止処分のようなもので、

実際は何度でも復活させる事が出来るわけです。


<1回目のアカウント凍結の解除方法>

まず、一回目の凍結解除は、

普通にアカウントの凍結メッセージが出ているページから

2つの警告メッセージにチェックを入れて、

画面に表示されている数字を入力後、

「確認する」と書かれたボタンを押すだけです。


これで一時的に0になったフォロー、フォロワー共に

凍結解除の手続きから数時間ほどで元に戻ります。


<2回目以降のアカウント凍結の解除方法>

2回目以降のアカウント凍結処置では、

1回目のアカウント凍結を解除した画面は出てきません。


その代わり「アカウントが凍結された場合」というページが表示され、

そこに「アカウント凍結解除を申請するには」というメッセージと

その下に「こちらからお問い合わせください」というリンクがあります。


そのリンクをクリックすると


「サポートチームに問題を報告する」


というページに切り替わりますので、

そこで求められる各入力情報を入力して申請するだけです。


「詳細」と書かれているところには


「アカウントが凍結されて困っています。復活させてください。」


的なメッセージを入力すればOKです。


一応、私の経験上ではこの手続きで、

20回以上は同じアカウントを復活させた経験があるので、

基本的にアカウントの凍結は一時的な利用停止でしか無く、

何度でも復活出来るものと認識しています。


完全に「利用停止」となった事は今のところ一度もありません。


まあ、あまりにも常識外れな違反行為や

違法行為をするなどした場合はわかりませんけどね。


以上、参考にしてください。


ツイッター講座一覧


Twitterで稼ぐ方法、ツイッターアフィリエイトのやり方とBOT。

フォロワーの増やし方、増やす方法。自動化ツールについて。

フォロワーの質を上げる方法。注目されるツイートとは。

ツイッターアカウント凍結の理由と解除方法

フォローマティックXYとフォローブースターPRO 比較と批評

ツイッターツール最強説。ツイッターブレインの真相


コンテンツ一覧


ビジネス講座一覧へ

タグ

2014年4月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ツイッター講座

 

 

 

 

 

このページの先頭へ